プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2016年 > 9月16日発表

”法人向け名刺管理サービス” 市場動向調査結果

2016/09/16

• 法人向け名刺管理サービスの市場は、2020年に68億円に
• 今後、クラウドやSFA/CRMとの連携で、広義の市場はさらに広がる可能性
• シェアトップ3は「Sansan」、「キヤノンエスキースシステム」、「ヤマトシステム開発」

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、法人向け名刺管理サービスに関する市場動向調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

法人向け名刺管理サービスは、OCRビジネス、CRM(顧客管理システム)、SFA(営業支援システム)、クラウドサービス、グループウェア、SNSなどの多くのソリューションが関係するサービスと言えます。

この業界は、SansanがTVCMを行い、業界全体の知名度が上がりました。国内業界では、30社近くが参入しており、主要の16社のうち半数が2013年以降に参入しました。

業界もトップのSansanを筆頭にキヤノン系列のキヤノンエスキースシステム、ヤマト運輸系列のヤマトシステム開発、佐川急便系列のSGシステム、セールスフォース・ドットコムの代理店のサンブリッジ、ソフトバンクテレコムと連係するキングソフトや、独立系のeBASE、筆まめ、富士ゼロックスなど特色のある企業が参入しています。

本調査では、法人向け名刺管理サービスの業界動向、参入動向、参入時期、ビジネスモデル、市場規模動向を調べ整理しました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート 「名刺管理サービスの最新市場とSFA/CRM/MAの関係 ~SFA(営業支援システム)、CRM(顧客管理システム)、MA(マーケティングオートメーション)の入口の名刺管理サービス~」 として販売中です。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9259.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

法人向け名刺管理サービスの市場は、2020年に68億円に

法人向け名刺管理サービス市場は2007 年からの参入があり、2010 年には8 社の参入が見られた。2011 年から2012 年には3 社の参入と1社の撤退があり、2013 年から2016 年には撤退企業が出始め、2016 年6 月現在の稼働企業は16 社。

国内全体の名刺管理サービスの市場規模は2009 年3.7 億円、2010 年6.4 億円、2012 年に初めて10 億円を突破し、2013 年には約13.9 億円、2014 年は20 億円を超えた。特に2014 年はSansan の売上が拡大したことと、参入企業が増加して市場拡大した。

Sansan は、常に約8 割以上のシェアを誇っており、さらに2016 年度は大規模ユーザーの獲得を狙い、大手企業向けの新たな料金体系の「コーポレートライセンス」の提供開始。すでに三井物産が全社導入に至るなど実績を上げている。

今後は、毎年の伸び率は減少するが、2016 年には40 億円を超える。2020 年には70 億円弱が見込まれる。また今後、クラウドやSFA/CRMとの連携が増加すると思われる。

名刺管理サービス市場規模予測
今後、クラウドやSFA/CRMとの連携で、広義の市場はさらに広がる可能性

2015 年の法人向け名刺管理サービス市場は32.6 億円だが、2015 年以降はSFA市場は約140 億円、CRM市場は約400 億円、MA 市場が80 億円、OCR市場は約650 億円。そのうち、5%~10%が名刺管理サービスに関係すると思われる。

またSNS ユーザー6,500 万人のうち3%の195 万人が名刺管理で有料会員になる可能性があるとする。その条件で推定すると約197 億円が見込まれる。2015年の既存市場32.6憶円から広義の市場は約6倍に広がる。

広義の名刺管理市場
シェアトップ3は「Sansan」、「キヤノンエスキースシステム」、「ヤマトシステム開発」

2014 年の参入企業の金額シェアは、業界で以前からに参入しているSansan が80.8%でトップである。
2015 年も新規参入があるが、Sansan、キヤノンエスキースシステム、ヤマトシステム開発の3社で約9 割のシェアは変わらない。

法人向け名刺管理サービス 参入企業シェア(金額)

調査概要

調査対象
調査対象サービス
  法人向け名刺管理サービス (※クラウド型サービス)

調査対象企業(主要企業)
  Sansan、キヤノンエスキースシステム、ヤマトシステム開発、eBASE、もぐら、
  SGシステム、サンブリッジ、アイエックス・ナレッジ、ハンモック、アジルコア、
  KDDI、ナレッジスイート、キングソフト、鈴与シンワート、富士ゼロックス、
  筆まめ 計16社
調査方法
弊社データーベース及びオープンデータの活用
訪問取材及び電話・メール取材
調査期間
2016年5月10日〜8月10日
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得