1. HOME
  2. ニュース
  3. 【新刊レポート紹介】世界のニューロマーケティング市場と関連スタートアップの現状と今後の展望

最新ニュース

お知らせ

プレスリリース

【新刊レポート紹介】世界のニューロマーケティング市場と関連スタートアップの現状と今後の展望

世界のニューロマーケティング市場と関連スタートアップの現状と今後の展望

<本書のポイント>
ニューロマーケティング領域で、革新的な研究を行っている企業やサービスを提供している企業36社を紹介。

◆ 2030年までのニューロマーケティングの世界市場と日本市場を推計
→ 世界市場:3,415億円、日本市場:282億円
◆ 革新的な技術やサービス提供を行うニューロマーケティング関連ベンチャー企業(海外企業33社、国内企業3社)を各社2~3ページで紹介しています
◆ ニューロマーケティングの今後のビジネス及び技術動向がわかります
◆ 世界の大手調査会社のニューロマーケティングに対する取組や、今後適応が予測される分野の研究事例を紹介しています

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、ニューロマーケティングの動向について関連企業の調査を行い、その調査結果を、レポートとしてまとめ発刊しましたのでお知らせいたします。

「ブレインテック」「ニューロテクノロジー」が注目を集めています。ブレインテック、ニューロテクノロジーは、脳神経科学の知見・技術などを利用し、人間の脳活動をセンシングし、脳活動から人間の行動や思考などを予測したり、脳機能や脳機能の破損による心身の障害を改善させる技術です。

ニューロテクノロジーの潜在応用業界は、医療、介護、教育、製造業、広告、など様々な業界であり、その潜在市場規模は総計で数兆円にのぼると期待されていて、各国が資金及び人材を積極的に投入している状況にあり、その技術が経済に及ぼす影響の大きさが伺えます。

ニューロマーケティングは、既に広告業界等ではクリエイティブ評価などに応用されていますが、AIモデル構築技術の進展や計測機器の小型化などにより、今後適応領域は拡大していくことが期待されます。

本書では、ニューロマーケティングに対象をしぼり、革新的な研究を行っている企業やサービスを提供している企業を紹介します。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/11329.html

本書のポイント、掲載内容、掲載例、調査概要は以下の通りです。

本書のポイント

◆ 世界と日本のニューロマーケティング市場規模予測
本市場規模は脳情報をはじめとする生体情報等を用いてマーケティングを行う手法の市場である。当該市場規模には、生体情報取得用のデバイスの利用料や分析モデルの構築・利用、またそれらを用いたコンサルティングサービス等を含む。

  • <世界市場>
  • 世界のニューロマーケティング市場は、2022 年で1,538 億円と推計。2030 年には3,415 億円になると予測。
  • 予測期間中の対前年成長率は、7.6%~11.0%であり、成長は年々加速していく。
  • 伸長が期待される領域としては小売業/BtoC 製品の領域。その要因として、
    ✓ 脳情報計測機器及びその他生体情報計測機器の小型化・ワイヤレス化により多様な
     状況下での脳情報の取得が可能になる、またデータの取得が容易になる
    ✓ 複数の計測手法・計測技術をシームレスに結合させる技術の開発

などが挙げられる。

世界のニューロマーケティング市場規模予測
  • <日本市場>
  • 日本のニューロマーケティング市場は、2022 年で116 億円と推計され、2030 年には282 億円になると予測。
  • 予測期間中の対前年成長率は、8.8%~13.2%である。
  • 市場規模に占める広告業界の割合が最も高いが、成長率としては、小売業/BtoC 製品が最も高い(小売業/BtoC 製品CAGR 17%、広告業CAGR 9%。いずれも、2022~2030 年)。
  • 小売業/BtoC 製品へのニューロマーケティングの適応が進む要因は世界市場と同様である。
  • BtoC 製品の開発・改善へのニューロマーケティングの導入は、自動車や住宅などの高額製品、また、酒類等の嗜好品や化粧品など可処分所得が高い層がターゲットとなりうる製品への応用が進むと思われる。日本では、自動車産業等が盛んであるため、特にBtoC 製品へのニューロマーケティングの活用が進んでいくことが期待される。
日本のニューロマーケティング市場規模予測

掲載内容

掲載内容

掲載例

「第1章 概要 1,ニューロマーケティング関連市場の概況と今後」に掲載の図

「第1章 概要 1,ニューロマーケティング関連市場の概況と今後」に掲載の図

「第4章 ニューロマーケティング関連スタートアップ」の掲載例

「第4章 ニューロマーケティング関連スタートアップ」の掲載例

調査概要

調査対象

脳に係る研究開発の中で、特にニューロマーケティングなどの市場において、革新的な研究・商品開発などを行っている企業。

調査項目

✓ 企業概要
✓ 主な保有技術・特長
✓ 提供サービス・プロダクト
✓ 提携・協業の状況
✓ 資金調達状況

調査方法

公開情報収集(行政機関・企業のウェブサイト、プレスリリース、IR 情報、など)

調査期間

2021 年8 月~2022 年6 月

レポートの概要

レポート名

世界のニューロマーケティング市場と関連スタートアップの現状と今後の展望

発刊日

2022-06-30

体裁

A4 / 148ページ

価格
書籍版またはPDF版
書籍+PDFセット版
PDFコーポレート版 
書籍+PDFコーポレート版

132,000円(税込)
165,000円(税込)
330,000円(税込)
363,000円(税込)

掲載内容(目次)

詳細は本リリースの「 掲載内容 」の項をご参照ください。

第1章 概要
 1. ニューロマーケティング関連市場の概況と今後
 2. ニューロマーケティング関連技術及びスタートアップ一覧
 3. 大手調査会社等の取組状況
第2章 脳神経科学関連ビジネス・技術の概況と課題
 1. 脳神経科学関連ビジネス・技術の分類
 2. 脳科学研究とELSI
第3章 ニューロマーケティング市場規模推計
 1. ニューロマーケティング市場のビジネス構造
 2. ニューロマーケティング市場規模(世界市場)
 3. ニューロマーケティング市場規模(日本市場)
第4章 ニューロマーケティング関連スタートアップ
第5章 大手調査会社のニューロマーケティングへの取組状況
第6章 ニューロマーケティングの製品開発等への活用事例

本件に関するお問合せ先

株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

最新記事