プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2007年 > 08月29日発表

中国「南方医薬経済研究所」総経理 呉 郁抒 氏らが来日講演

2007/08/29

「中国の医薬品・医療機器市場の動向」セミナーをシード・プランニングが開催。
上海オフィス開設を記念。

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東、梅田佳夫社長)は、中国における市場調査拠点として上海オフィスを開設し、その記念講演セミナーとして中国国家食品薬品監督管理局(SFDA)の「南方医薬経済研究所」の総経理らが来日し、中国の医薬品市場についての講演を行うことになった。

1. 「中国の医薬品・医療機器市場の動向」セミナーを2007年9月13日に開催

株式会社シード・プランニングは「中国の医薬品・医療機器市場の動向」をテーマとしたセミナー「第174回SP Forum(医薬品業界近未来研究会)」を2007年9月13日に開催する。

内容は、「中国の医薬品・医療機器市場の動向」(講師:国家食品薬品監督管理局(SFDA)南方医薬経済研究所  広州標点医薬信息有限公司 総経理 呉 郁抒 氏/常務副総経理 張 歩泳 氏)、「中国関連調査報告」(報告者:株式会社シード・プランニング主任研究員)で、講演後、講師を交えた懇親会も行う。
セミナーのURL:http://www.seedplanning.co.jp/forum/sp-forum/2006/174.html

2.SFDA南方医薬経済研究所の概要

中国「南方医薬経済研究所」は国家食品薬品監督管理局(SFDA)の下部組織であり、SFDAは米国のFDAに相当する。1979年から中国の医薬経済についての調査、分析を行っている。

中国全土90都市以上に2,000名を超える医師モニター、調査員を擁している中国で最大級の研究機関である。同研究所が作成する情報は、中国の統計局のデータとしても利用されている。

3.中国「南方医薬経済研究所」の市場調査レポートの日本語版版権も取得。「中国医薬品・医療機器市場予測」を発刊。

またシード・プランニングでは中国「南方医薬経済研究所」の「2007年中国医薬経済予測報告」の日本語版版権も取得。中国政府の様々な医薬品産業政策や化学品・漢方薬・生物製剤などの分野別売上げ、省・市別売上げ、輸出入金額といった近年の市場の変化など、中国の医薬品市場のより具体的な情報とともに、シード・プランニングが独自に収集した企業データなどを加え、中国医薬品・医療機器市場を俯瞰した「中国医薬品・医療機器市場予測」を発刊した。

4.株式会社シード・プランニングが上海オフィスを開設

市場調査とコンサルティングを行っている株式会社シード・プランニングは、これまでにも中国に関する市場調査レポート「中国・香港・台湾・韓国の治験施設/CRO/SMOに関する調査」「中国における患者数の動向」「中国カーエンタテイメント機器 総合市場」「中国モバイル音楽市場研究」などの調査レポートを発刊している。

日本での中国に関する市場情報のニーズの増加に伴い、中国における市場情報収集の拠点を上海に開設し、中国・アジアの市場に関する、市場調査レポート発刊・受託調査・コンサルティングへの更なる強化を図る。

本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 渡辺

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得