プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 12月22日発表

調査結果

2017/12/22

特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査 −調査結果−
• ベッド周辺の離床・転落センサは84%の施設で導入
• 未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3は、
  ゝ鐚次Ε肇ぅ貽發療湘欷|離札鵐
  移動・位置による徘徊検知センサ
  G喃◆η嘶検知センサ

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、特別養護老人ホームの見守り機器のニーズ関する調査を行い、このほどその結果をまとめましたのでお知らせいたします。

現在、介護市場ではIoT見守りシステムや利用者と会話できるロボットなどが急速に進化し、ケアプラン作成や従事者の業務支援にもAIを活用しようとする動きが増えています。これらの技術の発展と成果は、医療・介護需要の急増が懸念される「2025年問題」の克服にも大きく貢献すると期待されます。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、2016年9月末時点で約7,700件あり、約50万人の要介護高齢者が在所しています。現在も施設数と在所者は増加し続け、2015年度の特養の介護保険費用額は1兆8,608億円に達しました。

この調査では、介護用途のIoT見守り市場を俯瞰するため、まず第1弾として特別養護老人ホームにアンケート調査を実施しました。見守り機器・システムの導入状況や今後の導入意向、ニーズなどをまとめ、特養全体の見守り機器・システムの需要規模を算出しています。

本調査結果の詳細は、市場調査レポート「2018年版 特別養護老人ホームにおける介護IoT見守り機器・システムのニーズ調査 ― 特養225施設の見守り機器・システムの導入・活用状況と今後のニーズ ―」として販売しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9869.html

調査結果のポイント、調査概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

特養老人ホームの 「見守り機器」
  • ベッド周辺の離床・転落センサは84%の施設で導入
  • 未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3は、
    ゝ鐚次Ε肇ぅ貽發療湘欷|離札鵐
    移動・位置による徘徊検知センサ
    G喃◆η嘶検知センサ

本調査では、2017 年 10 月の登録情報をもとに、全国の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)のリストを作成し、都道府県の構成比率を維持しながら無作為に 2,000 件を抽出して、アンケート調査を依頼。225 件の回答を得た。回収率は11.3%。


ベッド周辺の離床・転落センサは84%の施設で導入
導入済み(試験導入含む)見守り機器トップ3

「すでに導入」(試験導入含む)されている見守り機器は、「ベッド周辺の離床・転落センサ」は 84.0%と、最も導入が進んでいる。次いで多かったのは「移動・位置による徘徊検知センサ」と「居室の映像・音声(カメラ)」となった。

2018年〜2020年の需要予測

回答施設における「今後の導入時期」、「台数」、「予算」などから、2018年〜2020年の特養老人ホーム全体の需要予測(金額・台数)を行った。

本需要予測の結果は、市場調査レポート「2018年版 特別養護老人ホームにおける介護IoT見守り機器・システムのニーズ調査 ― 特養225施設の見守り機器・システムの導入・活用状況と今後のニーズ ―」に掲載している。


未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3は、
  ゝ鐚次Ε肇ぅ貽發療湘欷|離札鵐
  移動・位置による徘徊検知センサ
  G喃◆η嘶検知センサ
未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3

調査概要

調査対象
調査対象: 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 2,000施設
回答数 : 225 件 (回収率: 11.3%)
調査項目
(1) 回答施設の属性
(2) 職員・従事者の状況
(3) 日中および夜間のケア体制(配置人数)
(4) 定員数と入居者の状況
(5) 居室および個室の状況
(6) 施設の経営、人材確保・育成、ケア・見守り体制の状況
(7) 見守り機器・システムの導入状況、今後の導入意向
(8) 見守り機器・システムが必要な入居者の人数(台数)
(9) 今後の見守り機器・システムの導入・増強・更新予定
(10) 機器・システムの検討者と重視項目
(11) 初期導入費用と月額維持費用
(12) ケア業務や夜間の見守りに必要なセンサ情報
(13) 見守りにまつわる課題と、機器・システムに対するニーズ
■調査期間
2017年11月

調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名
2018年版 特別養護老人ホームにおける介護IoT見守り機器・システムのニーズ調査
― 特養225施設の見守り機器・システムの導入・活用状況と今後のニーズ ―
発刊日/体裁
2017/12/11  A4/186ページ
販売価格
書籍版        129,600円(税込)
書籍+PDFセット版  162,000円(税込)
本書のポイント
■特養の見守り機器・システムの導入状況、今後の導入意向について、
 225施設のアンケート結果を集計 (シリーズ第1弾)
■従事者・居室・在所者の状況、日中・夜間の見守り体制、施設の経営課題、
 見守り機器・システムの導入状況・今後の導入意向
■選定者と重視項目、今後必要な機器種類・センシング情報、必要台数・
 投資時期・予算、今後の需要規模
目    次
はじめに
調査概要
第1章 調査結果の要約
総括/介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の全体状況/アンケート結果の要約
第2章 アンケート結果の詳細
アンケート調査の実施概要と回答施設の属性/職員・従事者の状況/ 日中および夜間のケア体制(配置人数)/定員数と入居者の状況/ 居室および個室の状況/施設の経営、人材確保・育成、ケア体制の状況/ 施設の経営課題と対策(自由回答)/見守り機器・システムの導入状況と、 今後の導入意向/見守り機器・システムが必要な入居者の人数(台数)/ 見守り機器・システムの今後の新規導入および増強・更新予定/ 見守り機器・システムの検討者と選定時の重視項目/初期導入費用と 月額維持費用/ケア業務や夜間の見守りに必要なセンサ情報/ 見守りにまつわる課題、機器・システムへのニーズ(自由回答)/調査票
第3章 参考資料 (関連分野の統計データ)
人口構造の今後の変化と社会の高齢化/社会保障給付費の将来推計/ 介護保険サービスの利用者数・費用額の動向/介護保険サービスの 事業所数・従事者数・利用者数の動向
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得