プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2016年 > 11月22日発表

認知症ケアサービス市場を予測

2016/11/22

認知症ケア支援サービスの市場規模は、
→ 2016年約230億円、2020年には約433億円、4年で1.9倍に
→ 2025年には約679億円と予測
→ 保険を中心とした日常在宅ケア領域が伸びる

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、認知症ケア支援サービスに関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

前回「認知症ケア支援サービス」の調査を行った2014 年9 月より2 年が経過しましたが、認知症を取り巻く状況は大きく変化しています。

国際的な認知症に関する検討会議である、認知症サミット日本後継イベントの開催以降、オレンジプランを発展させた「認知症施策推進総合戦略 (新オレンジプラン)」を策定して省庁を横断した認知症の取り組みが進んでいます。特に、認知症の治療法が確立されていない現状を踏まえ、認知症の予防方法に関する大規模な調査研究が始まっており、自治体も企業と提携しながら、認知症に関する理解向上、予防活動のほか、見守り体制を構築するなどの取り組みを行っています。
一方で、認知症に伴う社会問題は深刻さを増しています。認知症行方不明者は2013 年に1 万人を突破してから年々増加の一途をたどっているほか、鉄道などによる人身事故の問題や認知症の疑いがある高齢者が運転する自動車事故など、本人だけでなく、家族に関しても多大な損害を負うリスクが高くなっています。各種の問題に対して、有効な打開策や対策が生まれていないのが現状です。
認知症を根治する有効な手段が未だ存在しないことから、予防の充実が現在のトレンドとなりつつあります。また、認知症の高齢者が安心して日常生活を送ることを支援するためのサービスの充実は、本人や家族だけでなく社会的なニーズも高い領域といえます。

本調査では、認知症に対して「認知症予防」、「認知症の早期発見・評価」、「日常在宅ケア」の3つの視点から認知症ケア支援サービスの現状と、今後どのような製品やサービスが発展していくのかを調査しています。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート 「認知症ケア支援サービスの現状と今後の方向性」 として販売中です。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9378.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

認知症ケア支援サービスの市場規模は、
→ 2016年約230億円、2020年には約433億円、4年で1.9倍に
→ 2025年には約679億円と予測
→ 保険を中心とした日常在宅ケア領域が伸びる

本調査で対象とした「認知症ケア支援サービス」の定義

  • 既存の公的な認知症ケアを補完、充実させるサービスを対象としている。民間企業が提供する社会保障費によらないサービスが対象。
  • 対象領域は、認知症の「予防」および「早期発見・評価」、在宅生活継続のための支援を行う「日常在宅ケア」の3 分野。
  • 主な対象者は、認知症の高齢者、MCI の高齢者、その他現時点で健常である高齢者に加えて認知症高齢者を介護する家族などを含めている。

認知症ケア支援サービス 市場規模予測

認知症ケア支援サービスの市場規模予測

認知症の、 嵳祝鼻廖↓◆崛甦発見・評価」、「日常在宅ケア」の3 分野を合計した「認知症ケア支援サービス」の市場規模は、2016 年の段階で約230 億円と推定される。
2016 年の段階では、特に予防分野の製品・サービスが市場の中心で、保険など日常在宅ケア領域のサービスが多数発売され、徐々に市場として確立され始めている。
2016 年以降、認知症ケア支援サービス分野は拡大を続け、2020 年の段階で市場規模が約433 億円と2016 年時点と比較して約1.9 倍、2025 年の段階で市場規模が約679 億円と2016年時点と比較して約3倍まで拡大すると想定される。

市場規模は以下の条件で算出した。

予防領域の市場

  • 食品・サプリメント、運動、学習の3分野に分けて算出した。
  • 食品・サプリメント分野の市場規模はDHA を含む製品・サプリメントのうち、特定機能性食品以外の売上高は除外。
  • 運動分野の市場規模はあくまでも認知機能改善を目的とした運動プログラムを基準に推計を行っている。健康な高齢者が個人的にフィットネスクラブで運動を行っているケースは除外。同分野の成長は大きく、2025年には2016年の3倍程度に伸びると予測した。
  • 学習分野は、自治体の介護予防・日常生活支援総合事業により市場が拡大すると想定。

早期発見・評価領域の市場

  • 早期発見および評価に使用するツールは薬事法に基づく承認を受けた医療機器は除外。そのため、例えば、PET やCT などを用いた画像診断は自費であっても推計には含めない。評価結果は医療行為とみなさず、あくまでも参考となるものとする。ただし、血液診断に関しては現在薬局などで自己採血による検査を受けることが可能となっていることから、今後認知症に関しても同様のサービスが展開されると考え、推計に含む。
  • 同市場は急速に拡大する。主な拡大理由としては、「認知症初期集中支援チーム」による地域の高齢者の状態把握のために簡易評価ツールが使われるようになることや、認知症に関する各種コホート・レジストリ研究が進められているため、ツールとして使用されることが考えられる。一方で、認知症の早期発見・評価に関しては精度(感度・特異度)の高さやエビデンスが求められるため、新たな製品が多く出てこないと考えられる。

日常在宅ケア領域の市場

  • 見守り分野とその他分野の2分野に分けて算出した。
  • 見守りのサービスは主に認知症を対象としたサービスや介護保険制度の福祉用具貸与に含まれる認知症老人徘徊感知機器などをもとに算出している。健康な高齢者を対象とした見守りサービスや見守り用の機器は含めていない。
    同分野では、介護ロボットにも高性能な見守り機能の開発が進められている。製品数が増加しているだけでなく高単価の製品も増えていることから、競争が激化しつつ市場が拡大していくと考えられる。
  • その他のサービスは「保険分野」、「ロボット」、「日常生活継続支援サービス」、「進行抑制に関するサービス」に関する推計となる。
    同分野に関しては、保険領域が大きく伸びると考えられる。認知症高齢者を家族に持つ人のリスク回避のため、損害保険が活用されるほか、認知症の疾患を対象とした保険製品も加入者が増加すると想定される。

調査概要

調査対象
✓ 認知症ケア支援に関連するサービスを提供している企業・団体
✓ 認知症に関する先進的、先駆的な取り組みをしている企業・団体
調査項目
✓ 製品・サービス概要
  製品・サービス名、コンセプト、概要、主な機能、特長、開始時期、価格、対象
✓ 販売(納入)実績
  販売(納入)件数、販売(納入)事例 ✓ 営業体制
  営業方針、ターゲット、主な販売ルート、販売提携先、プロモーション、競合先
✓ 今後の展開と課題
  目標、今後の展開、成功要因、課題・リスクと対策
✓ 市場動向
  市場に対する見解、政策・社会の影響、顧客ニーズ
調査期間
2016 年6 月〜2016 年10 月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 新宅(しんたく)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得