プレスリリース

ホーム > プレスリリース

プレスリリース

最近のプレスリリース

2021/09/28

新刊案内

CAR-T、TCR-T、NK細胞療法の最前線 2021
〜 他家細胞・iPS細胞利用と固形癌攻略のための開発競争が加速 〜
<本書のポイント>
• 本書は養子免疫細胞療法の開発動向をまとめた【総括編】と、注目企業44社の
  動向をまとめた【企業戦略編】の2冊で構成。
• 【総括編】では、
  → 全世界の臨床試験状況を集計して、トレンドを分析
  → 2035年までの日本、米国、欧州、中国の市場規模を予測
    2020年時点で10億ドル→2035年に560億ドルの市場になると予測
  → 有効性、安全性、製造コストの課題を解決し得る注目技術をテーマ別に調査
  → 革新的技術を応用した研究開発品目を調査
• 【企業戦略編】では、日本、米国、欧州、中国の注目企業44社の動向を調査

2021/09/24

衛星測位システム 受信機総覧2021

本書は、市場に出ている衛星測位の端末・受信機の概要を取りまとめたものです。衛星測位分野でサービス提供等を検討されている方々、必携の1冊です。
<本書のポイント>
• 衛星測位サービスに欠かせない受信機の概要をQBIC規格(*)に準じて整理。
• 準天頂衛星の信号に対応した測位端末の種類/用途、
 現在市場に出ている受信機(チップ、モジュール製品など)の対応信号/用途/価格等が
 この一冊でわかるよう集約。
• 受信機の動向分析、携帯電話等で利用が始まった2周波受信測位、高精度測位の場合
 考慮すべき地殻変動による測位への影響、などを説明。
• 巻末に準天頂衛星サービスの期待される主な利用事例を掲載。

2021/09/22

スリープテック関連市場における事例・需要性調査

海外シンクタンクは、日本の睡眠不足による経済損失は年間15兆円に上ると試算。
本書は、近年盛り上がりを見せる日本のスリープテック市場について、参入企業と活用事例・市場概況について幅広く情報収集、整理したレポートです。
 ◆スリープテックを活用したデバイス・サービス市場規模は、2021年現在約4,600億円に
  発展し、寝具等含む睡眠市場の約3割を占める。
 ◆市場を【一般】、【企業】、【介護・見守り】、【育児】、【医療】の5セクションに分解し、
  それぞれに対して現況の問題点・将来図・未来展望を詳しく考察。
 ◆上記聴取資料を元に消費者へアンケートを作成。アンケート結果及び日本の人口構成によって
  現市場の受容度を算出し、市場概況及び市場規模を作成。
 ◆参入企業37社、46製品を調査。13社にヒアリングを実施。

2021/09/10

2021年版 自動配送ロボットの現状と将来展望

「公共空間におけるモノの移動や配送」に供する自動配送ロボットの技術や実証事例についてまとめました (工場内、倉庫内の自動配送ロボットは含みません)
自動配送ロボットをお考えの営業戦略ご担当者必携の一冊です。
<本書のポイント>
◆ 自動配送ロボット本体や関連技術について、最新動向や実証事例などを取り纏めました。
◆ 行政動向や公道走行ルールなどについても整理しました。

2021/08/17

2021 教育ICTの最新市場動向 〜GIGAスクールによる教育ICT の普及と教育委員会の現状〜

文部科学省が毎年行っている「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」データと全国の教育委員会への取材、教育ICTのデバイス・ソリューション企業への調査をもとに最新の教育ICT市場動向を取りまとめたレポート。
<本書のポイント>
◆ 2025年までの市場予測:ハードウェア、ソフトウェア、人材の市場を予測。
  • 教育用コンピュータの需要のピークは2024年の428万台と予測。
  • 校務用コンピュータ、拡大表示装置(大型モニター、プロジェクター、電子黒板等)は横ばい。
  • 教務・学習支援系ソフトは、1人1台端末普及を背景に年10%〜20%の伸び。
   校務支援系ソフトは横ばい。
  • ICT支援員は4000人規模に増加。
◆ 47都道府県の教育委員会の動向がわかります
◆ 教育用ICTデバイス企業、教育ICTソリューション企業の動向がわかります
◆ 教育ICTソリューションの自治体入札動向がわかります

2021/08/16

2030年の人工知能(AI)を活用したオフィス業務支援ソリューション市場、約6,461億円に成長

• 人工知能(AI)を活用したオフィス業務支援ソリューション市場は、2030年に
 約6,461億円に発展すると推計。
人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューション(パッケージ製品でSaaS及び
 オンプレミスで提供しているもの)を「予測分析」「ナレッジ共有」「収益向上関連
 (マーケティング・営業、など)」「人事総務」「経理」「法務・リスク管理」に分類。
 各カテゴリの最新動向を整理・分析。

参入企業72社、約100製品を調査。13社にヒアリングを実施。

2021/08/04

新刊案内

2021年版 五大がん診療の最新動向 【治療編】
五大がん(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、肝臓がん)の最新の診断方法について、網羅的・客観的にこの1冊に凝縮しました。
これから“がん”について学ぼうとしている方、“がん診断領域”の事業をお考えの方に最適な1冊です。
◆ 各がんの診断方法を各学会のガイドラインから整理。
◆ 各診断方法の課題と将来展望について、現場で働く医師約140名を対象に
  調査を実施。
◆ 厚労省が指定する先進医療治療(陽子線治療、重粒子線治療など)について
  医師の認知度と期待度を調査。
◆ 最新治療技術として、ロボット支援手術、サイバーナイフ、抗体薬物複合体
  などを取り上げました。

2021/08/03

新刊案内

2021年版 五大がん診療の最新動向 【診断編】
五大がん(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、肝臓がん)の最新の診断方法について、網羅的・客観的にこの1冊に凝縮しました。
これから“がん”について学ぼうとしている方、“がん診断領域”の事業をお考えの方に最適な1冊です。
◆ 各がんの診断方法を各学会のガイドラインから整理。
◆ 各診断方法の課題と将来展望について、現場で働く医師約140名を対象に
  調査を実施。
◆ 厚労省が指定する先進医療診断(マルチプレックス遺伝子パネル調査など)
  について医師の認知度と期待度を調査。
◆ 最新診断技術として、リキッドバイオプシー、線虫検査などを取り上げました。

2021/07/01

新刊案内

2021年版 携帯電話市場の将来動向分析
− 携帯事業、サービス戦略転換の市場展望レポート −
本書はシリーズ27冊目として、携帯電話市場の市場環境の変化(規制動向)、端末販売動向、サービス動向等を分析しています。
<本書のポイント>
• 市場動向がわかります
 → 5Gサービス契約は2025年には携帯電話契約数の60%を占める
 → ローカル5Gの市場は急拡大。
   2025年には施設数、利用端末数ともに2021年比7倍の市場に。
• キャリア動向、ベンダー動向、サブブランド・MVNOの動向、流通の動向を詳細に調査しました。
 携帯電話市場に従事する方必携の1冊です。

2021/06/21

シード・プランニング、HRテクノロジーの市場規模を算出

◆2020年のHRテクノロジー市場規模は1,381億円、前年比115%

◆2025年には3,278億円、2020年比約2.4倍に成長

2021/06/11

新刊案内

世界のオーファンドラッグ開発動向 2021
〜 創薬の疾患ターゲットの中心はオーファン疾患に 〜
日米欧のオーファンドラッグ指定状況および承認状況を整理・比較したオーファンドラッグのガイドブックです。別売データ編あり。
<本書のポイント>
• 日本の難病疾患のオーファンドラッグ開発状況(臨床試験数、パスウェイ・
 キー遺伝子など)を徹底調査
• 欧米を中心に、注目ベンチャー企業40社、グローバル製薬企業15社、
 国内製薬企業19社のパイプラインや取組・承認状況などをピックアップ
• データ編(別売)には、日米欧の難病データベースのオントロジーの整備リスト
 (日本の指定難病333疾患の階層性と海外データベースとの対比)を収載

発表年度別アーカイブ

2021年 /  2020年 /  2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 / 
2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 /  2001年 /  2000年

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得