プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 8月17日発表

調査結果

2017/08/17

高齢者・障がい者の次世代自立支援機器 市場動向
次世代自立支援機器8品目について調査
  .蹈椒奪肇后璽帖↓⊆\ぢ絏雜逎戰奪鼻↓2鯵絢\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙
  げ案蘯\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙↓ゼ\ぢ綰嘶支援機器、
  次世代入浴支援機器、Ε灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈椒奪函 ╂験荵抉腑蹈椒奪
→ 2020年(団塊の世代が70歳超)の市場規模は415億円
→ 2025年(団塊の世代が75歳超)の市場規模は2020年の20倍8,356億円になると予測

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、高齢者・障がい者の次世代自立支援機器に関する市場動向調査を行い、このほどその結果をまとめましたのでお知らせいたします。

日本は急速に高齢化が進んでおり、「2016 年版高齢社会白書」によると、総人口は、2015 年10 月1 日現在、1 億2,711 万人。65歳以上の高齢者人口は3,392万人で、総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は26.7%。「65~74歳人口」(前期高齢者)は1,752万人、総人口に占める割合は13.8%。「75歳以上人口」(後期高齢者)は1,641万人、総人口に占める割合は12.9%となっています。

2025 年には、「団塊の世代」が75 歳以上になり、「75歳以上人口」(後期高齢者)は2,167 万人に達すると見込まれています。また、高齢者の一人暮らしや、高齢の夫婦のみの世帯も増え、その点でこの10 年でより高齢者・障がい者の「自立支援」をサポートするツールの役割が増えてきます。

国の政策も「介護する」から高齢者の「自立支援」に変わってきています。そのために介護報酬の見直しや介護支援分野の重点8分野を決めて、そこに予算を投入しています。

このような背景を踏まえ、次世代自立支援機器調査第4弾となる本調査では、次世代自立支援機器8品目について、関連する企業・団体22社・1団体、それらを導入して使用する施設6施設を対象に調査を行い、製品、サービスなどの多方面から分析し、市場規模を明らかにしました。

本調査結果は、市場調査レポート「高齢者・障がい者の次世代自立支援機器の市場性と将来動向 2017」に詳しく掲載しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9725.html

調査結果のポイント、調査概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

次世代自立支援機器8品目について調査

本調査は、次世代自立支援機器調査の4回目となります。
調査対象の次世代自立支援機器8品目は、厚生労働省「平成29年度(2017年)介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業」の対象機器8分野をベースに「生活支援ロボット」を加えました。


厚生労働省 本調査対象機器
 1 移乗介護機器(装着型)  .蹈椒奪肇后璽
 2    同    (非装着型) ◆ー\ぢ絏雜逎戰奪
 3 移動支援機器(屋外型)  屋外次世代移動支援機器
 4    同    (屋内型) ぁ_案蘯\ぢ絨榮飴抉腟ヾ
 5 排泄支援機器 ァー\ぢ綰嘶支援機器
 6 入浴支援機器 Αー\ぢ綟浴支援機器
 7 見守り支援機器(介護施設型) А.灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈椒奪
 8    同     (在宅介護型)


─\験荵抉腑蹈椒奪

市場規模
→ 2020年(団塊の世代が70歳超)の市場規模は415億円
→ 2025年(団塊の世代が75歳超)の市場規模は2020年の20倍8,356億円になると予測

次世代自立支援機市場規模予測:億円

8品目合計の台数は、2020年が約78,000台。2025年には38倍強の約300万台に達すると予測した。

次世代自立支援機市場規模予測:台

予測の方法および8品目の定義と概要は以下の通りです。


予測について

当社保有の、「患者数推移予測(粗鬆症、関節リウマチ、認知症、脳卒中、大たい骨頚部骨折、脊髄損傷、筋ジストロフィー、筋委縮性側硬化症(ALS)など)」、「介護施設数」、公開情報の75歳以上の人口推移予測などをもとに、有識者ヒアリングと当社蓄積データをベースに作成した「推定使用率」を乗じて市場規模を予測しました。


8品目の定義と概要

機器 定義と概要
 .蹈椒奪肇后璽 2008 年からサイバーダインなど数社の販売だったが、2016 年からメーカー、大学発ベンチャーの参入が増え、現在10 社以上の国内販売がある。今後、介護以外の分野(建築、重量労働等)にも市場拡大する。
◆ー\ぢ絏雜逎戰奪 ベッドから進化し、移乗機能を付加した製品。ベッドに各種センサーを搭載し、健康情報を入手する製品。IoT 搭載ベットサイド端末含む。今後市場拡大が期待できる。
 屋外次世代移動支援機器 既存の電動車いすよりデザインが優れ、AI機能、IoT機能を搭載した移動支援機器。基本的に高齢者・障がい者自身で操作できる。道路交通法の改正があるかが重要。
ぁ_案蘯\ぢ絨榮飴抉腟ヾ 屋内で使用する、既存のリフトや移乗機器をより進化した発想の装置。高齢者・障がい者が、介助者の手を借りずに自分で操作して移乗、移動できる。室内での利用が期待できる。
ァー\ぢ綰嘶支援機器 既存の自動排泄処理装置ではなく、新たなIoT技術を搭載した装置。センサー、カメラ等を搭載し、高齢者・障がい者の健康状態も管理する。製品化にはまだ時間がかかりそうである。
Αー\ぢ綟浴支援機器 既存の入浴機器ではなく、新たなIoT技術を搭載した装置。センサー、カメラ等を搭載し、高齢者・障がい者の健康状態も管理する。浴室ではなく、シャワーなどでの用途にも可能性がある。
А.灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈椒奪 2015 年以降、国内のコミュニケーションロボットの発表・発売が増えている。2017 年7月現在で43 社になる。会社の受付、商業施設での伸びも期待できる。AI搭載やビデオ会議機能搭載の可能性もある。介護用途では、病院・介護施設での高齢者の会話、娯楽、見守りを行う。
─\験荵抉腑蹈椒奪 高齢者の身の回りの作業を楽にする次世代機器、IoTとの接続もある。服薬支援、食事支援、着替えや歯磨きの生活支援から、エンタメ等に対応する。健常者の衣・食・住・遊など、生活全般に関係してくる。用途やユーザーにより様々な製品が発売されると思われる。

調査概要

調査対象
<調査対象品目> 次世代自立支援機器(8 品目)
  .蹈椒奪肇后璽帖↓⊆\ぢ絏雜逎戰奪鼻↓2鯵絢\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙↓げ案蘯\ぢ絨榮飴抉腟ヾ錙
  ゼ\ぢ綰嘶支援機器、次世代入浴支援機器、Д灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈椒奪函↓╂験荵抉腑蹈椒奪
<調査対象企業>(22 社・1団体)
  ー荳犂覿函γ賃痢9 社・1団体)
   (株)ATOUN、(株)石神製作所、(株)イノフィス、(株)エクシング、東日本電信電話(株)、
   (株)ソルクシーズ、大和ハウス工業(株)、ピップRT(株)、本田技研工業(株)、
   公益財団法人 テクノエイド協会
  公開情報をもとに調査した企業(13 社)
   (株)アートプラン、RT.ワークス(株)、(株)イデアクエスト、(株)今仙電機製作所、
   M-SOLUTIONS(株)、サイバーダイン(株)、(株)スマートサポート、(株)テクノスジャパン、
   日本精工(株)、(株)ピラニア・ツール、WHILL(株)、マッスル(株)、(株)ロゴス
  自立支援機器導入施設(6件)※
   総合病院(400 床規模、300 床規模、100 床規模)、回復期リハビリテーション病院、
   特別養護老人ホーム、リハビリ特化型デイサービス
   ※は直接取材、他は公開情報と当社保有データをもとに作成
調査方法
訪問取材及びオープンデータ調査、弊社データの活用
調査期間
2017 年4 月〜2017 年 8 月

調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名
高齢者・障がい者の次世代自立支援機器の市場性と将来動向 2017
〜介護ロボット 行政の取組と「自立支援機器」の可能性〜
発刊日/体裁
2017/8/10  A4/221ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  194,400円(税込)
書籍+PDF セット版  248,400円(税込)
本書のポイント
次世代自立支援機器調査シリーズ第4段!以下のことがわかります。
 • 政府の介護ロボット行政動向(経産省、厚労省、AMED等)
 • 次世代自立支援機器8品目の
   ✓ 市場動向分析(2020年、2025年)品目別市場規模予測
   ✓ 介護機器導入施設インタビュー(総合病院、特別養護老人ホーム等)
   ✓ 次世代自立支援機器企業22社・1団体の動向
目    次
機〜躋
  次世代自立支援機器の位置付け/調査範囲/流通まとめ、インタビューまとめ/業界動向まとめ/
  行政動向まとめ/次世代自立支援機器市場規模予測
供ー立支援機器の業界動向
  ロボット行政の経緯/関連行政・団体動向/流通動向(直販型、代理店独占販売型、ほか)/
  導入施設インタビュー(6件)
掘ー立支援機器の製品動向
  サービスロボットの動向/ロボットスーツの動向/コミュニケーションロボットの動向/
  その他(生活支援ロボット、次世代介護ベッド等)
検ー立支援機器の市場動向
  福祉用具市場動向/市場予測参考データ/施設数、高齢者世帯数、患者数/
  次世代自立支援機器市場予測(2020、2025)
后ー立支援機器企業動向(22社・1団体)
  ピップRT/本田技研工業/東日本電信電話/アートプラン/RT.ワークス/イデアクエスト/
  今仙電機製作所/テクノエイド協会/M-SOLUTIONS/サイバーダイン/スマートサポート/
  日本精工/ピラニア・ツール/WHILL/マッスル/ロゴスほか
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得