プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 5月31日発表

新刊のお知らせ

2017/05/31

人工知能活用で実現するインダストリー4.0
[本書のポイント]
国内製造業における人工知能活用事例を調査。
人工知能の最新動向と製造業での活用を概観したい方に最適の一冊。
 →製造業で人工知能を活用している事例を掲載
 →人工知能の最新動向も整理して掲載

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、市場調査レポート 「人工知能活用で実現するインダストリー4.0 ~国内製造業におけるAI活用事例集~ 」 を発刊しましたのでお知らせいたします。

ドイツ政府が推進する「Industrie 4.0」、米国のゼネラル・エレクトリックが旗を振る「Industrial Internet」に次ぎ、日本においても「つながる工場」「インダストリー4.0」「スマートファクトリー」という言葉が定着しつつあります。

日本における「つながる工場」のコンセプトは、企業の枠を超えて、製造プロセスがダイレクトに連携し、柔軟な製造ラインが構築される点です。それにより、技術力、対応力が進化し、多種多様な製品ニーズや個別の顧客要求への対応力が増すことが期待できます。闇雲にデジタル化、ICT化を推進するのではなく、「日本らしい」ものづくりの実体・現場とICTを融合させることが重要であり、現在、産学官が連携した様々な取組みが実施されています。

製造分野のIoT化においては、膨大なデータを効率よく解析するツールとして、ディープラーニングの登場により第3次ブームに突入した人工知能が活用されることが期待されています。既に、様々な企業が開発した人工知能技術が製造の現場に実装され、その効果が確認されています。

本書は、製造分野におけるIoT、人工知能の活用について、参入企業と活用事例について幅広く情報を収集、整理するとともに、人工知能の最新動向を整理して掲載しました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9619.html

本書のポイント、掲載例、調査概要、本書の概要は以下の通りです。

本書のポイント

本書の構成

本書は5章で構成。
第1章に本調査結果の総括を、第2章・第3章に人工知能の最新動向を整理して掲載。
第4章には4団体16社の製造業での人工知能の活用の概要と活用事例を、第5章に参入企業17社の個票を掲載しました。

区分 章建て 掲載内容
総括 第1章 総括 【1】製造業における人工知能の活用
  (1) 製造業における人工知能の活用
  (2) 製造業への人工知能活用に向けた課題
【2】人工知能とは
  (1) 人工知能学会による人工知能に関する説明
  (2) 国内人工知能研究者による人工知能の定義
  (3) 人工知能のレベル
最新動向 第2章 人工知能開発の
変遷と応用について
【1】人工知能開発の歴史
  (1) 人工知能開発の歴史
  (2) 人工知能が再び注目されている理由
  (3) 人工知能の種類
【2】人工知能の応用が想定される産業分野
  (1) 概要          
  (2) コンピューターに置き換えられる職業
  (3) 特許出願動向
第3章 人工知能を巡る
国内行政動向
【1】概要
【2】各省庁・所轄研究開発法人の取組み
  (1) 内閣官房・内閣府   (2) 経済産業省
  (3) 文部科学省      (4) 総務省
活用事例 第4章 製造業における
人工知能の活用
【1】製造業で用いられる人工知能
  (1) 製造業で用いられる人工知能技術  
  (2) 主な研究開発企業
【2】研究開発への人工知能の活用
  (1) 概略          (2) 現状と展開
  (3) 学術機関の取組み事例  (4) 活用事例
【3】製造装置・ロボットへの人工知能の活用
  (1) 概略          (2) 活用事例
【4】異常予兆検知・故障予防への人工知能の活用
  (1) 概略          (2) 活用事例
【5】技能継承への人工知能の活用
  (1) 概略          (2) 学術機関の取組み事例
  (3) 活用事例
【6】その他
  (1) 概略          (2) 活用事例
企業個票 第5章 参入企業個票 人工知能参入企業17社の活用事例を掲載
(1) 会社概要
(2) 人工知能に関する取組み
(3) AI に関連する製品・サービスについて
(4) AI の製造業への応用に関する主な取組み
(5) その他特筆事項
製造業で人工知能を活用している事例を掲載

製造業での人工知能の活用分野を以下の5分野に分け、4団体・16社の各分野の活用事例を掲載しました。
   研究開発への活用...7事例
   製造装置・ロボットへの活用...3事例
   異常予兆検知・故障予防への活用...7事例
   技能継承への活用...2事例
   その他領域(製造業向け業務用アプリケーションシステム開発など)への活用...5事例


<掲載例> 4団体・16社の掲載事例の一覧 (総括に掲載)
<掲載例> 4団体・16社の掲載事例の一覧 (総括に掲載)

第5章の参入企業個票に収載した企業は以下の17社です。

【1】FRONTEO
【2】GRID
【3】日本アイ・ビー・エム
【4】Kyulux
【5】Toyota Research Institute, Inc.
【6】エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ
【7】オムロン
【8】東芝情報システム
【9】豊田中央研究所
【10】ダイキン工業
【11】日本電気
【12】日立製作所
【13】ファナック
【14】富士通
【15】ブレインズテクノロジー
【16】三菱電機
【17】ルネサス エレクトロニクス
人工知能の最新動向も整理して掲載

第2章〜第3章に掲載しました。人工知能の最新動向がわかります。


<掲載例> 各省庁の人工知能に関する動き(第3章に掲載)
<掲載例>各省庁の人工知能に関する動き(第3章に掲載)

調査概要

調査方法
公開情報収集(行政機関・企業のウェブサイト、プレスリリース、IR 情報)、など
調査対象
製造現場への人工知能の応用において注目すべきサービスを提供・開発している企業・機関
調査項目
サービス内容、研究開発動向、人工知能活用事例、人工知能活用効果、など
調査実施期間
2016 年10 月〜2017 年5 月

本書の概要

レポート名
人工知能活用で実現するインダストリー4.0 〜国内製造業におけるAI活用事例集〜
発刊日/体裁
2017/05/25  A4 / 226ページ
販売価格
書籍版またはPDF版   151,200円(税込)
書籍+PDFセット版   172,800円(税込)
目次(概要)
第1章 総括
 【1】製造業における人工知能の活用  【2】人工知能とは
第2章 人工知能開発の変遷と応用について
 【1】人工知能開発の歴史       【2】人工知能の応用が想定される産業分野
第3章 人工知能を巡る国内行政動向
 【1】概要              【2】各省庁・所轄研究開発法人の取組み
第4章 製造業における人工知能の活用
 【1】製造業で用いられる人工知能   【2】研究開発への人工知能の活用
 【3】製造装置・ロボットへの人工知能の活用
 【4】異常予兆検知・故障予防への人工知能の活用
 【5】技能継承への人工知能の活用   【6】その他 第5章 参入企業個票
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 廣岡(ひろおか)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得