プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 3月10日発表

国内の再生医療周辺産業(*)の市場規模予測

2017/03/10

国内の再生医療周辺産業(*)の市場規模は、
→ 2020年に約800億円
→ 2025年に約2,700億円
→ 2030年に約6,100億円に達すると予測

(*) 再生医療や再生医療研究において用いる装置・設備や試薬、サービス等を提供るビジネス

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、再生医療周辺産業に関する調査を行い、このほど、その調査結果を取りまとめましたのでお知らせいたします。

2012年10月に山中伸弥京都大学教授のノーベル生理学・医学賞受賞が決まって以降、特にiPS細胞を中心とする再生医療の分野は、iPS細胞を使った再生医療の研究施設・設備整備への支援などが盛り込まれるなど国の後押しもあります。さらに、2014年11月には改正薬事法「医薬品医療機器等法」および「再生医療等安全性確保法」が同時施行され、再生医療の実用化、新産業形成に向けての動きがさらに加速すると期待されています。

調査結果の詳細は、5月発刊予定の市場調査レポート「 再生医療周辺産業の現状と将来展望 2017 」に掲載いたします。

調査結果のポイントは次の通りです。

調査結果のポイント

国内の再生医療周辺産業の市場規模は、2020 年に約800億円、
2025年に約2,700億円、2030 年に6,100億円に達すると予測
国内の再生医療周辺市場 市場規模予測

調査対象は、以下の4分野。
 (1) 装置類
 (2) 消耗品類
 (3) サービス
 (4) 創薬応用

上記4分野について以下の3用途について普及予測・市場規模推移を想定した。
 (1) 臨床・製造用途
 (2) 基礎研究用途
 (3) 創薬研究用細胞

調査概要

調査方法
企業への訪問ヒアリング
公開情報、学会、展示会からの情報収集
調査期間
2016年6月〜2017年3月
調査内容
✓ 再生医療の周辺産業の市場概要
✓ 再生医療周辺製品・周辺サービスの注目品目別市場動向
  ・ 装置類(細胞加工施設、自動培養装置等)
  ・ 消耗品類(培地、試薬類、培養容器等)
  ・ サービス(輸送、製造受託、臨床研究受託等)
  ・ 創薬応用(iPS細胞由来細胞等)
✓ 市場規模予測
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 塩川(しおかわ)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得