プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2020年 > 7月22日発表

新刊案内

2020/07/22

中国の薬価制度の変遷と展望
公定価格制度から自由価格制度への転換
<本書のポイント>
中国政府は「創薬促進のため、公的価格制度から自由価格制度へ転換」と強調
新たな入札制度の「量的購買」に参戦した日本企業、不発に終わった原因とは
患者の負担を軽減するため高血圧症・糖尿病治療薬の価格は政府によって設定
自由価格制度が施行されているが、医薬品の価格はどのように決められるのか
病院は採用した医薬品の価格をホームページで公表、日本企業の製品の価格も
日本企業が中国で販売してきた製品の価格および現在の価格はこの1冊で網羅

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、中国の薬価制度について調査を行い、このほどその結果を取りまとめ、市場調査レポートとして発刊いたしましたのでお知らせいたします。

南方医薬経済研究所が公表した資料によると、2019年の中国における医薬品市場規模は対前年比で4.8%増の28兆7280億円だったことがわかりました。ここ数年、市場全体の伸び率は1桁台にとどまっていますが、中国に進出する日本企業の売上は、毎年2桁増の伸びを見せています。日本企業は中国を大きな市場と捉え、ビジネスを本格化しています。

一方で、中国の不透明な医薬品価格制度に戸惑う外資系企業が多いのも事実です。

中国では、2015年5月に公定価格制度を廃止し、自由価格制度に移行しました。レポートでは、中国の公定価格制度の誕生から廃止までの中央政府の政策・方針、公定価格制度の仕組み、外資系企業にも適用される「単独価格」制度、薬価引き下げの実態、日本企業の製品価格に関する内容をまとめています。そのほか、特許製品やオリジナル製品が価格交渉を通じて保険収載に至るまでの流れ、外資系企業が「量的購買」入札に挑む背景なども盛り込まれています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/10757.html

本調査のポイント、本書の構成、掲載例は以下の通りです。

本書のポイントと構成

本書は、本文3章 (「公定価格制度の変遷」、「価格交渉と量的購買」、「自由価格制度への転換」)と【参考資料】で構成。

詳細は本書のHP(http://store.seedplanning.co.jp/item/10757.html)を参照ください。

本書の構成1
本書の構成2
本書の構成3

掲載事例

「第1章 公定価格制度の変遷   1.医薬品価格制度の歴史は繰り返す
(1)医薬品価格制度の4つの時代」の掲載例

医薬品価格制度の4つの時代」の掲載例

「第1章 公定価格制度の変遷   2.公定価格制度となる「医薬品価格管理暫定法」
(1)公定価格制度への移行は薬剤費削減のため」 の掲載例

公定価格制度への移行は薬剤費削減のため」の掲載例

「第2章 価格交渉と量的購買  (8)価格交渉はどのように行われるのか」の掲載例

価格交渉はどのように行われるのか」の掲載例

「第2章 価格交渉と量的購買  (3)医薬品業界を驚愕させたバイエルの提示価格」の掲載例

医薬品業界を驚愕させたバイエルの提示価格」の掲載例

調査概要

調査方法
医薬品価格の政策・方針、価格交渉や「量的購買」入札などの情報は国家発展改革委員会、国家医療保障局が公表した資料をもとに作成・分析した。また、日本の製薬企業の販売製品や公定価格制度時代の医薬品価格などは弊社が集計したデータをもとに作成した。各地方の医療保険医薬品の給付基準は、各地方政府が公表したデータをもとに集計・分析を行った。
調査項目
^緻品価格制度の歴史
中央政府の医薬品価格政策・方針
0緻品の価格交渉・「量的購買」入札
ぐ緡妬欷碓緻品の給付基準
ド賊,琉緻品価格の情報
ζ本の製薬企業の事業展開・価格戦略・販売価格の推移――など。
その他
本調査報告書においては、医療保険医薬品の給付基準(医薬品価格)、価格交渉・量的購買の価格、医薬品市場規模などの為替レートは1 元=16 円で換算したもの。
調査期間
2020 年1 月〜6 月

本調査結果を掲載したレポートの概要 

レポート名
中国の薬価制度の変遷と展望
〜公定価格制度から自由価格制度への転換〜
発刊日
2020-07-10
体裁
A4 /230ページ
発行
(株)シード・プランニング
販売価格
書籍版またはPDF版 132,000円(税込)
書籍+PDF セット版 165,000円(税込)
概要目次
概要は「 本書のポイントと構成 」の項を参照
詳細は、本書HP: http://store.seedplanning.co.jp/item/10757.html を参照
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得