プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2021年 > 8月16日発表

2030年の人工知能(AI)を活用したオフィス業務支援ソリューション市場、約6,461億円に成長

2021/08/16

• 人工知能(AI)を活用したオフィス業務支援ソリューション市場は、2030年に
 約6,461億円に発展すると推計。
人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューション(パッケージ製品でSaaS及び
 オンプレミスで提供しているもの)を「予測分析」「ナレッジ共有」「収益向上関連
 (マーケティング・営業、など)」「人事総務」「経理」「法務・リスク管理」に分類。
 各カテゴリの最新動向を整理・分析。

参入企業72社、約100製品を調査。13社にヒアリングを実施。

株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、人工知能を活用したオフィス業務支援向けパッケージ商品に関する最新動向について調査を行い、このほど、その結果をまとめしたのでお知らせいたします。

2020年9月に発足した菅内閣では政権課題としてデジタル庁創設を目指すとともに、デジタル担当大臣が設置されました。マイナンバー制度や保健医療分野の電子化に代表されるDXを推進する動きが生まれています。

一般企業においては、IoT化による膨大なデータの蓄積や、ビッグデータの活用、働き方改革、労働人口減少、コロナ渦によるテレワークの浸透、DX推進などの社会変化や技術革新により、営業部門や人事部門、経理部門、法務部門、経営戦略部門などに向けた様々な業務支援ソリューションが用いられています。業務支援ソリューションの中には、人工知能を「人間の働き方を支援する」もの、として実装しているものも多くみられるようになってきており、業務効率化や個々の力を最大限に引き出し活き活きと働ける職場の実現などに貢献しています。

本調査では、人工知能を活用した業務支援ソリューションについて、「予測分析」「ナレッジ共有」「収益向上関連(マーケティング・営業、など)」「人事総務」「経理」「法務・リスク管理」にカテゴライズし、それぞれの注目ソリューションとその定期用企業、分析対象データ、活用技術(AI-OCRを含む画像処理、音声認識、画像処理、機械学習やディープラーニングを含むロジック処理)、今後の市場性などについて整理・分析を行いました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/11046.html

本書のポイント、掲載内容、本書の概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

■人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューションを6分野に分類し、詳細分析

今回の調査では、人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューションを下記の6分野に分類し、詳細を分析した。


セグメント 内容・構成
予測・分析
ソリューション
• ビジネス用途において、日常的な短期間の予測を含めて、ある程度特定用途に限定することなく運用可能なソリューション。
• 「数値予測」「確率予測、」「リスク予測」「人事予測」「特性予測」「テキスト分類」などがある。
収益向上関連業務
(マーケティング、営業)
• CRMやSFAなどのソリューションへの人工知能活用が既に始まっている。
• CRMやSFAへ人工知能を利用する目的として、「新規顧客開拓」「案件管理/予測」「営業用ナレッジ共有」などがある。
ナレッジ共有
ソリューション
• 「エンタープライズサーチ」及び「社内問い合わせ対応用チャットボット」を「ナレッジ共有ソリューション」とする
人事総務関連業務
• 「統合人事管理システム」「採用・人材配置ソリューション」「従業員教育ソリューション」「健康経営支援ソリューション」へ人工知能が活用れている。
総務業務
• 「AI-OCRによる紙文書のデジタル化・データ化」「AIによる自動仕訳」「AI監査・月次チェック」「チャットボットによるサポート」などが、会システム内で実用化されている。
法務・リスク
管理業務
• 法務関連業務支援では、人工知能を活用した「リーガルチェックシステム(契約書審査プラットフォーム)」「リーガルリサーチシステム」「契書管理システム」が実用化されている。
• 人工知能を活用したリスク管理ソリューションとして、「コミュニケーションツール監査システム」「ログ管理システム」「WAF」を取り上げる。

各分野別の市場規模推計はレポートを参照されたい。

■人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューション市場は2030年に、約6,461億円にまで成長
人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューション市場

今回の調査では、2021年の当該市場規模は1,985億円、2030年には、6,461億円に達すると予測した。なお、上図の市場規模はSaaS提供のパッケージ製品の場合は初期導入費用及び月額使用料、オンプレミス提供の場合は、構築(導入)費用及び保守費用の単年の売上予測である。

市場規模の拡大の要因としては

  • 今後も企業のDX化やテレワークの普及が進んでいくことにより人工知能を活用したオフィス業務ソリューションへのニーズが高まっていく
  • 「説明可能なAI」に代表されるユーザーフレンドリーなAIの登場

などが挙げられる。

本書の構成

第1章 総括 1. 業務支援における人工知能活用ビジネスの業界構造
2. 何故「AIソリューション」が大事なのか?
3. AIを用いた業務支援ソリューション市場動向
 (1)概略及び市場規模
 (2)各セグメントの現状と動向(概要)
 (3)主な参入企業と提供ソリューション
第2章 業務別
 人工知能活用状況
1. 予測分析ソリューション
 (1)概略
 (2)予測分析ソリューションへの人工知能活用状況
 (3)予測業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
2. 収益向上関連業務(マーケティング・営業、など)
 (1)概略
 (2)収益向上関連業務に用いられる人工知能技術
 (3)収益向上関連業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
3. ナレッジ共有ソリューション
 (1)概略
 (2)収益向上関連業務に用いられる人工知能技術
 (3)収益向上関連業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
4. 人事総務関連業務
 (1)概略
 (2)収益向上関連業務に用いられる人工知能技術
 (3)収益向上関連業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
5. 経理関連業務
 (1)概略
 (2)経理関連業務に用いられる人工知能技術
 (3)経理関連業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
6. 法務・リスク管理業務
 (1)概略
 (2)法務・リスク関連業務に用いられる人工知能技術
 (3)法務・リスク関連業務へ人工知能を活用することによる効果
 (4)市況と今後の動向
第3章 取材企業個票 1. Sansan株式会社
2. freee株式会社
3. 弥生株式会社
4. 株式会社KAKEAI
5. 株式会社ミツカリ
6. 株式会社FRONTEO
7. 株式会社LegalForce
8. 株式会社インターパーク
9. コグニザントジャパン株式会社
10. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
11. 株式会社JSOL
12. 株式会社Idrasys
13. SAPジャパン株式会社
第4章 参入企業個票 1. NECソリューションイノベータ株式会社
2. アルプス システム インテグレーション株式会社
3. エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
4. 富士通株式会社
5. グーグル合同株式会社
6. ストックマーク株式会社
7. 株式会社エクサウィザーズ
8. 株式会社セールスフォース・ドットコム
9. 株式会社ワークスアプリケーションズ・エンタープライズ
10. 日本マイクロソフト株式会社
11. LawFlow株式会社
12. HiTTO株式会社
13. KPMGコンサルティング株式会社
14. NDIソリューションズ株式会社
15. 株式会社AI Shift
16. 株式会社アトラエ
17. 株式会社ニーズウェル
18. 株式会社日立ソリューションズ
19. GVA TECH株式会社
20. 株式会社Legalscape
21. 株式会社ディー・オー・エス
22. 株式会社オービックビジネスコンサルタント
23. 株式会社コンシェルジュ
24. 株式会社マツリカ
25. 日本電気株式会社
26. PwCあらた有限責任監査法人
27. アーバン・コーポレーション株式会社
28. アライズイノベーション株式会社
29. スーパーストリーム株式会社
30. スターティアレイズ株式会社
31. ソリマチ株式会社
32. ディヴォートソリューション株式会社
33. ノシクミ株式会社
34. マネーツリー株式会社
35. 応研株式会社
36. 株式会社LayerX
37. 株式会社マネーフォワード
38. 株式会社ミロク情報サービス
39. タレンタ株式会社
40. 株式会社FiNC Technologies
41. 株式会社ビズリーチ
42. 株式会社プラスアルファ・コンサルティング
43. 株式会社電通国際情報サービス
44. 株式会社サイバーセキュリティクラウド
45. 株式会社ビスタクルーズ
46. 株式会社リセ
47. 株式会社日本法務システム研究所
48. Baseconnect株式会社
49. エッジテクノジー株式会社
50. ゾーホージャパン株式会社
51. 株式会社NIコンサルティング
52. 株式会社ナノコネクト
53. ネオス株式会社
54. 株式会社ギブリー
55. 住友電工情報システム株式会社
56. 日本アイ・ビー・エム株式会社
57. アルテアエンジニアリング株式会社
58. 株式会社GRI
59. アマゾンジャパン合同会社

掲載事例

「第1章 3. AIを用いた業務支援ソリューション市場動向 (3) 主な参入企業と提供ソリューション」 掲載例

掲載例1

「第2章 業務別 人工知能活用状況」 掲載例

掲載例2

「第3章 取材企業個票」 掲載例

掲載例3

調査概要

調査対象

人工知能を活用したオフィス業務支援ソリューション(パッケージ商品でSaaSまたはオンプレミスで提供)及びその提供企業

調査方法

仝開情報収集(行政機関・企業のウェブサイト、プレスリリース、IR情報、など)
∋夏企業ヒアリング                      13社
E玄┣饉荳

調査期間

2021年4月〜7月

本調査結果を掲載したレポートの概要

• レポート名:DX時代のAIツール活用事例と将来展望 〜 業務支援における人工知能活用で実現する働き方改革 〜

• 発刊日:2021年8月10日

• 体裁:A4/292ページ

• 発行:株式会社シード・プランニング

• 販売価格:
 【書籍版】165,000円(本体価格150,000円)
 【PDF(CD-ROM)版】 165,000円(本体価格150,000円)
 【PDF(ダウンロード)版】 165,000円(本体価格150,000円)
 【書籍+PDF(CD-ROM)版】198,000円(本体価格 180,000円)
 【書籍+PDF(ダウンロード)版】198,000円(本体価格 180,000円)
 【PDFコーポレート版】412,500円(本体価格 375,000円)

• 概要目次:
 概要は「本書の構成」の項を参照
 詳細は、本書HP(http://store.seedplanning.co.jp/item/11046.html)を参照

本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得