プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2022年 > 1月20日発表

シード・プランニング、中途採用採用担当者による転職者の行動分析と転職サービスの評価を調査

2022/01/20

■中途採用担当者が想定する求職者の情報収集源は「転職サイト」、「会社HP」、
 「会社の採用ページ」
■求職者が転職先企業に求めている情報、中途採用者は「収入」、「将来性」、
 「休みの取りやすさ」と想定
■採用活動で、応募者に対して、企業がしている質問の上位は「志望動機」、「自己PR」、
 「過去の仕事の成功体験」
■採用担当者が想像するコロナ禍で日常化した求職者のオンライン転職活動、以前と比べて
 やりやすさは「変わらない」が大勢
■採用担当者が想定する求職者のリモートワークに対する考え方は、多様化へ
■中途採用担当者による転職サービスに登録されている人材の評価、全15項目のうち
 8項目でビズリーチが1位
■中途採用する職種ごとに適した転職サービス、9職種グループのうち3グループで
 ビズリーチとリクルートエージェントが1位

株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、企業の中途採用担当者による転職者の行動分析と、転職サービスのサービス評価について調査を行い、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

コロナ禍で進む社会や企業のデジタル化・デジタルトランスフォーメーション(DX)による産業構造の大きな変化を受けて、企業による人材需要はますます多様化が進んでいます。

本調査では、中途採用を実施している企業に所属し、中途採用に関わっている方1,303名を対象に、求職者の転職活動や転職に対する考え方、転職サービス会社のイメージ・評価を調査しました。

なお、本調査結果の詳細は、2022年1月31日発刊予定の市場調査レポート「キャリア転職サービスの360度評価・分析調査」に掲載いたします。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

■中途採用担当者が想定する求職者の情報収集源は「転職サイト」、「会社HP」、「会社の採用ページ」

中途採用担当者に対して、求職者が、自社の情報を収集する際にどのような情報源を利用していると思われるかを聞いたところ、「リクナビ、マイナビ、ビズリーチ、Wantedlyなどの転職サイト」という回答の割合が最も大きく、「その会社の一般向けHP」、「その会社の求職者向け採用情報ページ」が続いた。

Q.求職者が、あなたの会社について情報収集するときに利用していると思われる情報源をお聞かせください。

情報収集するときに利用していると思われる情報源
■求職者が転職先企業に求めている情報、中途採用者は「収入」、「将来性」、「休みの取りやすさ」と想定

中途採用担当者に対して、求職者が求めていると思われる企業の情報について聞いたところ、「給与・賞与など収入に関する情報」という回答の割合が最も大きく、「企業の将来性」、「休みの取りやすさ」が続いた。

Q.求職者は、あなたの会社について、どのような情報を求めていると思いますか。(回答は3つまで)

求職者がどのような情報を求めていると思うか
■採用活動で、応募者に対して、企業がしている質問の上位は「志望動機」、「自己PR」、「過去の仕事の成功体験」

中途採用担当者に対して、応募者に対して質問をしていることを聞いたところ、「志望動機」という回答の割合が最も大きく、「自己PR」、「過去の仕事の成功体験」が続いた。

Q.採用活動で、あなたの会社が応募者に対して質問をしていることをお聞かせください。

応募者に対して質問をしていること
■採用担当者が想像するコロナ禍で日常化した求職者のオンライン転職活動、以前と比べてやりやすさは「変わらない」が大勢

中途採用担当者に対して、求職者のコロナ禍のオンライン転職活動が、それ以前と比べて、どう変化したと思われるかについて聞いたところ、全ての項目において、「変わらない」という回答の割合が最も大きい。また、全ての項目において、「しにくくなった」が「しやすくなった」を上回った。

Q.会社説明や面接等をオンラインで行うオンライン採用活動の普及に伴い、求職者の活動に起こったと思われる変化について、当てはまるものをお聞かせください。

オンライン採用活動の普及に伴い、求職者の活動に起こったと思われる変化
■採用担当者が想定する求職者のリモートワークに対する考え方は、多様化へ

求職者が、リモートワークに対してどのように思っていると思われるかについて聞いたところ、選択肢に対する回答結果は三つに分散した。

一方で、転職者はコロナ禍においてはテレワークの導入を希望し、コロナ後においては、オフィス勤務を希望するのではないか、という見方が、過半数であることが明らかになった。

Q.あなたの会社では、求職者がリモートワークに対してどのように思っていると思われますか。

求職者がリモートワークに対してどのように思っていると思われるか
■中途採用担当者による転職サービスに登録されている人材の評価、全15項目のうち8項目でビズリーチが1位

9つの主要転職サービスにおいて、登録されている人材に関する傾向について、あてはまるものを聞いたところ、全15項目のうち、8項目について「ビズリーチ」という回答の割合が最も大きい結果になった。これに、「マイナビ転職」が4項目、「マイナビ転職」が3項目、「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」が2項目で続いた。

Q.転職サイト・エージェントに登録している人材のうち、あなたのお考えに最も当てはまるサービスをそれぞれご回答ください。

転職サイト・エージェントに登録している人材のうち、最も当てはまるサービス
■中途採用する職種ごとに適した転職サービス、9職種グループのうち3グループでビズリーチとリクルートエージェントが1位

9つの主要転職サービスにおいて、中途採用する職種で、特定の職種人材をそれぞれ採用できそうと思うサービスについて聞いたところ、全9職種のうち3職種で、「ビズリーチ」と「リクルートエージェント」という回答の割合がそれぞれ最も大きい結果になった。これに、「マイナビ転職」が2職種で続いた。

Q.転職サイト・エージェントのうち、中途採用する職種で、あなたが採用ができそうと思うサービスをそれぞれご回答ください。

転職サイト・エージェントのうち、中途採用する職種で、採用ができそうと思うサービス

調査概要

調査対象

中途採用を実施している企業に所属し、中途採用に関わっている方1,303名

調査方法

Webアンケート調査

調査期間

2021年10月

本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング  野下(のした)・山本・與那嶺(よなみね)
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 070-7416-1243(野下:直通
E-mail : noshita@seedplanning.co.jp

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得