プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2020年

プレスリリース

2020年発表

2020/11/06

[調査結果]

業務用ビデオコミュニケーション(※)・テレワークの導入・利用実態調査
ビデオコミュニケーション導入担当者(IT決裁権限あり)200名と業務用途のユーザー400名(計600名)に調査。
新型コロナ対応におけるテレワーク・ビデオコミュニケーションの実施状況がわかります。
<調査結果のポイント>
• 各サービス事業者の認知度、導入状況、利用状況…Zoomが1位
• 業種別/従業員数別に利用状況がわかります
自宅での利用状況(開始時期、利用機器、評価点等)…64%が自宅で利用
• PC、スマホ、タブレットへの接続機器(マイクスピーカ、ヘッドセット)がわかります
IT決裁者の今後のテレワーク整備予算の増減意向…50%が今後増やす意向
• 今後の自宅でのビデオコミュニケーションの利用意向、オフィス会議室利用意向がわかります

2020/10/12

調査結果

電子カルテ/PACS(*)の市場規動向
電子カルテ市場規模は、2022年に2,558億円
 → 2020年は前年比299億円減、以降は順調に成長
 → 2020年は新型コロナウィルスによる医療機関のIT投資鈍化
PACS(*)市場規模は、2022年に460億円
 → 2020年は新型コロナウィルスの影響で前年比22億円減と予測
 → クラウドへの移行が進む(2019年1,620施設→2022年2,220施設に拡大)と予測

2020/10/09

新刊案内

「人間拡張技術」市場の未来展望
コロナパンデミックにより急速に現実味を帯び始めた革新的イノベーション
[本書のポイント]
超高齢者社会の日本において、各種制約を超えて、人を「サポートする」ビジネスは
  間違いなく最大の成長市場となる。
 → 知覚拡張市場…2025 年では8,600 億円規模
 → 身体拡張市場…2025 年では183 億円規模
 → 存在拡張市場…2025 年では1,560 億円規模
政府が5年間・1000億円の予算を持つ新型研究開発制度「ムーンショット」に着目し、
  「人間拡張技術」にフォーカス
【拡張】をキーワードに、人間の能力の「増幅」・「再生」・「追加」を目的とした
  国内外の最新研究を調査し、「人間拡張技術」が作る未来の世界の在り方を描く

2020/10/09

国内労働研究分野で初!(*1)国内約600種類の職業(*2)別コロナウィルス感染リスクを分析

• 他人との接触に起因するコロナウィルス感染リスクについて、労働研究分野では
 初めて(*1)となる、国内600種類の職業(*2)を網羅的に分析
職業別の「他者とのかかわりあい」及び「職務上の対人関係スキル」の度合いに着目

2020/10/06

調査結果

企業の採用担当者対象「オンライン採用」に関する調査結果
<調査結果のポイント>
企業の新卒採用、オンライン導入率は約58%。全体の9割が2020年にオンライン採用を導入開始。
2020年の新卒者オンライン採用率は57.6%
新卒者のオンライン採用の導入は、全体の9割が2020年に開始
2020年に新卒者のオンライン採用を導入した理由は「新型コロナウイルス感染症
  拡大対策のため」が全体の約95%
オンライン採用導入のメリットは「感染症対策」が全体の82.8%、
  「場所を選ばない」が全体の72.9%
新卒者オンライン採用の課題は、「応募者の人柄や雰囲気が伝わりづらい」が全体の70.6%、
  「応募者とのコミュニケーションがしづらい」が57.8%
オンライン採用導入企業の75%が、2021年度以降もオンライン採用を継続予定と回答

2020/10/05

調査結果

就活生対象「オンライン就活」に関する調査結果
<調査結果のポイント>
2020年度新卒の就活生(※)の約半数がオンライン面接への対応可否が応募意欲に影響
約半数が、新型コロナウイルス感染症の影響で面接が対面からオンラインへ
約7割がオンラインでの企業説明会や面接を経験
対面ニーズは根強いものの、初期の選考過程においては約3割がオンラインを希望
オンライン面接のメリットは移動時間や交通費の節約
オンライン面接のデメリットは会社や社員の雰囲気が分かりにくいこと
オンライン面接の対応可否について、約半数が応募意欲に影響があると回答
約56%がリモートワーク推奨企業への志望度が上がると回答

2020/09/29

新刊案内

2020年版 SDGs時代の食品容器包装戦略
- ウィズコロナとプラ/バイオプラ、紙・板紙の最新動向 -
<本書のポイント>
食品容器包装に関連する 社会環境、制度を整理して掲載しました
取組事例を36社掲載(ヒアリング9社、文献調査で27社)
 → 食品、飲料の容器包装設計の現状と今後の事業施策がわかります
今後の市場・採用素材トレンドを明確化
 → 2030年の食品容器包装の材料別市場規模は2兆7500億円
  (出荷金額ベース)。2020年比で3,000億円増加。

2020/09/15

withコロナ時代 新社会システムとして2.8兆円の巨大マーケットが誕生

新型コロナウイルス(COVID-19)禍の中、今後、成長が見込まれる
 新社会システム三大市場
「リアル店舗向けソリューション市場」、
 「リモートワーク関連市場」、「テレヘルス(遠隔医療)市場」
を調査
三大市場市場規模予測:今後3年間で2.8兆円の巨大マーケットが誕生
新たな感染対策需要が生まれる600職業をランキング:職業別の感染リスクを分析

2020/09/09

新刊案内

テレワーク支援企業のサービス・デバイスの最新動向
テレワーク・リモートワークを支援するサービス・デバイス提供企業690社の動向分析
<本書のポイント>
テレワークを支援するサービス・デバイス提供企業の動向がわかります
   テレワーク・リモートワークを支援するサービス・デバイスの提供企業690社の
   サービス・デバイスを10機能分野に分類して分析

テレワーク・リモートワーク市場規模(2018年〜2022年)を推計しました
   ✓ 2020年…6,000億円
   ✓ 2022年…9,600億円
参入企業690社のデータCD-ROMを添付

2020/08/28

新刊案内

2020年版 薬局ICT化の現状と今後の展望
〜ポスト・コロナ時代の近未来のIT調剤(電子薬歴・電子お薬手帳・オンライン服薬指導)〜
<本書のポイント>
薬局のICT化はどの程度進んでいるのか?近未来の調剤薬局の姿を俯瞰し、薬局と共に
変革が起きている薬局支援システムの現状と展望を調査しました。
2035年までの薬局支援システム市場規模がわかります
  ➣ 電子薬歴・電子お薬手帳・オンライン服薬指導、それぞれの薬局支援システム市場を推計。
    これら3つの薬局支援システムの他、潜在市場を約1,000憶円超と推計。

薬剤師による服薬指導は対面からオンラインへ
薬剤師と患者をつなぐ電子お薬手帳のパラダイムシフト

2020/08/24

新刊案内

デジタル治療(Digital therapeutics:DTx)の
   受容性と将来展望2020
医師200名、患者520名のアンケート調査(※)結果から、DTxの受容性を検証
<調査結果のポイント>
国内外の治療用アプリ等の認知度は、医師が2割、患者は1割弱
デジタル治療(DTx)に適していると思われる疾患は、慢性疾患が
  上位となるが、医師と患者で期待が異なる疾患もあり
デジタル治療(DTx)の保険適用は医師の半数、患者の6割が期待する

2020/08/07

新刊案内

TPD創薬:PROTACs、SNIPER等の現状と世界市場ポテンシャル
<本書のポイント>
本邦初!注目のTPD(Targeted Protein Degradation)薬市場の現状と課題をこの1冊に整理しました
タイプごとの作用機序がわかります
TPD薬に相応しい疾患は?標的分子は?そもそもなぜ注目されている?
世界の開発状況、主要ベンチャーの特徴や動向がわかります
TPD薬市場のポテンシャルがわかります

2020/07/28

新刊案内

2020年版 医療機器開発における実務ガイド 米国編
米国は、21世紀治療法(21st Century Cures Act)を制定し革新的な
機器の開発促進と医療品の規制緩和を進めている
<本書のポイント>
2014年に発刊したレポートの改訂版
21世紀治療法(21st Century Cures Act)の制定による医療機器業界へのインパクトがわかります
オバマケアからトランプケアへの移行について、その影響やポイントを解説

2020/07/22

新刊案内

中国の薬価制度の変遷と展望
公定価格制度から自由価格制度への転換
<本書のポイント>
中国政府は「創薬促進のため、公的価格制度から自由価格制度へ転換」と強調
新たな入札制度の「量的購買」に参戦した日本企業、不発に終わった原因とは
患者の負担を軽減するため高血圧症・糖尿病治療薬の価格は政府によって設定
自由価格制度が施行されているが、医薬品の価格はどのように決められるのか
病院は採用した医薬品の価格をホームページで公表、日本企業の製品の価格も
日本企業が中国で販売してきた製品の価格および現在の価格はこの1冊で網羅

2020/07/15

新刊案内

2020年版 オンライン診療サービスの現状と将来動向
注目のオンライン診療サービスのリアルな現状とアンメットニーズを
探求した待望の1冊、この1冊でオンライン診療の概要がわかります。
インタビューを実施。リアルな現状とアンメットニーズを探りました。
統計データを基に市場規模を予測 → 2030年に292億円市場に。
オンライン診療の海外最新情報と市場の将来を展望。

2020/06/29

新刊案内

2020年度 ホーム/パーソナル ヘルスケア
生体センシング・技術開発動向調査
ヘルスケア分野の生体センシング技術開発動向(電子部品・要素技術)250件を収載、
企画・商品開発担当者必携の1冊です。
コロナ対策、美容・スポーツ、脳科学・感情・ストレス、疾病管理、リハビリ、
  認知症、在宅見守り、介護IoT、オフィス、車載などの分野別に分類、知りたい
  技術の概要・特徴がすぐわかる
すぐ使える健康・医療・介護分野の統計データ集も収載

2020/06/24

新刊案内

2020年度 プライベートLTE・ローカル5Gの事業動向
プライベートLTE・ローカル5GのベンダーとSier、計34社を詳細に調査。
市場規模予測…2025年にローカル5Gは、利用施設数8,430、利用端末数545万台、金額は
 4,118億円と予測(弊社刊「2020年版 ローカル5Gの市場展望」より再掲)
本書でわかること
  プライベートLTE・ローカル5G参入事業者34社の動向がわかります
  プライベートLTE・ローカル5Gの注目事業(スマート工場、病院、公共・自治体、
   ケーブルテレビ、防災、FWA,映像配信、教育)の動向がわかります

2020/06/23

新刊案内

マテリアルズ・インフォマティクスの現状と将来動向
AI、機械学習等、情報科学テクノロジーを活用した革新的な物質探索・材料開発技術の
現状と動向この1冊に凝縮、これからマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を
学びたい人に最適な1冊です。
市場規模予測…2030年にMI活用により作り出される高機能材料の市場規模は、
  8,500億円~1兆円と予測
本書でわかること
  ① マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の現状、導入ロードマップ、主な課題等
  ② 関連企業、研究機関の取り組み(20事例を掲載)

2020/06/18

新刊案内

COVID-19(新型コロナウイルス)時代の
世界のITヘルスケア市場 注目ビジネス事例研究
Under COVID-19 Crisis: The Role of GAFA and Health Tech Startups in 2020
世界の大手IT企業10社及び注目スタートアップ6社の取り組みを詳細に
  まとめた最新レポート
  2020年。新型コロナウイルスパンデミックはヘルスケア分野においてもデジタル・
  トランスフォーメーションを大きく加速させようとしています。
  ➣ 米国GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)及び
    マイクロソフト、フィリップスなど、ビッグIT企業はどのような戦略で医療を
    変えようとしているのか?また、パンデミックに対して、どのような役割を
    果たしたのか?
  ➣ 感染者や隔離患者のリスク判定、モニタリングにはどのようなテクノロジーが
    利用されたのか?

2020/06/09

新刊案内

植物由来の代替肉と細胞培養肉の現状と将来展望
植物由来の代替肉と細胞培養肉の研究開発を進める各社の取り組みと
戦略を分析、代替肉市場の最新動向をこの1冊にまとめました。
[Point1] 植物由来の代替肉の市場規模がわかります。
     [世界の植物由来の代替肉市場は2030年には886億ドルの市場に。
       2020年比8倍の市場に。日本市場は2030年に780億円。2020年比2.2倍。]

[Point2] 参入事業者へのヒアリングから新商品のあり方を予想する。
[Point3] 生活者へのアンケート調査から植物由来の代替肉と
     細胞培養肉がどのように期待されているのかを分析。

2020/04/27

新刊案内

重症度別の患者数・治療期間シリーズ 2.精神神経系疾患編
一般内科、精神科、神経内科、脳神経外科、老年病科の医師アンケート(*)を実施
うつ病、統合失調症、アルツハイマー型認知症の重症度(病期)別の平均受療
  患者数、平均治療期間、全国推計患者数が診療科別にわかります
この重症度別のデータを活用すれば、より精度の高い売上予測が可能になります

2020/04/27

調査結果

スマート端末とIoT機器連携で創出される市場展望
スマート端末とIoT機器連携で創出される「ホームIoT」「健康・ヘルスケア」
 「セキュリティ」関連市場は、急速に成長し、2030年には5兆円に迫る市場に
 なると予測
市場をけん引するのは、
 ➣ 「ホームIoT関連市場」⇒「スマートホーム」
 ➣ 「セキュリティ関連市場」⇒「セキュリティサービス」と「監視カメラ」
 ➣ 「健康・ヘルスケア関連市場」⇒「フィットネスサービス」

2020/04/15

新刊案内

屋内位置情報サービス市場の動向と将来展望 2020
屋内位置情報サービスの技術/市場動向と市場規模予測/参入企業各社の
事業展開状況/サービス事例などをこの1冊にまとめました。
[Point1] 国内の屋内位置情報サービスの市場規模と将来予測がわかります。
     市場規模は2035年には1兆1,700億円と予測。
[Point2] ロケーション×用途別に普及度が高い屋内測位・ポジショニングシステムを考察。
[Point3] 屋内位置情報サービス市場の参入企業の事業展開状況がわかります。

2020/04/13

調査結果

5Gとローカル5Gの市場展望
国内の5Gサービス契約数は、
 ✓ 2023年にはLTE契約の40%を5Gが占めると予測。
   2020年ではLTEのうち約7%が5Gとなる。
 ✓ 2023年にはLTE契約の約40%が5G、2025年には同70%が5Gと予測する。
2025年のローカル5Gは、
 ✓ 利用施設数8,430施設、利用端末数545万端末、金額は4,118億円と予測。

2020/04/13

新刊案内

2020年版 ローカル5Gの市場展望
5G及び ローカル5G/自営5G、プライベート5Gの展開動向、注目25分野の市場動向が
この1冊でわかります!
• ローカル5G提供事業者、ローカル5G設備提供事業者の 動向がわかります
• 注目25分野の市場動向がわかります
• 2025年までの5G契約加入者数予測、注目25分野の ローカル5G導入予測数がわかります

2020/04/10

新刊案内

データヘルスの市場動向と保険者支援事業者調査 2020
第2期データヘルスの動向と支援事業者120社の概要をこの1冊に!
• データヘルス事業を支援する事業者120社を調査。
• データヘルスの主要領域となる「データ分析・計画策定等」、
 「特定健診・特定保健指導」、「重症化予防・制度外保健指導」、
 「PHRツール・サービス」における市場規模・支援事業者・サービス
 ラインナップ・サービス利用状況等を整理収載。
• データヘルス関連市場は、2023年度には2,240億円になると予測
 (2019年度は2,100億円(全保険者の保健事業費の30%)

2020/04/08

新刊調査レポートのお知らせ

2020年版 地球温暖化と石炭火力発電の現状と方向性
本書は、バイオマス混焼による再生可能エネルギーの導入拡大を提唱するレポートです。
石炭火力に関する以下のことがわかります。
• 脱石炭火力に関する国内外の最新動向
• 石炭火力発電とバイオマス発電を巡る日本の情勢(政府、企業の動き etc.)
• 石炭火力発電におけるバイオマス混焼の取組事例

2020/03/23

ビデオコミュニケ-ション市場の市場予測

国内のビデオ会議・Web会議・音声会議等のビデオコミュニケーション市場は、
◆ 2020年に527億円の市場と予測、2019年比101.5%
◆ シェアトップは、
  ビデオ会議…シスコシステムズ、
  Web会議…ブイキューブ
  音声会議端末…ポリコム

2020/02/04

調査結果

全国自治体 再生可能エネルギー関連市場の最新動向
• 再生可能エネルギー関連市場に支出される、国・地方自治体・民間の予算は、
 2023年度 約7,300億円と予測。
 → 2019年度は約5,200億円、年に13%程度支出額が増加。
• 自治体が出資する「地域新電力」は50事業体となり、エネルギーの地産地消を促進。
• 自治体別の再生可能エネルギー導入量トップ3は、
 ^駝攜 ∧‥膰 K務て

2020/01/31

調査結果

法人向け名刺管理サービスの市場動向
法人向け名刺管理サービスの市場は、
→ 2022 年に140 億円の市場になると予測(2018 年113.5 億円)
→ 今後、クラウドサービスの普及で、SFA/CRM と連携する
  名刺管理サービスはさらに拡大する可能性
→ シェアトップ3 は
  「Sansan」「ハンモック」「キヤノンエスキースシステム」

2020/01/23

新刊案内

2020年版 医薬品における連続生産の現状と将来展望
[本書のポイント]
• 製薬企業・有識者 計21件のヒアリングを実施
• 製薬企業10社を含む連続生産の主要・注目企業(計39社)を個票化
• 連続生産に取り組む企業要覧リスト(計208社)も収載
          
→ 製薬企業の連続生産設備導入/稼働状況、自社で認識する連続生産の
  メリット/デメリット・ニーズ等がわかります
→ 医薬品の連続生産に関する業界動向(化学合成原薬および固形製剤・
  バイオ医薬品・無菌製剤)、および、参入企業動向を幅広く俯瞰できます

2020/01/07

お知らせ

シード・プランニング、HRテクノロジー・コンソーシアムと共同で、
HRテクノロジーの最新動向セミナーを開催
• HRテクノロジー第一人者、慶応義塾大学教授 岩本 隆 氏及び、
 jinjer HR Tech総研所長松葉 治朗 氏による最新動向に関する講演
• 人事ソリューション・エヴァンジェリスト民岡 良氏によるレポート解説

2020/01/06

お知らせ

シード・プランニング 女性活躍推進法に基づく優良企業として
「えるぼし」認定の最高位 (三つ星)を取得

発表年度別アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 / 
2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 / 

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得