プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2021年 > 11月15日発表

[新刊レポート]

2021/11/15

2022年版 微生物による物質生産技術の最新動向と注目事例研究
―合成生物学の研究と応用、宿主・タンパク質発現系の開発、化成品代替生産、新規有用物質の創出―
◆ 微生物による物質生産の基礎研究から実用化まで、最新の技術開発動向と
  事業化動向を概括
◆ 食品、医薬品、化成品原料、エネルギー生産など、微生物による有望物質生産に
  向けた現状と課題、今後の展望
◆ 宿主(異種発現)・タンパク質発現系、化成品代替生産の動向、ターゲット物質の
  設定・出口戦略など

株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、微生物による物質生産技術の最新動向と注目事例について調査を行い、その結果を市場調査レポートとして取りまとめ、販売を始めましたのでお知らせいたします。

微生物を用いた有用物質生産は、伝統的な発酵生産に留まりません。医薬品、化成品、食品など様々な物質が微生物により生産されています。特に近年、ゲノム情報・生物情報の活用や遺伝子組み換え技術の発展により、微生物による物質生産に関連する産業は技術応用の深度を増しています。

従来法では極微量にしか生産できず実用化に至らなかった有用物質の実用化が実現されたり、化学合成などで生産している既存物質を微生物によって生産する流れがあり、微生物による物質生産の新しい「ものづくり」が注目を集めています。さらに、全く新しい物質の創出も試みられています。採算性が見込める事業では、従来の生産方法から遺伝子組み換え技術を含む微生物による生産に置き換わり、微生物による物質生産はさらに社会に広まってきています。

また、経済産業省は「スマートセルインダストリー(高度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された生物細胞「スマートセル」による物質生産産業)」を提唱し、新たな「ものづくり」を目指しています。

このレポートでは、微生物を使った技術・製造方法、それらを発展させるための研究や技術に着目し、主に医薬品・化成品・食品分野の製品、研究開発、基礎技術を調査し、最新の動向を中心に各事例をまとめました。微生物による物質生産に関連性が考えられるその他の基盤研究や製造設備の事例も掲載し、注目事例から微生物による物質生産の将来展望を考察しました。

本書の詳細とご購入は、

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/11182.html

本書のポイント、掲載内容、本書の概要は以下の通りです。

本書の構成

本書は以下の3章で構成。

はじめに
調査概要
第1章
調査結果の要約
【1】 社会・市場ニーズと微生物による物質生産の研究開発動向(俯瞰図)
【2】 調査範囲
【3】 微生物による物質生産の研究開発動向と注目キーワード
【4】 掲載事例一覧
第2章
ヒアリング調査の結果
【1】 旭化成ファーマ株式会社・産業技術総合研究所
【2】 株式会社ダイセル
【3】 DIC 株式会社
【4】 株式会社ちとせ研究所
【5】 長瀬産業株式会社
第3章
その他の研究開発動向
【1】 株式会社IHI
【2】 アサヒバイオサイクル株式会社
【3】 味の素株式会社      【4】 株式会社アルガルバイオ
【5】 アンジェス株式会社    【6】 AGC 株式会社
【7】 大阪大学         【8】 大関株式会社
【9】 オーピーバイオファクトリー株式会社
【10】 岡山大学         【11】 岡山大学
【12】 カムイファーマ株式会社  【13】 協和発酵バイオ株式会社
【14】 草野作工株式会社
【15】 Green Earth Institute 株式会社
【16】 神戸大学         【17】 神戸大学
【18】 神戸大学         【19】 神戸天然物化学株式会社
【20】 株式会社島津製作所
【21】 株式会社神鋼環境ソリューション
【22】 Symbiobe 株式会社     【23】 Spiber 株式会社
【24】 積水バイオリファイナリー株式会社
【25】 株式会社セルファイバ
【26】 公益財団法人地球環境産業技術研究機構
【27】 株式会社腸管免疫研究所  【28】 電源開発株式会社
【29】 東京工業大学       【30】 東京工業大学
【31】 鳥取大学         【32】 名古屋工業大学
【33】 奈良先端科学技術大学院大学
【34】 株式会社ニコンソリューションズ
【35】 Noster 株式会社      【36】 株式会社バイオパレット
【37】 株式会社バッカス・バイオイノベーション
【38】 bitBiome 株式会社     【39】 広島大学
【40】 株式会社ファンケル
【41】 株式会社プロテイン・エクスプレス
【42】 ペプチドリーム株式会社
【43】 北陸先端科学技術大学院大学 【44】 北海道三井化学株式会社
【45】 株式会社メタジェン     【46】 山口東京理科大学
【47】 株式会社ユーグレナ
【48】 横浜バイオテクノロジー株式会社
【49】 株式会社ワールドフュージョン
【50】 その他の研究機関・企業の動向

掲載事例

「第1章 調査結果の要約 【1】 社会・市場ニーズと微生物による物質生産の研究開発動向(俯瞰図)」掲載例

掲載例1

「第1章 調査結果の要約 【4】掲載事例一覧」の掲載例

掲載例2

「第2章 ヒアリング調査の結果」掲載例

掲載例3

調査概要

調査対象

微生物による物質(医薬品、食品、エネルギー、化成品素材など)生産を行っている企業。

調査項目

【1】企業・研究室概要   【2】研究・技術概要    【3】応用分野
【4】開発経緯・着眼点   【5】特徴、原理・基盤技術 【6】開発フェーズ
【7】設備・精製方法など  【8】実用化に向けた活動  【9】課題と今後の展開
【10】市場に対する見解、共同研究開発

調査方法

ヒアリング調査(5社)…対象企業は「本書の構成」参照。
公開情報の整理(50社)…      同上

調査期間

2021年5月〜11月

本調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名

2022年版 微生物による物質生産技術の最新動向と注目事例研究
―合成生物学の研究と応用、宿主・タンパク質発現系の開発、化成品代替生産、新規有用物質の創出―

発刊日

2021年11月12日

体裁

A4/150ページ

発行

株式会社シード・プランニング

販売価格

【書籍版】または【PDF版】   132,000円(税込)
【書籍+PDFセット版】      165,000円(税込)
【PDFコーポレート版】      330,000円(税込)

概要目次

概要は「 本書の構成 」の項を参照

本書HP
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得