プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年

プレスリリース

2017年発表

2017/12/22

調査結果

特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査 −調査結果−
• ベッド周辺の離床・転落センサは84%の施設で導入
• 未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3は、
  ゝ鐚次Ε肇ぅ貽發療湘欷|離札鵐
  移動・位置による徘徊検知センサ
  G喃◆η嘶検知センサ

2017/12/21

新刊調査レポートのお知らせ

3Dプリンターの医療活用 現状と展望
[本書の特長]
• 手術シミュレーション、整形インプラントなど 3Dプリンターの
 医療活用の現状がわかります
• 日米3Dプリンター医療機器ガイドラインを解説しています
 (2017年12月発表FDAガイダンスも解説)
• 今後の発展が期待されるバイオプリンターについて、国内外の
 注目研究・企業情報を掲載しました

2017/11/28

調査結果

 「高屈折・低複屈折」樹脂材料の市場動向
主に光学レンズで使われる、高屈折・低複屈折樹脂材料と
高屈折率塗布・コート材について調査。
• 樹脂材料(※一部、中屈折材料を含む)
  → 2021年に390億円超の市場になると予測(2016年308億円)
  → 今後、モバイル端末・車載機器に搭載される光学レンズが市場を牽引する
• 高屈折率塗布・コート材
  → 2021年に80億円の市場になると予測(2016年は69億円弱)
  → 現在は8割がインデックスマッチング材。今後は、OLED光取り出し効率向上材などの
    新規用途が拡大

2017/11/24

調査結果

 「高屈折・低複屈折」樹脂材料の市場動向
主に光学レンズで使われる、高屈折・低複屈折樹脂材料と
高屈折率塗布・コート材について調査。
• 樹脂材料(※一部、中屈折材料を含む)
  → 2021年に390億円超の市場になると予測(2016年308億円)
  → 今後、モバイル端末・車載機器に搭載される光学レンズが市場を牽引する
• 高屈折率塗布・コート材
  → 2021年に80億円の市場になると予測(2016年は69億円弱)
  → 現在は8割がインデックスマッチング材。今後は、OLED光取り出し効率向上材などの
    新規用途が拡大

2017/11/14

調査結果

データヘルスの市場動向
データヘルス事業領域の市場規模は、
→ 2016年度で推定2,172億円
  2023年度には2,376億円の市場になると予測
→ 分野別では「特定健診・特定保健指導」が9割を占める

2017/11/13

新刊調査レポートのお知らせ

2018年版 対話AIビジネスの現状と将来展望
[本書の特長]
今話題の”対話AI”(*)の最新動向と、プラットフォーム提供企業・参入企業の事業概要を
この1冊に集約。
• 国内市場の構造、利用分野、関係技術、発展トレンドと将来予測、今後の課題など、
 対話AIのビジネスの全体像を俯瞰できます
• 対話AIのプラットフォーム提供企業9社の取り組みと概要がわかります
• 対話AIのサービスを提供する国内の主要企業計86社の事業概要がわかります

2017/10/24

調査結果

  法人向け名刺管理サービスの市場動向
法人向け名刺管理サービスの市場は、
→ 2022年に107億円の市場になると予測(2016年62億円)
→ 今後、SFA、CRM、MAとの連携で市場はさらに拡大する可能性
→ シェアトップ3は
  「Sansan」「ハンモック」「キヤノンエスキースシステム」

2017/09/22

調査結果

業務用無人機(ドローン)の市場動向
業務用無人機(ドローン)の市場規模は、
→ 2022年に1,570億円の市場になると予測(2016年85億円の約18.5倍)
→ ドローンを使ったサービスの市場が急速に成長する
  なかでも、資材管理、運輸・宅配、運搬分野の伸びが期待される

2017/09/14

新刊調査レポートのお知らせ

「アルツハイマー病 診断・治療の将来展望:2017年」講演録
[本書の特長]
大好評だった「アルツハイマー病 診断・治療の将来展望:2017年」シンポジウムの講演録です。
 → 多方面の専門家が最新動向をわかりやすく解説
 → アルツハイマー病研究の最新動向から医療現場の
   現状・課題までがこの一冊でわかります

2017/09/12

新刊調査レポートのお知らせ

2017年版
慢性疾患の重症化予防に向けたデバイス、ICTソリューションの市場動向
― 糖尿病・高血圧の疾病管理支援と、職域・地域・医療の連携プラットフォーム ―
[本書の特長]
慢性疾患(糖尿病・高血圧など)の疾病管理を支援する測定デバイス、
ICTソリューション主要企業57社を調査
→ 疾病管理・重症化予防を支援する測定デバイスや、各種支援サービスの
  最新動向や課題がわかります
→ 患者と職域・自治体、医師・医療機関をつなぐICTプラットフォームの
  市場環境と、今後の展望がわかります

2017/09/08

新刊調査レポートのお知らせ

複合化が進むグループホームの運営実態と方向性 2017
〜グループホームの最新企業動向と市場性を調査、業界の将来展望を考察〜
[本書のポイント]
グループホームの現状と市場動向をコンパクトにまとめました
 → 定員人数推移・事業所数推移などがわかります
首都圏のグループホーム運営事業者14社を調査
 → グループホームの運営状況がわかります
 → グループホームの抱える課題、今後の方向性がわかります

2017/09/01

調査結果

タンパク質医薬品の受託開発・製造市場の市場動向
国内外のタンパク質医薬品の受託開発・製造企業39社を詳細に調査
■ 2025年の世界市場
  → 86億米ドル、年率10%弱の伸びと予測
■ GMP(*) 対応培養槽総容量の企業別ランキング
  <哺乳類細胞培養槽トップ3>
   Lonza  Boehringer Ingelheim  Celltrion
  <微生物培養槽トップ3>
   AbbVie  Lonza  Sandoz

2017/08/31

新刊案内

教育分野における
人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用事例と市場展望
[本書の特長]
人工知能・ビッグデータ・VR/ARの教育分野での最新活用事例を徹底調査
→ どのように使われているのか、最新活用動向がわかる
→ 2030年までの普及率を教育現場別に予測
→ 教育ICTの変遷・現状と課題も整理掲載

2017/08/25

調査結果

がん分子標的薬の世界市場動向
がん分子標的薬、世界の製薬企業・ベンチャー80社を調査
→ 現在までに世界で51製品が上市
→ 2016年の市場規模は309億米ドル(約3兆3,680億円)
→ 2025年には682億米ドル(約7兆4,350億円)に拡大すると予測

2017/08/24

調査結果

「次世代型」抗体医薬品(*)の世界市場動向
世界の製薬企業89社のフェーズ1以降234品目の情報を元に、2025年市場規模を予測
→ 2025年の「次世代型」抗体医薬品の世界市場規模は、2兆5,000億円に達すると予測
→ ADCと改変抗体、バイスペシフィック抗体が市場を牽引、低分子化抗体は
  若干減少するものの市場を下支え

2017/08/17

調査結果

高齢者・障がい者の次世代自立支援機器 市場動向
次世代自立支援機器8品目について調査
  〜着型アシストスーツ、⊆\ぢ絏雜逎戰奪鼻↓2鯵絢\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙
  げ案蘯\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙↓ゼ\ぢ綰嘶支援機器、
  次世代入浴支援機器、Ε灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈椒奪函 ╂験荵抉腑蹈椒奪
→ 2020年(団塊の世代が70歳超)の市場規模は415億円
→ 2025年(団塊の世代が75歳超)の市場規模は2020年の20倍8,356億円になると予測

2017/08/14

調査結果

3Dプロジェクションマッピング 市場動向
屋外型に加え屋内型が増加
 → 今後は屋内の演劇、コンサートなどの演出ツールとして期待
プロジェクター動向(20,000ルーメン以上)
 → 2017年の市場規模(国内):3,300台、325億円の市場と予測
 → 2016年のメーカーシェア(国内):.僖淵愁縫奪 ▲リスティ セイコーエプソン
2017年の市場規模(プロジェクターを含む)
 → 約800億円と予測

2017/08/09

筑波大学芸術系助教・マンガ作家 山本美希 さんをお迎えして
シードライブラリー交流会開催のお知らせ

日 時 2017年8月18日(金) 17:30〜19:30
会 場 シードライブラリー
      東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル1F
      ※シード・プランニングのあるビルの1Fです。
参加費 ライブラリー会員:1,000円(税込)
    一般:3,000円(税込)

2017/08/08

調査結果

2017年のウェアラブル端末購入動向
ウェアラブル端末の購入動向を継続調査。
2017年の傾向は、
• 購入製品は、Apple Watch2の購入率がTOP
  → 経年変化をみるとウォッチ製品が主流
• 購入場所は、Amazonの利用率が急増
  → 全体としてネットでの購入率が増加
• 利用したい機能は、GPS、家・車のカギ機能
  → 日常生活で役に立つ機能へのニーズ高まる

2017/08/03

調査結果

電子カルテ/PACS(*)の市場規動向
電子カルテ市場規模は、2020年に2,780億円
 → 2016年比119%(442億円増)
 → 中小規模病院への導入が進む
PACS(*)市場規模は、2020年に455億円
 → 2016年比96%(20億円減)
 → クラウドへの移行が進む(2016年925施設→2020年2,500施設に拡大)

2017/07/31

調査結果

医療分野のVR・AR・MRの市場展望
[調査結果のポイント]
国内の医療分野で使われるVR・AR・MRの市場規模は、
→ 2021年に約153億円、2026年には約342億円
→ 医学教育、治療分野が市場を牽引する

2017/07/25

新刊のお知らせ

2017年版 保険業界によるヘルスケア関連サービスの注目事例調査
      ― 保険×ITテクノロジーの新潮流 ―
[本書のポイント]
保険業界の健康支援サービスへの取り組み・最新テクノロジー活用について、注目事例を
調査するとともに、保険契約者の動向も調査
→ リスク細分型保険、引受基準緩和型保険、健康体割引など、保険業界のヘルスケアに着目した
  商品・サービスへの取り組みや今後の展望がわかります
→ 保険加入者の、保険の見直し状況や 「健康増進型保険」 への加入意向などがわかります
  (健康診断連動型保険加入意向…6割強、運動量連動型保険加入意向…5割強)

2017/07/21

新刊のお知らせ

2017年版 医薬品原薬・中間体ビジネス国内外注目企業動向調査
  −注目企業国内10社と海外7社の個別調査を基に−
[本書のポイント]
低分子の医薬原薬・中間体製造の注目企業国内10社と海外7社を調査
→ 最新トピックスを交え、低分子医薬品原薬・中間体の業界動向がわかります
→ 低分子に加え、ペプチド・核酸医薬やバイオ医薬分野への展開も掲載しました

2017/07/12

新刊のお知らせ

2017年版 世界のITヘルスケア市場注目ビジネス事例研究
− 人工知能を活用した健康・医療ビジネスの最前線 −
[本書のポイント]
人工知能を活用した健康・医療分野の注目企業23社を調査
 → アップル、グーグル、サムスン電子、マイクロソフト、IBM、アマゾン、フェイスブック、
   百度、ノキアなど主要IT企業のヘルスケアソリューションと人工知能への取り組みがわかります
 → 人工知能を活用した注目ベンチャー企業のビジネスモデルがわかります

2017/06/14

新刊のお知らせ

企業活動効率化のための人工知能活用サービス事例
[本書のポイント]
販売支援(Eコマース・小売業)や一般企業向け業務支援サービスへの人工知能の応用事例を調査。
企業活動での人工知能の活用と人工知能の最新動向を概観したい方に最適の一冊です。
 → 販売支援・業務支援サービスで人工知能を活用している事例を掲載
 → 人工知能の最新動向も整理して掲載

2017/05/31

新刊のお知らせ

人工知能活用で実現するインダストリー4.0
[本書のポイント]
国内製造業における人工知能活用事例を調査。
人工知能の最新動向と製造業での活用を概観したい方に最適の一冊。
 →製造業で人工知能を活用している事例を掲載
 →人工知能の最新動向も整理して掲載

2017/05/17

新刊のお知らせ

イスラエルにおけるサイバーセキュリティ・ソリューションのベンチャー企業調査
[本書のポイント]
イスラエルのサイバーセキュリティ・ソリューション開発ベンチャー企業80社を調査
→ この中から、注目企業15社をピックアップ、具体的なサービス内容、
  技術開発の特徴や技術競争力を分析
→ スタートアップ企業数十社の概要を紹介

2017/05/11

第1回 SPIサイバーセキュリティフォーラム開催のお知らせ

日本のサイバーセキュリティの現状とイスラエルベンチャー企業最前線
 日 時 2017年5月17日(水)14:00〜18:00 (13:15受付開始)
 会 場 株式会社シード・プランニング1F シード・ライブラリー
 参加費 25,000円+消費税/1名(懇親会費を含みます)
 主 催 株式会社シード・プランニング

2017/05/01

新刊のお知らせ

ゲノム医療の現状と将来展望
[本書のポイント]
がんの個別化医療、プレシジョン・メディシンの実現を目指した産学官の取り組み状況と
ビジネス動向をこの一冊に凝縮
 → 国内におけるゲノム医療の実用化に向けた政府・大学・企業の取り組み状況と
   課題がわかります
 → ゲノム関連ビジネスの現有市場規模がわかります
 → 関連ステークホルダのビジネスの将来展望がわかります

2017/04/27

健康経営関連市場の市場動向

• 健康経営関連市場の市場規模
  →2020年に1兆6,700億円の市場と予測
  →健康経営のベースとなる法令遵守・リスクマネジメント領域を中心に市場拡大
• 健康投資への取り組み方針
  →産業保健スタッフ等を強化して内製化を推進・・・31%
  →民間企業等への外部委託を推進・・・28%

2017/04/17

国内の定置用蓄電システムの市場規模予測

国内の住宅用/業務用/公共産業用蓄電システムの市場規模は、
• 2024年には約3,700億円の市場と予測
  → 2016年比5.6倍強の市場に成長。
  → 戸建て住宅用蓄電システムが市場を牽引
  → 住宅用/業務用が74%(2,720億円)を占める
• 住宅用/業務用の販売台数は、2024年に42万台と予測。
  → 2016年比11.4倍
  → ZEHの約4割に搭載されると予測

2017/04/12

国内の電子お薬手帳サービスの市場予測

電子お薬手帳サービスの市場規模は、
 → 2025年に約70億円と予測。2016年7.1億円の9.6倍に拡大。
 → 利用者数は、2025年に入院・外来患者数の約半数の約422万人。
   2016年の利用者112万人の3.8倍に増加。

2017/04/10

新刊調査レポート

中国医薬品市場の現状と展望 2017年版
[本書のポイント]
中国医薬品市場をこの1冊に凝縮。中国医薬品市場の今と将来が良くわかります。
• 医薬品市場の動向
  → 2011〜2015年の医薬品産業売上高年平均成長率は17.4%(目標は20%)
  → 中国当局は2020年までに年平均成長率10%以上を掲げる5カ年計画を公表
  → 医療保険加入者・受診者の増加や高齢化の進展で2025年に医薬品産業の売上は
    2015年比1.8倍の82兆円と予測
• 上場医薬品企業(上海・深?証券取引所)の決算状況
  → 上場医薬品企業の2015年の売上高・伸び率・研究開発費のランキングを掲載
• 行政動向と承認審査
  → 医薬品の優先承認審査制度は先発医薬品企業や研究開発企業の悩みを解消
• 医療事情と医療データ...農村と都市の保険を一本化 など
• 業界関係者の見方・考え方...関係者の本音を取材

2017/03/30

ビデオコミュニケーション市場の市場予測

国内のビデオ会議・Web会議・音声会議等のビデオコミュニケーション市場は、
 ◆ 2017年に525億円の市場と予測、2016年比107%
 ◆ シェアトップは、
   ビデオ会議…シスコシステムズ
   Web会議…ブイキューブ
   MCU…ポリコム

2017/03/10

国内の再生医療周辺産業(*)の市場規模予測

国内の再生医療周辺産業(*)の市場規模は、
→ 2020年に約800億円
→ 2025年に約2,700億円
→ 2030年に約6,100億円に達すると予測

2017/03/03

遺伝子治療薬の市場規模予測

日本と米国、欧州の3 地域における遺伝子治療薬の市場規模は、
→ 2020 年に738 億円
→ 2025 年に1 兆455 億円
→ 2030 年に5.6 兆円に達すると予測

2017/03/02

新刊調査レポートのお知らせ

美容医療に関する韓国の最新動向と日本人女性の実態・意識調査
[本書のポイント]
• 韓国の美容医療の最新動向がわかります
  → 美容整形手術件数で世界第3位(2015年統計)
  → 「K-ビューティ」 と呼ばれる韓国産化粧品は輸出で急成長
  → 訪韓美容医療観光客急増、6割以上が中国人
• 日本人女性の美容医療の実態と意識がわかります
  → 8.5%が美容整形を経験、「目の手術」が1位
  → 未経験者の 「興味がある/受けてみたい」 美容整形1位は「レーザー」

2017/02/28

仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと
仮想通貨取引所のビットコイン取引量・シェアを調査

• 2017年春に施行予定の 「仮想通貨法」 の認知は約4割
• ビットコインの2016年下半期の取引高は、
  → 上半期の2.3倍
  → 取引高トップ3は、 bitFlyer、◆BTCBox、 QUOINE

2017/02/24

新刊調査レポートのお知らせ

2017年 世界の自動運転関連企業の戦略とロードマップ
[本書のポイント]
この一冊で自動車メーカーをはじめ、世界の自動運転関連企業の動向と
各国の法制度化の状況を把握できます。
→ 自動車メーカー各社の自動運転導入戦略と導入シナリオ
→ 各国の法制化状況と自動運転のレベル別市場導入計画
→ IT企業の自動運転関連最新動向
→ 自動運転向け最新技術動向
→ 世界の自動運転市場規模予測(2030年に14兆円超)

2017/01/27

新刊調査レポートのお知らせ

衛星測位システムの受信機総覧 2017
- 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 V.1 -
[本書のポイント]
衛星測位サービスに欠かせない受信機の概要を、QBIC規格に準じて整理したレポート
• 現在市場に出ている受信機(チップ・モジュール製品など)の対応信号や用途、
 価格状況等がこの1冊でわかる
• 衛星測位の受信機システム市場は、2020年に100億円、2025年に115億円と予測

2017/01/17

中小企業向け 「社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド労務管理ソフト」の市場動向 - 調査結果

[調査結果のポイント]
中小企業向け「社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド労務管理ソフト」を調査
• 参入企業は2015年より増加、2014年の電子政府「e-Gov」の外部連携APIの仕様公開が背景
• 累計導入数は、SmartHRが最多で2,717社、次いでGozalの2,000社(2016年11月時点)
• 今後は、HRTechの流れの中で、中小企業向け「電子申請対応型クラウド労務管理ソフト」の
 市場拡大が見込まれる

2017/01/12

47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況 − 調査結果

[調査結果のポイント]
• 地域特性に合わせたエネルギー源利用が鮮明に。
 47都道府県のエネルギー源別設備導入容量トップ3は、
  太陽光発電………… ^饐觚 愛知県 千葉県
  風力発電…………… \朕晃 ∨務て察´秋田県
  中小水力発電……… …耕邯 ∨務て察´新潟県
  地熱発電…………… ‖臺県 熊本県 鹿児島県
  バイオマス発電…… ‥豕都 ∪轍県 B膾緝
• エネルギー源別設備導入容量は、太陽光が最も多く87%。
 次いで、風力8%、バイオマス4%水力1%、地熱0.03%
• 国内の再生可能エネルギー関連市場は、2020年に9,700億円と予測

発表年度別アーカイブ

2018年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 / 
2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得