プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2016年 > 12月21日発表

「ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ調査」調査結果

2016/12/21

「日常生活支援」「介護」に関するサービスに強いニーズ

• 1都3県に在住する55-69歳の男女600人を対象に調査
• 通常のアンケートに加え、自由記述をテキストマイニングで分析
• テキストマイニングの結果からも「日常生活支援」「介護」に関するサービスに
 強いニーズがあることがあらためて浮き彫りになった

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ調査を行い、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

2025年には、75歳以上人口は2200万人、65歳以上人口は3600万人に達します。また、男女ともに65歳以上の単身世帯が増え続けることが予測され、元気な高齢者を対象とした新しいサービスやビジネスモデルの開発も期待されています。

このような背景から、1都3県に在住する55-69歳の男女600人を対象に「高齢化と10年後の日常生活に関するアンケート」を実施し、現在と、対象者全員が65歳以上となる10年後の生活や、様々な生活支援サービスへの関心を調査しました。

また、「加齢を意識する時」「10年後の楽しみや生きがい」「10年後の不安や心配」「高齢者向けサービスのアイデア」の4点について、600人の自由記述をもとにテキストマイニングで分析を行いました。

本調査結果の詳細は、市場調査レポート 「2016年版 ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ調査」に掲載しています

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/itm/8832.html

調査結果のポイント、調査概要、調査結果を掲載しているレポートの概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

「日常生活支援」「介護」に関するサービスに強いニーズ

• 1都3県に在住する55-69歳の男女600人を対象に調査
• 通常のアンケートに加え、自由記述をテキストマイニングで分析
• テキストマイニングの結果からも「日常生活支援」「介護」に関するサービスに
 強いニーズがあることがあらためて浮き彫りになった

「ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ」共起ネットワーク

共起ネットワークとは語と語のつながり(共起性・関連性)を視覚化した分析手法。円の大きさは頻度、線の太さは関連性の強さを表す。

語と語の共起関係を図示した共起ネットワークから、買い物、家事などの「日常生活支援」と「介護」といったテーマが明瞭となった。また、人、地域、コミュニティなどの抽出語で構成する「交流」もテーマである。このほか、出現頻度が必ずしも高くはないが一つのテーマにまとめられるものが複数あり、 「見守り」「経済的支援」「施設整備」「趣味支援」「仕事・社会活動」もテーマに加えられる。高齢者向けサービスへの多様な期待をうかがわせる。

調査の概要

調査対象
  1都3県に在住する55-69歳の男女600人
調査対象
調査方法
Webアンケート
調査項目
調査項目
調査期間
2016年10−11月

本調査結果を掲載した調査レポートの概要

レポート名
2016年版 ITを活用した高齢者向けサービスのニーズ調査
発刊日
2016年12月8日
体裁
電子ファイル(※)
発行
株式会社シード・プランニング
販売価格
電子ファイル(※)  162,000円(税込)
(※)調査研究報告書(PDF)、集計データ、自由記述をExcelで収録
目次
目次
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 両方(りょうかた)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得