プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 1月12日発表

47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況 − 調査結果

2017/01/12

[調査結果のポイント]
• 地域特性に合わせたエネルギー源利用が鮮明に。
 47都道府県のエネルギー源別設備導入容量トップ3は、
  太陽光発電………… ^饐觚 愛知県 千葉県
  風力発電…………… \朕晃 ∨務て察´秋田県
  中小水力発電……… …耕邯 ∨務て察´新潟県
  地熱発電…………… ‖臺県 熊本県 鹿児島県
  バイオマス発電…… ‥豕都 ∪轍県 B膾緝
• エネルギー源別設備導入容量は、太陽光が最も多く87%。
 次いで、風力8%、バイオマス4%水力1%、地熱0.03%
• 国内の再生可能エネルギー関連市場は、2020年に9,700億円と予測

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、全国47都道府県の再生可能エネルギー導入状況の調査を行い、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

東日本大震災を契機として、再生可能エネルギーの導入機運が一段と高まっています。2012年には再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートし、太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入が急速に進んでいます。

2016年11月には、2015年のCOP21で採択された地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」が発効しました。これにより、日本政府並びに産業界では二酸化炭素排出削減に向け一層の努力が必要とされています。石油由来の化石燃料等に代わり、再生可能エネルギーの導入拡大が、温暖化防止の大きなファクターとなるものと期待されます。

こうした再生可能エネルギーを取り巻く状況を踏まえ、全国47都道府県の再生可能エネルギーの導入状況、先進的な取り組み、補助金を含めた予算、今後の目標や課題等について調査を行いました。

本調査結果の詳細は、市場調査レポート 「 2017年版 地方自治体における再生可能エネルギー政策の現状と分析 ~持続可能なスマートシティ実現に向けた取り組み~ 」 に掲載しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9485.html

本調査結果のポイント、調査概要、調査結果掲載レポートの概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

地域特性に合わせたエネルギー源利用が鮮明に。
47都道府県のエネルギー源別設備導入容量トップ3は、
 太陽光発電………… ^饐觚 愛知県 千葉県
 風力発電…………… \朕晃 ∨務て察´秋田県
 中小水力発電……… …耕邯 ∨務て察´新潟県
 地熱発電…………… ‖臺県 熊本県 鹿児島県
 バイオマス発電…… ‥豕都 ∪轍県 B膾緝

主要な再生可能エネルギーである「太陽光」、「風力」、「中小水力」、「地熱」、「バイオマス」について、エネルギー源別の設備導入容量をみると、それぞれの地域の特性に合わせたエネルギー源の利用となっている。
エネルギー源別・都道府県別設備導入容量の上位10地域(地熱は上位7地区)は以下の通り。
東京都、大阪府など人口の多い都市部で、バイオマス発電の開発が進んでいる点が特徴的である。地熱発電については、まだ総量自体が小さく、景観・風況との関係で開発には時間がかかると予想される。

エネルギー源別設備導入容量トップ10
エネルギー源別設備導入容量は、太陽光が最も多く87%。
次いで、風力8%、バイオマス4%水力1%、地熱0.03%

平成28年8月末時における再生可能エネルギー発電設備の導入容量は、太陽光発電が87%と9割近くを占めている。

再生可能エネルギー設備導入容量のエネルギー源別割合のグラフ
国内の再生可能エネルギー関連市場は、2020年に9,700億円と予測

再生可能エネルギー関連の市場規模は、2016年(平成28年)で8,816億円規模と推定した。
地球温暖化防止策の施策実行で、2017年(平成29年)は2.3%の成長拡大9,022億円。2020年(平成32年)は東京五輪に向け水素社会の構築で低炭素化社会等のピーアール効果などでの投資が牽引し、9,700億円、2025年(平成37年)から2030年(平成42年)時においても、引き続き地球温暖化防止施策が進行し、1兆円を超える市場規模と予測した。

再生可能エネルギー関連の市場規模

調査概要 

調査対象
全国47都道府県
調査方法
弊社保有情報整理、オープンデータ収集、ヒアリング調査
調査期間
2016年9月〜2016年12月

調査結果掲載レポートの概要

レポート名
2017年版 地方自治体における 再生可能エネルギー政策の現状と分析
〜持続可能なスマートシティ実現に向けた取り組み〜
発刊日
2017年1月6日
体裁
A4 / 283ページ
発行
株式会社シード・プランニング
販売価格
120,000円+消費税
概要目次
※目次詳細は本書HP
   http://store.seedplanning.co.j/item/9485.html をご参照ください。

はじめに
調査概要
. 総括編
  01.再生可能エネルギー
  02.再生可能エネルギー導入の意義
  03.再生可能エネルギー導入の課題
  04.再生可能エネルギー市場
  05.47自治体の概要
  06.水素社会への取り組み
供ゼ治体個票編(47都道府県)
 自治体個票編の調査項目
  ・ 概要
  ・ エネルギー消費量
  ・ 再生可能エネルギーの導入容量
  ・ 予算概要/環境対策事業
  ・ 再生可能エネルギーの実績と主要な取り組み
  ・ 水素エネルギーの取り組み
  ・ 市区町村の取り組み
  ・ 再生可能エネルギー等、新エネルギーの担当部門
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 林(はやし)・関原(せきはら)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得