プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2014年

プレスリリース

2014年発表

2014/12/25

公開シンポジウムのお知らせ

公開シンポジウム
バイオサイエンス名古屋2015 〜個別化医療の実現を目指して〜
日 時  2015年1月21日(水)10:00〜18:00
          企業展示会   10:00〜18:00(予定)
          シンポジウム  13:00〜16:50
          情報交換会   17:00〜18:00
会 場  名古屋国際センター 第一会議室
参加費  シンポジウム…無料
          情報交換会…3,000円/人(消費税込み)
定 員  100名(申込受付先着順)
主 催  近未来医療フォーラム(事務局 シード・プランニング)

2014/12/24

ビデオ会議/Web会議/音声会議の
ビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査 調査結果

■ コミュニケーションツールの認知度と導入率は、
  ✓ 認知度は、.好イプ(Skype)、▲亜璽哀襦棔淵廛薀后縫魯鵐哀▲Ε函
    FaceTime(アップル)。
  ✓ 導入率NO1はLync(マイクロソフト)。
■ ビデオ会議/Web会議/音声会議導入企業は、
  ✓ 業種は、「製造」 「情報通信」 「卸・小売」 「金融・保険」が多い。
  ✓ 従業員数は、300人以上が70%強を占める。
  ✓ 拠点数は、国内3拠点以上が80%。
  ✓ 用途は、「営業会議」 「担当者間の会議・ミーティング」など。
  ✓ 8割が会議以外でも使用、「遠隔拠点の作業指示」が多い。
■ 非導入企業は、
  ✓ 6割が1拠点の企業で、4割が「関心ない」。
  ✓ 導入には「世の中の普及」が一番影響。
  ✓ 導入時の条件は「導入価格」 「運用コスト」。

2014/12/19

調査レポート発刊のお知らせ

2015年版 製薬企業の生産体制とアウトソーシングの動向調査
[本書のポイント]
新薬およびジェネリック薬の製薬企業44社の
◆ 生産体制がわかります
◆ M&Aや分社化、設備投資などの経緯がわかります

2014/12/16

調査レポート発刊のお知らせ

タブレット端末・スマートフォンを活用した
在宅介護サービス支援モバイルソリューション動向調査
− 地域包括ケアシステム構築に向けた在宅介護サービス支援ソリューション −
[本書のポイント]
■ 在宅介護サービス事業者の事業所内情報共有・連携を支援する
  モバイルソリューションの動向・市場展望がわかります
■ 医療・介護・生活支援サービス事業者同士など、多職種情報共有・
  連携を支援するモバイルソリューションの動向がわかります

2014/12/10

クラウド型会計ソフト(*)の利用動向調査

◆ 会計ソフト利用者のうちクラウド型利用率は5%
  → 国内事業所会計におけるパッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は約3割。
   うち、クラウド型会計ソフト利用率は5%。
◆ クラウド型利用者の4割強が 「freee」 を利用
  → 最も利用されているクラウド型会計ソフトはfreee。
   クラウド型会計ソフト利用者の4割強がメインで利用していると回答。
◆ クラウド型会計ソフトの選定ポイントと課題
  → サービス選定時には、「簡単」であることを重要視。
   課題は「セキュリティーに対する信頼性の向上」。

2014/12/10

医療分野におけるクラウドサービスの市場規模予測

2024年時点の医療分野のクラウドサービス全体市場は約1800億円。
2014年度比10倍の伸び。
内訳は、クラウド型電子カルテ30%、クラウド型画像管理サービス20%。

2014/12/09

スマホ・タブレット向けサービスの市場展望

2020年までのスマホ・タブレット向けサービスの市場は、
• スマートフォン市場の分化
  廉価版スマートフォン(*)が加入契約数で3,500万台、スマートフォン加入
  契約数全体の30%を占める
• 注目サービス、伸長するサービスは、
  「廉価版スマートフォン」 「アプリストア」 「SNS系サービス」 「動画利用」
  「複数台利用」 「決済」 「Wi-Fi利用」 「アクセサリー」 など

2014/12/02

調査レポート発刊のお知らせ

LTEから5G携帯電話サービスへの発展による市場展望
− 2020年東京五輪に向けた「5G」サービスによる新ビジネス・需要創造 −
[本書のポイント]
LTEから5Gに発展する携帯電話サービス市場を展望したレポート。
以下のことがわかります。
◆ 2020年開始の5G概要とロードマップ
◆ 5Gが有効な市場と新ビジネス・需要創造
◆ 5Gサービスの需要予測 (2024年には人口比25%弱の3,000万加入と予測)
◆ 参入企業の動向

2014/11/26

スマート農業分野のIT市場 市場規模予測

スマート農業分野のIT市場は、
◆ 2020年に約700億円の市場規模になると予測
  2014年 (131億円) の5.3倍に成長
◆ 農業クラウドサービスとセンサ・ネットワーク・環境制御が牽引する

2014/11/11

セミナーのお知らせ

中国ビジネス セミナー
日中医薬品新技術とオープン・イノベーション
〜ライセンス、提携等に関する中国の現状と今後〜
日時 2014年11月28日(金) 13:10〜18:00
主催 株式会社シード・プランニング
会場 株式会社シード・プランニング 東京本社 セミナールーム

2014/11/06

調査レポート発刊のお知らせ

2014年版
医療機器開発における実務ガイド 米国編
〜医療保険制度改革と医療機器開発の規制動向 〜
[本書のポイント]
米国医療機器市場進出を検討する際の”必読のガイドブック”
医療機器に関する市場概観と基本制度解説はもとより、
→ 医療機器の識別表示「UDI」に関する新ルールがわかります
→ コンビネーションプロダクトに関する詳細がわかります
→ 医療保険とオバマケアに関する詳細がわかります

2014/10/30

国内 IoTサービス市場(*)の市場規模予測

国内 IoTサービス市場(*)の市場規模は、
2020年に1兆1,500億円を超えると予測
→ 市場は2013年に比べ4倍に成長
→ 分野別には 「スマートグリッド」 が49%を占める
→ 90%はシステム関連費用と通信料、端末ハードの金額は10%

2014/10/30

調査レポート発刊のお知らせ

2014-2015年版 医薬製剤/包装受託企業総合調査
[本書のポイント]
製剤・包装受託企業39社を徹底調査
受託企業の詳細個票、受託方針・状況の短信を掲載
→ 医薬製剤受託企業の受託分野がひとめで分かる
→ 海外事業展開、治験薬受託、受託形態、特殊製剤の詳細を掲載
→ 設備状況・製造能力・技術・品質管理体制がひとめで分かる
→ 受託企業にアンケート調査を実施、近年と比較したここ1年の受託動向を分析

2014/10/24

ウェアラブル端末、スマホ/タブレットユーザー1,000人調査結果

ウェアラブル端末認知状況は、
→ 「知っている」…37%、「言葉は聞いたことがある」…22%、
  「全く知らない」…41%。
ウェアラブル端末の購入率と購入意向は、
→ 「購入した」…3.6%
  「購入して使ってみたい」トップは腕時計型
ウェアラブル端末で利用したい機能は、
  ̄親偉未梁定
 GPS、道案内機能

2014/10/22

3Dプロジェクションマッピング(国内)の市場規模予測

3Dプロジェクションマッピング(国内)の市場規模は、
→ 2016年に6,400億円と予測。2013年比29倍の伸び。
  アミューズメント施設を中心に導入が進む。

2014/09/29

調査レポート発刊のお知らせ

地域包括ケアシステム時代の
介護予防・生活支援サービスの現状と将来展望
[本書のポイント]
◆ 介護保険法改定による、新しい介護予防・日常生活支援総合事業に対する自治体動向を掲載
◆ 介護予防・生活支援サービス提供で成果を上げる先進的な事例を掲載
◆ 介護予防・生活支援サービスの需要拡大の潮流と将来展望がみえてくる

2014/09/25

認知症ケア支援サービス(*)の市場予測

◆ 2014年の認知症ケア支援サービスの市場規模は138億円。
◆ 2020年には285億円、2025年には424億円に拡大。
◆ 特に、早期発見・評価領域が市場をけん引する。

2014/09/19

公開シンポジウム講演録 発刊のお知らせ

個別化医療の実現を目指すコホート研究の新展開 -講演録-
[本書のポイント]
◆ ご好評をいただいた本年6月開催の公開シンポジウム、
  「個別化医療の実現を目指すコホート研究の新展開」の内容をすべてこの1冊にまとめました
◆ 日本の代表的な大規模コホート研究とバイオバンク事業はどこまで進んだかがわかります

2014/09/18

調査レポート発刊のお知らせ

世界のバイオ化学品・再生可能化学品 参入企業の戦略と動向
[本書のポイント]
◆ バイオ化学品・再生可能化学品 製造プロセス開発企業注目の18社を調査
◆ 各企業の生産能力、開発ターゲット、製造技術、コスト、戦略、提携等に関する情報を掲載
◆ 企業間の繋がりをネットワーク図として可視化

2014/09/03

調査レポート発刊のお知らせ

2014-2015
自動運転関連企業の開発戦略とロードマップ
〜 2020年 東京五輪に向けた準自動走行システム実現への取り組み 〜
[本書のポイント]
◆ これからの注目領域である 「通信」 「レーダー」 「地図」 分野を中心に、
  世界の自動運転関連企業の開発動向・戦略を調査
◆ 2020年までの国内衝突被害軽減システムの普及を予測(国内乗用車)
◆ 2030年までの自動運転車の販売台数を予測(国内乗用車)

2014/08/28

調査レポート発刊のお知らせ

2014年版 世界のITヘルスケア市場 注目ビジネス事例研究
     - IoT時代の健康・医療・介護 -
[本書のポイント]
米国及び世界のITヘルスケア注目企業30社を調査
→ アップル、グーグル、サムスン電子、マイクロソフト4大企業の
  ウェアラブルデバイスと健康・医療情報プラットフォームの最新情報を掲載
→ 各社の個票には、事業/サービスの概要、課題、今後の展開などを収載

2014/08/26

調査レポート発刊のお知らせ

電力小売り全面自由化がもたらす新ビジネスの可能性
- 電力システム改革の動向と国内・海外関連ビジネス事例集 -
 [本書のポイント]
 ◆ 電力自由化が進む海外と国内既存自由化分野の38事例を収載
 ◆ 業界キーマン6名に聞く2016年以降の市場、ビジネスモデルの展望
 ◆ 現在、急速に登録が進む 「新電力」 を資本金・業種・直近の動向から分析
   どのような事業者が何を目指し参入しているのか?
 ◆ 日本の電力システム改革の動向/海外の自由化地域の動向をコンパクトに整理して掲載

2014/08/25

遺伝子解析支援ビジネスの市場予測

遺伝子解析支援装置主要3品目(*)の世界市場予測
→ 2019年に3千億円を超える市場に拡大する。
  なかでも次世代シーケンサーは、1千億円を超えると予測。
  体外診断用パーソナルシーケンサーが貢献する。
研究目的の遺伝子受託解析の世界市場予測
→ 2019年に1千億円を超える市場となる見通し。
  リアルタイムPCRやデジタルPCRの受託解析が市場を牽引。
  なかでも次世代シーケンサーは、350億円に達すると予測。

2014/08/20

電子カルテ/PACSの市場予測

◆ 電子カルテ市場は2018年に1,940億円に。
  2013年比673億円の増加。病院向けが順調に伸びる。
◆ PACS(※)市場は2019年に465億円に。
  2014年約500億円をピークに減少に転じ、2019年には465億円市場に暫減。

2014/08/19

調査レポート発刊のお知らせ

テレプレゼンスロボットとパワーアシストスーツの最新動向
〜リハビリ・介助者・災害対策・コミュニケーションから遠隔コミュニケーション・
作業効率アップ等の可能性分析〜
[本書のポイント]
テレプレゼンスロボットとパワーアシストスーツの最新動向と市場規模見通しがわかります。
◆ テレプレゼンスロボット
  ➣ 製品動向、業界動向、利用動向を掲載
  ➣ 2020年のテレプレゼンスロボット国内市場規模は50億円と予測
◆ パワーアシストスーツ
  ➣ 製品動向、販売動向、開発状況、国・自治体・企業の動向を掲載
  ➣ 2024年のパワーアシストスーツ国内市場規模は1,030億円と予測

2014/08/15

調査レポート発刊のお知らせ

高精細映像ビジネスの最新動向と将来展望
[本書のポイント]
◆ 東京五輪開催決定で拍車がかかる高精細映像ビジネスの現状と今後
   → 参入事業者12社を取材
◆ 撮影から送出までの業務用高精細映像機器の主要参入事業者と機器の概要
   → 10分野35社の会社概要、機器取扱状況、機器概要を掲載
◆ 2020年 五輪イヤーの業務用高精細映像機器市場を8分野に分けて予測
   → 2つのシナリオを想定
    シナリオAは安定成長論、シナリオBは高度成長
    シナリオBでは5,000億円市場と予測

2014/08/11

国内携帯端末(*)市場の将来動向予測

2020年の国内携帯端末(*)市場は、
◆ 携帯端末契約数は、主要3キャリアで1億8,695万契約
  格安キャリア契約分を加えると、2020年には2億契約を突破
◆ 主要3キャリアの携帯事業売上高は15兆1,140億円
    同    携帯販売金額は1兆8,330億円
    同    携帯向け設備投資は3兆8,200億円

2014/08/06

オンライン結婚・恋愛マッチングサービス(*)市場規模

オンライン結婚・恋愛マッチングサービス(*)の市場規模は、
◆ 2013年の市場規模は59億円と推計
◆ 2015年に100億円を突破、2017年には128億円に拡大と予測

2014/07/25

国内法人向けスマートフォン/タブレット端末の市場動向

国内法人向けスマートフォン
 ✓ 契約数は2019年度1,640万契約と予測。2013年度比2.5倍。
 ✓ iOSが過半を維持。Windows他が14%のシェア獲得。
国内法人向けタブレット端末(回線込み)
 ✓ 契約数は2019年度750万契約と予測。2013年度比4.5倍。
 ✓ Windowsが21%のシェアを獲得。iOSは6割を維持。

2014/07/16

調査レポート発刊のお知らせ

EAP(※)・メンタルヘルス市場におけるIT活用動向とデータヘルス連携の可能性 2014
[本書のポイント]
主要な参入事業者17社と企業の担当者約300名を調査。
✓ EAP・メンタルヘルス市場における最新のIT/ICT活用動向がわかる。
✓ 企業担当者への調査から、従業員の心と身体の包括的支援の傾向がわかる。
✓ ストレスチェック制度とデータヘルス計画で拡大するEAP市場を展望し、
  EAP・メンタルヘルス関連市場の2020年までの市場規模を予測。

2014/07/11

調査レポート発刊のお知らせ

2014年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第3巻
[本書のポイント]
✓ 急拡大するジェネリック薬市場39社を調査。
✓ 会社概要、直近4年の経営指標の推移から、取り扱う医療用
  医薬品の品目数、成分数、会社組織図、研究開発戦略、
  販売方法と流通など、全貌がわかります。

2014/06/20

調査レポート発刊のお知らせ

ハイレゾ音楽配信ビジネスの最新動向
[本書のポイント]
この1冊にハイレゾ音楽とは?から配信の最新動向までをコンパクトにまとめました。
 ■ ハイレゾ音楽配信とは何か?
 ■ コンテンツホルダーの動向 (音楽配信サービスの動向)
 ■ オーディオ業界の動向 (ハイレゾ対応オーディオの動向)
 ■ 音楽配信市場規模 (2006年〜2013年)

2014/06/18

名刺管理サービスの市場予測

◆ 名刺管理サービスの市場は、2018年には58億円と予測。
  年率10%の伸び。
◆ 今後、新規参入企業も増え、クラウドや営業支援システム/
  顧客管理システムとの連携が増加する。

2014/06/05

トクホ飲料、規制改革で動き出す健康食品※市場

◆ 2017年の健康食品※1市場は約2兆1,450億市場に成長。
  (2013の市場規模は約1兆8,400億円。)
◆ 2014年度中にも実施される以下の規制改革が成長を後押しする。
  ✓ いわゆる健康食品に対する機能性表示を容認
  ✓ 栄養機能食品の対象成分の拡大
  ✓ トクホ申請許可手続きの迅速化

2014/05/28

地域医療福祉情報連携協議会(*)主催 第7回シンポジウム開催のお知らせ

医療・介護・福祉から地域を結ぶ
 日 時:6月26日(木)
     シンポジウム 10:00〜17:25
     展示会     9:30〜17:30
     情報交換会  17:40〜19:00
 会 場:東京医科歯科大学M&Dタワー2F大講堂
 参加費:[シンポジウム]
     ✓ 当協議会会員、自治体・行政、医療関係者、介護関係者…無料
     ✓ 上記以外の企業・団体関係者ほか … 5,000円(税込)
     [情報交換会]… 3,000円(税込)

2014/05/21

「地域医療連携システム(*)」の市場規模予測

地域医療連携システム(*)の市場規模は、
◆ 金額ベースでは、2013年度約76億円(推定)、2020年度には約180億円市場に成長すると予測。
◆ ネットワーク数は、2013年度には135(推定)、2020年度には223と予測。

2014/05/20

報告書公開のお知らせ

「在宅看護・介護分野におけるIT利活用研究会」 報告書
(平成25年度地域新成長産業創出促進事業費補助金による研究成果)

2014/05/15

高齢者/病者用食品市場の将来予測

◆ 高齢者用食品市場
  2013年の市場は1,115億円(推定)。以降、以降順調に市場は成長し、
  2017年には1,340億円の市場になると予測される。
◆ 病者用食品市場
  2013年の市場は349億円(推定)。以降、年率5%前後の穏やかな成長で
  2017年には400億円を超える市場になると予想される。

2014/04/30

調査レポート発刊のお知らせ

個別化医療・創薬のための大規模ゲノムコホート研究の最新動向
[本書のポイント]
ゲノムコホート研究・バイオバンクの最新動向をこの1冊にまとめました。
基礎から知りたい方、現状や課題、今後の展望を知りたい方に最適な1冊です。
✓ ゲノムコホート研究、バイオバンク事業の基礎がわかります。
✓ 国内主要ゲノムコホート研究、バイオバンク事業の現状と課題がわかります。
✓ ゲノムコホート研究の成果、バイオバンクの利活用による創薬、事業展開の動向がわかります。

2014/04/23

スマートフォン/タブレットユーザーに周辺機器・アクセサリー購入動向を調査

◆ 購入商品トップ5は、
  カバー/ケース、 画面保護フィルム、 SDカード関連、
  イヤホン/ヘッドセット、 USBケーブル。
◆ 周辺機器・アクセサリーの購入先1位の家電量販店は、利用率が減少。
  一方、携帯電話ショップやネット通販、100円ショップなどが増加。
◆ 今後伸びが期待できる製品カテゴリーは「充電」関連製品(モバイルバッテリー、ACアダプター、USBケーブル)。
  スマホ連動ヘルスケアー機器なども期待が持てる。
◆ 前回調査(*)に比べ、端末へのユーザーの不満は、かなり減少。
  不満トップは昨年同様、「バッテリーの持ち時間」。

2014/04/16

調査レポート発刊のお知らせ

テレワークシリーズ第2弾!
テレワークソリューション市場の最新動向と市場展望 2014
 〜スマートデバイスとクラウドによる次世代ワークスタイルの実現〜
 [本書のポイント]
 ◆ テレワーク促進要因を整理して掲載
 ◆ テレワークソリューション市場規模を当社独自に算出
   (2013年〜2020年)
 ◆ 次世代ワークスタイル導入の現状、課題、販売ルート等を分析

2014/04/15

調査レポート発刊のお知らせ

2014年版
健康保険組合の保健事業動向・データヘルス計画における最新調査
― データヘルス計画への構想・事業主連携・レセプト分析・特定保健指導 ―
 [本書のポイント]
 93健保組合の保健事業取り組み状況を調査。
 ◆ 「データヘルス計画」への取組み意向・実施体制・事業主との協働状況がわかります
 ◆ 健診・レセプトデータ分析、分析結果活用動向がわかります
 ◆ 各保健事業(13項目)における予算配分と今後の方向性が分かります

2014/04/03

調査レポート発刊のお知らせ

2014 タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例
〜タブレット端末導入と支援ビジネスソリューション分析〜
[本書のポイント]
◆ iPad、Androidなどのタブレット端末の業務活用290事例、
  支援ソリューション210事例、計500事例を分析。
  ✓ 業務活用290事例の総導入台数は192万台。教育分野が多い。
  ✓ 支援ソリューション分野では営業支援、接客支援、管理支援が多い。
◆ 活用分野別動向(教育機関、金融・保険、小売・卸他)、を整理して収載
◆ 2020年のタブレット販売台数予測(*)は、
  世界市場5億台、日本市場は1,600万台に。

2014/04/03

ビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測

◆ 国内のビデオ会議/Web会議/音声会議等市場は、2013年約423億円(推定)が
  2014年は450億円へ拡大。
◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がシスコシステムズ、Web会議が
  ブイキューブ、MCUはポリコム。
◆ 広義のビデオ&オーディオコミュニケーション市場は既存市場の2.7倍の
  1,200億円市場に。

2014/04/02

「テレビのニーズ」 調査結果

◆ 家庭でのWiFi利用率6割。ネット利用がより活発化。
◆ 4Kの認知度は7割。
◆ スマートテレビの利用意向は4割程度。
◆ 「見逃し番組」のニーズ大。
  省エネや安心につながるサービスへの注目度も高い。

2014/04/01

定置用蓄電システムの市場予測

◆ 2020年度の定置用蓄電システム市場は5,300億円の市場規模に。
  2013年比15.5倍の成長。住宅用が市場をけん引。
◆ 住宅用蓄電システム出荷台数は2020年には45万台に。
  2013年度比33.8倍。
  太陽光発電設置住宅への普及、電力自由化等で需要が拡大。

2014/03/18

調査レポート発刊のお知らせ

ビッグデータ時代の
分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向
[本書のポイント]
◆ データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ビジネスの事業動向を調査
◆ 2017年までのビッグデータ分析ビジネスの国内市場を展望
  → 2017年には9,600億円超市場に
◆ 分野別アプリケーションのサービス事例を整理して掲載

2014/03/07

インターネット動画広告市場は急成長、2017年には640億円に

国内のインターネット動画広告市場(*1)は、
 ◆ 2013年132億円、前年の3倍以上の規模に拡大
   インターネット広告市場全体(*2)に占める動画広告構成比は2%
 ◆ 2017年に640億円、2013年の約5倍の規模に拡大
   インターネット広告市場全体(*3)に占める動画広告構成比は6.9%まで増加

2014/02/12

スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー商品別販売動向、流通チャネル別販売動向

◆ スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー市場は、
  2013年で推定1,637億円(*)。2018年には3,045億円(*)に伸長。
◆ 2013年の商品別の売上金額は、
   .院璽后↓∧欷逎侫ルム、周辺機器(通電機器)
  流通チャネル別売上金額は、
   _氾杜免療后↓Web通販サイト、キャリアショップ
◆ 2018年の商品別の売上は、周辺機器とモバイルバッテリーの需要が高まり、
  売上金額は、.院璽后↓⊆辺機器、モバイルバッテリー

2014/02/05

調査レポート発刊のお知らせ

グローバルIT Big4の事業動向分析調査
 [本書のポイント]
 ◆ Amazon、Apple、Facebook、Googleの4社について、企業概要、業績、
   事業・サービスを独自の視点で詳細にとりまとめました。
 ◆ 各社の事業・サービスを比較できるよう一覧化しました。

2014/01/17

地域医療福祉情報連携協議会主催
「地域医療福祉連携ネットワーク交流会」 開催のお知らせ

テーマ 私にできる地域包括ケア
    −超高齢時代における地域医療福祉の課題と連携−
日時  2014年2月26日 (水) 交流会   10:00〜17:45
                展示会   9:30〜17:00
                情報交換会 17:45〜19:15
会場  日本橋三井ホール (コレド室町5F)
参加費 交流会    1,000円(抄録代、税込)
    情報交換会  3,500円(税込)
主催  地域医療福祉情報連携協議会
共催  特定非営利法人 地域医療情報連携推進機構
後援  (予定) 総務省、厚生労働省、経済産業省

2014/01/09

農業IT化の市場規模予測

◆ 農業IT化の市場規模は、2020年に580〜600億円と予測。
  2013年の市場規模は66億円と推定。2013年比約9倍の成長。
◆ なかでも農業クラウドサービスが大きく進展。2013年比約28倍の伸びとなり、
  農業IT化市場の75%を占める。

発表年度別アーカイブ

2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 / 
2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得