プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2016年

プレスリリース

2016年発表

2016/12/28

新刊案内

2016年版 高齢者向け住宅 生活支援サービスの市場動向調査
〜高齢者が安心して暮らし続けられる住まいづくり〜
[本書のポイント]
株式会社が運営する高齢者向け住宅の主要運営事業者53社を調査。
市場動向、サービス動向がわかります。
• 2010年〜2015年の決算(売上・営業利益等)推移
• 2010年〜2015年度の住宅種類別運営施設数・居室数推移
• 介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、
 グループホームの住宅種類別運営施設数・居室数推移、運営住宅一覧
• 2016年9月末現在の住宅種類別運営居室数ランキング
• 2016年9月末現在の都道府県別運営居室数ランキング
• 「高齢者が安心して暮らし続けられる住まいづくり」で提供している独自サービス

2016/12/27

EAP(*)・メンタルヘルス市場動向調査 − 調査結果

[調査結果のポイント]
進む企業・団体のメンタルヘルス対策
• 企業・団体のメンタルヘルス対策取り組み状況は、
 → 9割以上が「体制整備」「専門職スタッフ確保」。外部委託せず
   社内のみで実施する企業・団体が増加。
 → 「ストレスチェック」は、約9割が実施。外部委託する企業・団体が増加傾向。
• メンタルヘルス対策優先順位上位は「長時間・過重労働」「うつ病等の精神疾患」
 「パワハラ・セクハラなどのハラスメント」
• EAP・メンタルヘルス関連市場は2020年に217億円になると予測

2016/12/26

ヘッドハンターの転職サイトの利用動向調査 − 調査結果

[調査結果のポイント]
ヘッドハンターの、
• 求職者情報収集方法の主力は、「人からの紹介」、「転職サイトの活用」
• 探す人材は、「管理職」や「特化した人材」が多い
• 利用したことがある転サイトは、「ビズリーチ」、「エン転職」、「リクナビNEXT」など
• 評価が高いサイトは、
  → 管理職を探す場合 .咼坤蝓璽繊´▲螢ナビNEXT エン転職
  → 特化した人材を探す場合 .螢ナビNEXT ▲咼坤蝓璽繊
    (営業、会計、財務、人事系)エン転職、(製造、IT系)@type

2016/12/21

「ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ調査」調査結果

「日常生活支援」「介護」に関するサービスに強いニーズ
• 1都3県に在住する55-69歳の男女600人を対象に調査
• 通常のアンケートに加え、自由記述をテキストマイニングで分析
• テキストマイニングの結果からも「日常生活支援」「介護」に関するサービスに
 強いニーズがあることがあらためて浮き彫りになった

2016/12/20

国内の高齢者/病者用食品市場規模 −調査結果−

• 高齢者用食品市場は、2015年で約1,170億円の市場規模。今後、堅調な成長を続け
 2020年には1,400億円市場になると予測。
• 病者用食品市場は、2015年で約336億円の市場規模。今後、年率103%程度の成長を続け、
 2020年には400億円に迫る。

2016/12/19

新刊のお知らせ

地域包括ケアシステムに向けた
かかりつけ薬剤師・薬局の現状と今後の展望
[本書のポイント]
かかりつけ薬剤師・薬局制度についての調査レポートです。
本書から次のことがわかります。
 → 制度の背景と制度の詳細
 → 薬剤師・薬局の意識/抱える課題/今後の取り組み
   (薬剤師111人にアンケート調査)
 → 制度を新たなビジネスにどう生かすか

2016/11/22

認知症ケアサービス市場を予測

認知症ケア支援サービスの市場規模は、
→ 2016年約230億円、2020年には約433億円、4年で1.9倍に
→ 2025年には約679億円と予測
→ 保険を中心とした日常在宅ケア領域が伸びる

2016/11/18

今話題の “AIと医療・ヘルスケア” をまとめた最新レポート
「人工知能が変える医療・ヘルスケア」を発刊

[本書の特長]
 医療・ヘルスケア領域の、
 • 人工知能活用事例がわかります
 • ベンチャー企業の活躍がわかります
 • 人工知能をめぐる行政動向がわかります
 • 参入企業の動向がわかります

2016/11/15

国内のモバイル通信・サービスの法人市場動向

国内法人モバイル通信回線契約数は、
 • 2021年度 スマートフォン(タブレット回線有り含)2,400万、
  フィーチャーフォン160万、M2M通信モジュール1,520万と予測
   → 2015年比 スマートフォン (タブレット回線有り含) は約2倍に増加
    M2M通信モジュールは約3倍に増加

国内法人モバイル通信費用市場は、
 • 2021年度 1兆6,742億円と予測
   → 2015年比約1.28倍の成長
    (2015年の市場規模は1兆3,104億円と推定)
   → スマートフォン(タブレット回線有り含)は、2015年度1兆224億円
    から2021年度1兆4,880億円と予測
   → M2M通信モジュールは、2015年度240億円から
    2021年度486億円と予測

2016/11/10

新刊市場調査レポートのお知らせ

“モビリティ関連のシェアリングエコノミー“の市場動向をまとめた最新レポート
「2016年版 シェアリングエコノミー市場動向 [モビリティ編]」を発刊
[本書の特長]
 • シェアリングエコノミー(モビリティ)と「自動車市場」「ハイヤー・タクシー市場」
  「レンタカー市場」の動向を整理
 • シェアリングエコノミー・モビリティ市場への異業種参入動向を網羅
 • 投資から見えてくる各企業の参入戦略
 • シェアリングエコノミーに関する制度と検討状況を整理
 • 2020年の日本のカーシェアリング/ライドシェアリング市場を予測
   → カーシェアリングは1,211億円、ライドシェアリングは849億円と予測

2016/11/08

新刊調査レポートのお知らせ

再生可能資源から作られるバイオ化学品市場動向の最新レポート
「グリーンケミカル市場の現状と展望【海外編】」を発刊
 • 海外のバイオ化学品開発・製造企業93社と、75種類の化合物のバイオ化状況を調査。
 • 開発状況と生産能力を化合物別、企業別に一覧化、2020年までの生産量を予測。
 • NASAの評価手法「TRL(技術成熟度)」により開発状況を評価。
 • 主要な樹脂10種のバイオ化について、製造経路、開発状況と展望、市場規模・関連情報を整理。
 • 化合物75種類、企業55社を個票にまとめ、解説。

2016/11/04

新刊調査レポートのお知らせ

今話題の“VR”の市場動向をまとめた最新レポート
「VRの業務用・民生用の市場動向とAR/MRの関係」 を発刊
[掲載内容]
 • VR・AR・MRの定義/位置付けを解説
 • 有識者から見たVRの現状、問題点、課題
 • HMDの製品・業界動向(38種類の製品リスト、価格帯分析、主要製品)
 • VRの業務用・民生用の導入事例・関連企業動向
 • VR、ARの市場規模予測−2020年にVR市場はハード+ソフトで1兆円に

2016/10/27

2020年の地域医療連携システムの市場規模予測

[調査結果のポイント]
• 地域医療連携システムの市場規模は、2020年度に約128億円
  → 2015年度(約89億円)の約1.4倍に拡大
  → 初期導入費+リプレース費用が5割、運用費が5割の構成
• ネットワーク数は、2015年度の196から2020年度には280に拡大すると予測
• 参加医療機関は、調剤薬局が飛躍的に増え2015年度比6倍強、診療所が2015年度比で倍増

2016/10/25

転職サイトの利用動向調査 − 調査結果

[調査結果のポイント]
• 登録・利用しているサービス トップ5
  → 「リクナビNEXT」「エン転職」「マイナビ転職」「DODA」「ビズリーチ」
• 登録・利用しているサービスの評価
  → 「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」と評価された
   サービス トップ3は、「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」
• 年収800万円以上の人の傾向
  → 登録・利用しているサービス トップ5は、「リクナビNEXT」「ビズリーチ」「エン転職」
   「マイナビ転職」「DODA」
  → 「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」と評価された
   サービス トップ3は、「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」

2016/10/21

調査結果

中国医療機器市場の動向と展望
[調査結果のポイント]
• 中国医療機器市場(生産高)は、
  → 2015年4兆円を突破、2010年に比べ約2倍に拡大
  → 2025年には8兆円を超えると予測
• 輸入医療機器は、
  → 2015年で1.8兆円
  → 日本からの輸入医療機器の承認件数は401件で米国、ドイツに次ぐ第3位
• 上場医療機器企業の売上伸び率は20.6%、全体平均(11.6%)を大きく上回る

2016/10/18

最新調査レポートのお知らせ

「FinTechの日米最新市場動向とビジネスチャンス」
[本書のポイント]
• 日本のFinTech市場概況・課題と分野別市場の推計、官公庁の動向がわかります
• 日米主要企業のビジネス動向がわかります
 → 日本の金融機関4社、ICTベンダー5社、スタートアップ企業11社の取り組み・
   組織体制などの個票を掲載
 → 米国のスタートアップ企業28社の概要を掲載
• FinTechがもたらすビジネスチャンスがわかります
 → ビットコイン取引高予測、家計管理ソフト利用数予測、会計ソフトクラウド化率
   予測などを掲載

2016/10/13

新刊レポート案内

医薬品販売提携のすべて
−成功の秘訣は何なのか−
[本書のポイント]
• 医薬品販売提携の企画、交渉のポイントがわかります
  (英文販売提携契約書(案)付)
• 2009〜2015年のコ・プロモーション、コ・マーケティング事例がわかります

2016/09/29

シンポジウム開催のご案内

−ブルー水素社会を目指して− 水素・再生エネ社会の事業機会を探る
〜 ブルーカーボン社会、エネルギー産業の専門家による講演とディスカッション 〜
• 日 時 2016年10月12日(水) シンポジウム:15:00〜18:00
                  懇親会:18:10〜19:30
• 会 場 シード・プランニング セミナールーム
• 参加費 シンポジウム:1社 32,400円(税込)/1社3名まで
     懇親会:1名 2,000円(税込)
• 主 催 水素・再生エネ社会の事業機会研究会
      (旧 水素社会の事業機会研究会)
• 事務局 株式会社 シード・プランニング

2016/09/27

再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望 −調査結果−

• 国内の再生医療市場
 → 2015年の市場規模は、約140億円と推計。約9割が 「がん免疫細胞療法」や
   「美容領域」等の保険外診療。
 → 2020年以降、iPS細胞由来の再生医療等製品が徐々に承認され、市場は急速に拡大。
 → 2030年の市場規模は、2015年比約78倍の約1兆1,000億円を超えると予測。
• 世界の再生医療市場
 → 2015年の市場規模は、約1,200億円と推計。米国が約70%。
 → 今後、新興国での再生医療普及で市場が急拡大。
 → 2030年の市場規模は、2015年比約106倍の約12兆8,000億円と予測。

2016/09/23

セミナー開催のご案内

アジアの医薬品市場セミナー
 テーマ 中国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムの医薬品市場
 日 時 2016年9月29日(木)13:30〜17:20
 会 場 シード・プランニング セミナールーム
 参加費 27,000円(税込)
 主 催 シード・プランニング

2016/09/21

新刊調査レポートのお知らせ

遺伝子治療薬・細胞治療薬のレギュラトリーサイエンス
−実用化・製造販売承認を目指したグローバルな研究開発−
 • 日米欧における遺伝子治療薬・細胞治療薬・組織治療薬の研究開発に関する
  レギュラトリーサイエンスをこの一冊に集約
 • 製造販売承認に必要な試験・評価・資料等について解説

2016/09/16

”法人向け名刺管理サービス” 市場動向調査結果

• 法人向け名刺管理サービスの市場は、2020年に68億円に
• 今後、クラウドやSFA/CRMとの連携で、広義の市場はさらに広がる可能性
• シェアトップ3は「Sansan」、「キヤノンエスキースシステム」、「ヤマトシステム開発」

2016/09/14

”スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー” 市場動向調査結果

• スマートフォン需要一巡で、周辺機器・アクセサリー市場は3〜8%成長へ
  → 対前年伸び率は2017年〜2020年は3〜8%程度、2020年の市場は3,680億円と予測
• 流通チャネルは、家電量販店からWeb通販、その他店舗へ
• 競争激化でメーカー別シェア分散傾向、撤退・事業縮小の事業者も
• スマホ画面の大型化、長時間使用などに対応する商品が売れ筋に

2016/09/08

飲食店向け予約台帳システムの業界動向・導入状況を調査

飲食店向け予約台帳システム21社を調査
 • サービス開始時期は、最も早い企業が2007年、2013年参入が最も多い
 • 2016年の予約台帳システム(有料)契約店数は約17,000店の見込み、
  潜在市場は約8.3万店と推定
 • シェアトップ3は 「トレタ」「エビソル」「VESPER](2016年7月末現在)
 • 2020年度末の契約店数は82,000店になると予測

2016/09/06

住宅用太陽光発電・蓄電システムの流通・販売動向と展望−調査結果

住宅用太陽光発電システムの流通・販売動向
 • メーカー、販売店とも非住宅用から住宅用に軸足をシフト
 • 2015年度の販売台数は約20万件、 新築向け約40%、既築向け約60%
  流通経路は、新築向けの6割強をハウスメーカーが、既築向けは5〜6割を大手販売店が販売
 • メーカーシェアトップは、新築向けがシャープ、既築向けがパナソニック
 • 今後は新築向けが増加の傾向、ハウスメーカーからパワービルダー・ビルダー・
  工務店に裾野が広がる
住宅用蓄電システムの流通・販売動向
 • 住宅用太陽光発電は「売電」から「蓄電して自家消費」へ
 • 太陽光発電システム販売店の次の商材として蓄電システムを扱う販売店が増加
 • 補助金に頼らない販売ノウハウが出来つつある

2016/08/01

FinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査

• ビットコイン取引高は、
 → 2016年上半期は約780万ビットコイン (約4,300億円)
 → 2016年下半期は約3,000万ビットコイン、2017年には1億5000万
   ビットコインの取引高になると推定
• 取引高トップ3は、 bitFlyer、 BTCボックス、 QUOINE
• 現在の取引の大半は投資目的だが、今後は、利用用途が拡大

2016/07/29

上海・深圳証券取引所に上場している医薬品企業127社を調査

[調査結果のポイント]
上海・深圳証券取引所に上場している医薬品企業127社を調査
• 上場医薬品企業の売り上げ伸び悩む
  → 売上高1000億円超えた企業は20社、伸び率20%超えた企業は36社
• 研究開発費の対売上高比率は日本の2割程度
  → 売上高研究開発費率が10%を超えた企業は5社、半数企業は4%以下

2016/07/27

新刊市場調査レポートのご案内
衛星測位システムと関連事業の将来分析
- 準天頂衛星システムを利用したビジネス展望 -

[本書の特徴]
準天頂衛星 (日本版GPS) について、
”衛星測位システム概説”から、初号機 「みちびき」 を利用した”利用実証
実験の成果”、”経済効果”、”ビジネス展望”などをこの1冊にまとめました。
 → 特に、利用分野別実証実験の成果掲載は他書に類を見ません
 → 利用実証が行われている分野での経済効果は、
   2020年で2兆641億円、2025年で2兆3,779億円と予測
 → 一般財団法人 衛星測位利用推進センターに編集協力いただきました

2016/07/22

調査レポートのお知らせ 脂質異常症の診断・治療の現状と将来展望

[本書のポイント]
• 脂質異常症の診断と治療の現状がわかります
• アンメットニーズ・課題、診断・治療展望がわかります
• 2020年までの有病者数、治療薬市場規模を推定しました

2016/07/20

スマートフォン/タブレットユーザーのアクセサリー購入動向

2016年調査のポイント
• よく買われる商品は、
 .バー/ケース、画面保護フィルム、モバイルバッテリー
 → 4年間、トップ ↓△亙僂錣蕕覆いモバイルバッテリーの順位が上昇
• よく買われる場所は、_氾杜免療后↓Amazon、7搬單渡奪轡腑奪
 → 4年間、トップ3に変化はないが、Amazon、スマホアクセサリー専門店、100円ショップの購入率は上昇
 → 主要7製品では、家電量販店がトップ維持するも購入率は年々低下、Amazonの購入率は増加
• カバー/ケース、画面保護フィルムの購入価格帯は年々上昇
 → 手帳型を好むユーザー増加と画面保護フィルムの高機能化が背景

2016/07/12

農業IT化の市場予測

農業IT化の市場規模は、
● 2020年に732億円強と予測
 → 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)
● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展
 → 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める

2016/06/27

2015年度の携帯電話販売代理店動向

2015年度の携帯電話販売代理店動向
• キャリアショップは減少傾向、2015年度は前年比69店減少の8,488店
• 上位・有力30代理店の販売台数シェアは減少
• 上位・有力30代理店の1台あたり営業利益は増加傾向

2016/06/23

地域医療福祉情報連携協議会(*)主催  第9回シンポジウム開催のお知らせ

2025年を見据えた地域医療福祉情報連携ネットワークの推進
  日 時:6月28日(火)  シンポジウム  10:00〜17:00
               展示会      9:30〜17:00
               情報交換会    17:10〜18:30
  会 場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2階 sola city Hall
  参加費:[シンポジウム]
      ✓ 当協議会会員、自治体・行政、医療関係者、介護関係者…無料
      ✓ 上記以外の企業・団体関係者ほか … 5,000円(税込)
      [情報交換会]… 3,000円(税込)
  主 催:地域医療福祉情報連携協議会
  共 催:NPO法人 地域医療情報連携推進機構
  後 援:総務省(申請中)、厚生労働省、経済産業省

2016/06/22

コミュニケーション&テレプレゼンスロボット(*)の市場規模予測

コミュニケーション&テレプレゼンスロボットの市場は大きく拡大し、
2024年には2015年比25倍強の473億円になると予測。
受付、介護、見守りなど幅広い分野での導入が見込まれる。

2016/06/10

2020年の遠隔診療関連サービスの市場規模を予測

2020年の遠隔診療関連サービスの市場規模は、
 → 2016年比約2.5倍の192億円と予測。
 → 遠隔での健康相談サービス、保険診療が市場をけん引する。

2016/06/01

調査レポートのご案内

平成27年度 高齢者介護関連施策 当初予算概要一覧(関東編)
[本書の特徴]
• 1都6県合計136区市の平成27年度高齢者介護関連施策・予算を一覧化
  (Excelデータをセット)
• 事業名称および事業の概要を基に、介護予防、認知症、協議体設置、見守りなど、
  18カテゴリーに分類

2016/05/30

シンポジウムのお知らせ

公開シンポジウム
個別化医療および個別化予防の実現を目指すコホート研究
  〜今後のデータシェアリングを見据えて〜
[開催概要]
 日 時 2016年6月17日(金)
     シンポジウム 13:15〜16:45/交流会 17:00〜18:00
 会 場 時事通信ホール
     〒104-8178 東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル2F
 定 員 300名(お申し込み受け付け順)
 参加費 シンポジウム:無料 / 交流会:4,000円/人 (税込)
 主 催 株式会社シード・プランニング
 共 催 近未来医療フォーラム

2016/05/16

新刊調査レポートのお知らせ

2016年版 地方創生プロジェクトとIT利活用事例
[本書の特徴]
地方創生プロジェクトと、持続可能なIT利活用モデルを検証
 • 地方創生関連予算と制度
 • 地方創生の課題と今後の方向性
 • 国家戦略特区・地方創生特区の動向
 • IT利活用モデルの詳細
 • 豊富な参考資料

2016/05/12

近刊調査レポートのご案内

水素社会の事業機会研究会 公開シンポジウム 講演録
水素社会の進捗と展望
[本書の特徴]
水素社会に向けて国・自治体・企業・研究機関の動向がわかります。
• 先端的な研究開発の状況
• 事業化の方向性と課題
• 社会受容性向上のための取り組み

2016/05/10

新刊調査レポートのお知らせ
2016年版 医薬品企業120社の組織図

[本書の特徴]
日本にある製薬企業144社の組織図を一挙掲載
• M&A、事業再編続く製薬企業の創立時からの企業変遷がわかります
• 25社は、英語の組織図も並記しました
• 3年前、9年前、16年前の組織図も電子データで提供

2016/05/09

新刊調査レポートのお知らせ

次世代診断/検査ビジネスの事業動向と将来展望
〜予防医療・個別化医療を目指した検査開発の現状と課題〜
[本書のポイント]
ゲノム、プロテオーム、メタボローム、マイクロバイオームなど次世代診断技術を利用した
検査サービスの国内動向・サービス市場を調査。
この一冊で次世代診断/検査ビジネスの事業動向と将来展望がよくわかります。
• 国内参入企業・機関の事業動向一覧を掲載
• 国内における自由診療や健診などにおける次世代診断/検査サービスの現状と課題

2016/04/14

クライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール) 市場を調査

クライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール) を扱う主要5社を調査
 ◆ 2015年のクライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール)
   市場は31億円 (オンプレミス型12.7億円、クラウド型18.3億円)
 ◆ オンプレミス型の上位企業は「オーシャンブリッジ」 「インターコム」
 ◆ クラウド型の上位企業は 「アールサポート」 「オプティム」

2016/04/12

新刊調査レポートのお知らせ
2016年版 世界のウェアラブル市場の普及と展望

世界のウェアラブル市場の動向と将来展望がこの1冊でよくわかります。
[掲載内容]
• 2025年までの世界のウェアラブル市場規模予測
  → ウォッチ型/ブレスレット型/メガネ型等形状別台数、金額予測
• 参入事業者の市場参入背景と取り組み、ビジネスモデル
• 消費者動向
• 海外市場動向

2016/03/25

ビデオコミュニケ-ション市場の市場予測

国内のビデオ会議・Web会議・音声会議等のビデオコミュニケーション市場は、
  ◆ 2016年に488億円の市場と予測、2015年比107%
  ◆ シェアトップは、
     ビデオ会議…シスコシステムズ、
     Web会議…ブイキューブ
     MCU…ポリコム

2016/03/24

電子カルテ/PACSの市場規模動向

◆ 電子カルテ市場は2018年に2,560億円に。
  2015年比433億円の増加。病院向けが順調に伸びる。
◆ PACS(※)市場は2018年に485億円に。
  病院用は横ばい。診療所需要が若干伸びて2015年比12億円の増加。

2016/03/17

新刊調査レポートのお知らせ
2016年版 患者数の動向と疫学 第1巻、第2巻、第3巻

[本書の特徴]
・ 平成26年 『患者調査』 (2015年12月発表)データを反映。
・ 専門スタッフが2035年までの将来患者数予測を実施、過去(1984年)からの
  患者数推移をグラフ化。
・ 各傷病の関連統計・疫学情報を集約、患者数の総合資料として活用可能。

2016/03/15

<医療介護共同研究会> 地域包括ケアシステム研究会主催
ビジネスモデル小説家・楡周平氏 講演会のお知らせ

テーマ  プラチナタウンと地方創生 〜高齢社会の課題解決型ビジネスモデル〜
日 時  2016年3月25日(金)
     講演:16:00〜17:45、講師を囲んでの懇親会:17:50〜18:50
会 場  シード・プランニング セミナールーム
参加費  講演21,600円(税込) ※地域包括ケアシステム研究会会員は無料
     懇親会 2,000円(税込)
主 催  <医療介護共同研究会> 地域包括ケアシステム研究会

2016/01/29

公開シンポジウムのお知らせ(無料)

     水素社会の進捗と展望
〜2020年に向けた動きとその後を見据えて〜

日   時 2016年2月8日(月) 開場:13:00  シンポジウム:14:00〜17:25
                 懇親会:17:30〜19:30
会   場 東京・御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター 2F sola city Hall WEST
参加費用  シンポジウム・・・無料、懇親会参加費・・・3,000円(税込・1名)

発表年度別アーカイブ

2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 / 
2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得