コンプライアンス方針

ホーム > コンプライアンス方針

コンプライアンス方針

企業に対する社会的責任や公共的使命を要請する機運の高まりに対し、当社グループは企業としてまた社員一人一人が、 法令や社会的規範を遵守して、事業活動を行うことが重要であると認識しています。 ここに当社グループはすべての役職員が守らなければならない基本原則としてコンプライアンス基本方針を制定し、表明します。

【企業行動指針】
  1. 企業活動のあらゆる場面で、関係法令を厳格に遵守する
  2. 社内およびサプライチェーンのすべてにおいて成果物の品質管理体制を敷き、顧客に対し高品質なサービス及び成果を提供する。
  3. グループ従業員のプライバシーに配慮し、個人情報保護法及び関連法規、ガイドラインを順守する。
  4. 会計処理にあたっては、企業会計原則、社内規程等に則り、適正に行い、伝票、証憑書類の虚偽、隠蔽は行なわない。
  5. 取引等に対しては書面等による契約を締結し、業務遂行においては契約条項を誠実に履行する。
  6. 業務遂行に当たり、利益相反になるまたは疑われる業務および取引を行わない。
  7. 業務に関する記録は改ざんすることなく正しく記録し、定められた期間保存する。
  8. 取引に当たり不正な接待、贈賄等を行うこと、又は受けることはしない。
  9. 独占禁止法を遵守し、事業者による入札談合は決して行わない。
  10. 下請取引において優越的地位の濫用は決して行わない。
  11. 株主に対し事業報告、財務状況など企業活動全般について、適時適切に情報を開示する。
  12. 社会の健全な発展の担い手として、地域社会への貢献を行う。
  13. 反社会的勢力からの取引や金銭などの要求には毅然として対応し、反社会的勢力を利用したり、利益供与も行わず、一切の関係を持たない。
  14. 事業遂行に当たりまたオフィスにおいて、環境保護を意識し、SDGsを意識した行動を行う。
  15. 雇用や処遇にあたっては、従業員の人権を尊重し、また人種、信条、性別、宗教、国籍、年齢、学歴、その他個人的な特性に基づいた差別は行わず、社員一人ひとりを公正、公平に評価し、働き甲斐のある職場環境を実現する。
  16. 性的な嫌がらせや地位や立場を利用した嫌がらせ、また、それらと誤解されるおそれのあるハラスメント行為を行わない。
  17. 従業員の個人情報は適正に管理し、本来の目的以外に使用する等不正な使用は行わず、裁判所の命令等の正当な理由がない限り、本人の承諾なく個人情報を外部に開示しない。
  18. 労働関係法令を遵守し、勤務時間等の労働条件について適正な管理を行い、過剰な労働時間とならないようにする。
  19. 職場の安全に務めると共に、従業員の健康に対しての相談に応ずる等従業員の肉体的、精神的健康増進に努める。
  20. コンプライアンス基本方針に違反した者や違反行為を放置した者については、就業規則に基づき処分する。またコンプライアンス方針違反に対する内部告発に対し、コンプライアンス委員会を設け、真摯に対応する。
制定 2021年6月1日
株式会社シード・プランニング
代表取締役 梅田 佳夫

相談窓口

コンプライアンスの観点から疑問が生じた場合には、下記にご連絡、ご相談ください。

株式会社シードプランニング コンプライアンス事務局 (電話03-3835-9211)
また社内で違反行為が行われていることに対して社員は同事務局に対し申し出て下さい。
内容はコンプライアンス委員会において検討します。

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得