プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 8月31日発表

新刊案内

2017/08/31

教育分野における
人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用事例と市場展望
[本書の特長]
人工知能・ビッグデータ・VR/ARの教育分野での最新活用事例を徹底調査
→ どのように使われているのか、最新活用動向がわかる
→ 2030年までの普及率を教育現場別に予測
→ 教育ICTの変遷・現状と課題も整理掲載

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、市場調査レポート「教育分野における人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用事例と市場展望」を発刊しましたのでお知らせいたします。

教育ICT 化が長年叫ばれ続け、学校でのICT 機器の普及や校内LAN の整備が進むと共に、ARやVRを活用した学習コンテンツや、人工知能、ビッグデータを活用した教育を支援する製品・サービスも動き出しています。

また、従来の「知識重視型教育」から「生きる力を育む教育」へと目指すべき教育の在り方が変わり、主体的・対話的な学びの充実のため、ICT の効果的な活用は今後の教育現場において重要視されると考えられます。

このような背景を踏まえ、本書では、学校教育の情報化が始まった1960 年代から現在に至るまでのICT 化の歴史をまとめ、教育ICT 化の現状を把握した上で、/郵知能、▲咼奪哀如璽拭↓VR/AR について教育分野での活用・研究事例を紹介しています。更に、2017 年から2030 年までの各技術の動向と普及率を「公立 小・中・高校」「私立 小・中・高校」「学習塾」「大学(短期大学・高等専門学校を含む)」「社会人教育(専門学校)」「一般企業(上場企業)」の6 つに分類し予測しました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9769.html

本書の特長、掲載例、本書の概要は以下の通りです。

本書の特長

人工知能・ビッグデータ・VR/ARの教育分野での最新活用事例を徹底調査
  どのように使われているのか、最新活用動向がわかる

あらゆる産業で活用が進んでいる、/郵知能、▲咼奪哀如璽拭↓VR/AR が、教育分野でどのように活用され、どこに向かうのか? 最新の活用事例37事例について調査を行いました。
このうち、14事例(人工知能:4事例、ビッグデータ:5事例、VR/AR:5事例)は詳細な取材を実施。23事例(人工知能/ビッグデータ:12事例、VR/AR:11事例)は公開情報をもとに整理・分析しています。

調査対象事例

調査対象事例

調査項目

• 詳細な取材を行った14事例
  1)企業概要    2)製品・サービス概要   3)開始時期  4)開発経緯
  5)ターゲット   6)技術の特徴・メリット  7)価格体系  8)規模・実績
  9)プロモーション 10)顧客動向   11)課題と今後の展開  12)市場動向・市場展望

• 公開情報をもとに整理掲載した23事例
  1)企業概要  2)製品・サービス概要 または 研究の概要  3)展開動向


掲載例 (個票イメージ)

掲載例 (個票イメージ)
2030年までの普及率を教育現場別に予測

企業・研究機関へのヒアリングをもとに、2017 年から2030 年までの人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用の動向と普及率を予測しました。
教育現場を、「公立 小・中・高校」「私立 小・中・高校」「学習塾」「大学(短期大学・高等専門学校を含む)」「社会人教育(専門学校)」「一般企業(上場企業)」の6 つに分類し、人工知能・ビッグデータ・VR/ARごとにそれぞれの普及率を予測しました。

<掲載例> 人工知能の普及予測

<掲載例> 人工知能の普及予測

※ 学校数・企業数について
「公立 小・中・高校」「私立 小・中・高校」「大学」「社会人教育」は 2017 年 8 月 3 日公表の文部科学省による学校基本調査から、「学習塾」は 2016 年 8 月3 日公表の経済産業省による平成 27 年特定サービス産業実態調査から引用。「一般企業」は日本取引所グループ発表の上場企業数を引用。


教育ICTの変遷・現状と課題も整理掲載

1960年代後半からの教育ICTの変遷を「国の動向」「その他の動向」「人工知能」「ビッグデータ」「VR/AR」に分類して掲載しています。

<掲載例>

<掲載例>

調査概要

調査対象
37事例(詳細は上述「本書の特長」を参照ください。)
調査方法
• 訪問ヒアリング・・・14事例
• 公開情報・文献調査・・・23事例
調査項目
• 訪問ヒアリング
  1)企業概要 2)製品・サービス概要 3)開始時期 4)開発経緯 5)ターゲット
  6)技術の特徴・メリット 7)価格体系 8)規模・実績 9)プロモーション 10)顧客動向
  11)課題と今後の展開 12)市場動向・市場展望
調査期間
2017 年5月〜2017 年8月

本書の概要

レポート名
教育分野における人工知能・ビッグデータ・VR/AR活用事例と市場展望
発刊日/体裁
2017/8/31  A4/162ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  129,600円(税込)
書籍+PDF セット版  172,800円(税込)
目    次
はじめに
調査概要
第1章 総括
  本レポートについて/教育ICTの変遷 概略図/教育ICT化の歴史と全体像/
  人工知能・ビッグデータ・VR/ARの教育活用の現状と今後
第2章 ヒアリング・事例研究の結果
  ヒアリング調査の結果/事例研究の結果
第3章 ヒアリング調査個票【人工知能編】
  サインウェーブ、リクルートマーケティングパートナーズ/
  リクルート次世代教育研究院、COMPASS、すららネット
第4章 ヒアリング調査個票【ビッグデータ編】
  デジタル・ナレッジ/ニュートンジャパン/エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ/
  アクティブブレインズ/早稲田大学人間科学部・大学院 人間科学研究科 松居辰則研究室
第5章 ヒアリング調査個票【VR/AR編】
  明治図書出版/富士通/加藤文明社印刷所/テクノブロード/東京書籍
第6章 事例研究個票【人工知能/ビッグデータ編】
  掲載事例は「本書の特長」の項の調査対象を参照
第7章 事例研究個票【VR/AR編】
  掲載事例は「本書の特長」の項の調査対象を参照
第8章 参考資料
  学校におけるICT環境整備状況/学校関連 統計情報
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得