プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2015年 > 9月15日発表

新刊調査レポートのお知らせ

2015/09/15

世界のバイオ医薬品受託製造企業の現状と将来展望 〜タンパク質医薬品編〜
■ バイオ医薬品のうちタンパク質医薬品に焦点を当ている世界のバイオ医薬品
  受託製造企業主要34社を調査。
  ✓ バイオ医薬品受託製造市場の市場規模がわかります。
    2020年には57.2億米ドル、うち、タンパク質医薬品受託製造は45.9億米ドル
  ✓ 主要企業を中心に、世界の企業動向がわかります。
  ✓ 34社の個票には、保有施設・設備と拡張の動き、受注実績・提携状況、
    製造技術の特徴、などを整理して掲載しました。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、世界のバイオ医薬品 ・タンパク質医薬品の受託製造企業の市場動向調査を実施し、このほど、この調査結果をまとめた市場調査レポート「2015年版 世界のバイオ医薬品受託製造企業の現状と将来展望 〜タンパク質医薬品編〜」 を発刊しましたのでお知らせいたします。

バイオ医薬品(バイオテクノロジー応用医薬品)とは、バイオテクノロジーを用いて製造された医薬品の総称であり、一般的に遺伝子組換え技術あるいは細胞培養技術を用い細胞から産生された遺伝子組換えタンパク質を指します。

本調査で対象としたバイオ医薬品受託製造企業(Biopharmaceutical Contract Manufacturing Organization:以下BCMOと略)は、遺伝子組換え、細胞融合、動物細胞・微生物培養などからなるバイオテクノロジー技術をベースに、バイオ医薬品を受託製造することを主たる事業として展開している企業です。 今回は、バイオ医薬品のうち、タンパク質医薬品に焦点を当てている世界の主要34社のBCMO企業の最新動向を調査し、現在のBCMOの市場規模や、今後のバイオ医薬品市場・バイオシミラー市場拡大へのBCMOの役割等について考察しました。

本書の詳細とご購入は →  http://store.seedplanning.co.jp/itm/8844.html

本書のポイントと掲載例は以下の通りです。

本書のポイント

■ バイオ医薬品のうちタンパク質医薬品に焦点を当ている世界のバイオ医薬品
  受託製造企業主要34社を調査。
  ✓ バイオ医薬品受託製造市場の市場規模がわかります。
    2020年には57.2億米ドル、うち、タンパク質医薬品受託製造は45.9億米ドル
  ✓ 主要企業を中心に、世界の企業動向がわかります。
  ✓ 34社の個票には、保有施設・設備と拡張の動き、受注実績・提携状況、
    製造技術の特徴、などを整理して掲載しました。

調査対象の34社は以下の通りです。

1 3P Biopharmaceuticals S.L.
2 AbbVie Inc.
3 Ajinomoto Althea, Inc.
4 Alpha Biologics
5 Asahi-grass co, Ltd.
6 Binex Co.,Ltd.
7 Boehringer Ingelheim
8 Catalent, Inc
9 Celltrion, Inc.
10 CMC Biologics
11 Cobra biologics
12 Cook Pharmica LLC
13 Cytovance Biologics, LLC
14 Eurogentec S.A.
15 Fujifilm Diosynth Biotechnologies   
16 Goodwin Biotechnology, Inc.
17 GlaxoSmithKline plc.
18 KBI Biopharma, Inc.
19 Lonza Group Ltd.
20 MGC Pharma Co.,Ltd..
21 Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd.
22 Pacific GMP
23 Paragon Bioservices
24 Patheon Inc.
25 ProBioGen AG
26 Rentschler Biotechnologie GmbH.
27 Samsung BioLogics
28 Sandoz International GmbH
29 Sigma-Aldrich Corporation
30 SynCo Bio Partners B.V.
31 TOYOBO CO., LTD.
32 UNIGEN Inc.
33 WuXi PharmaTech Inc.
34 Yokohama BioResearch & Supply, Inc.   

バイオ医薬品受託製造市場の市場規模がわかります。
  → 2020年には57.2億米ドル、うち、たんぱく質医薬品受託製造は45.9億米ドル

掲載例:2010年〜2020年のバイオ医薬品受託製造市場市場規模
2010年〜2020年のバイオ医薬品受託製造市場市場規模

主要企業を中心に、世界の企業動向がわかります。

バイオ医薬品受託製造の役割から企業動向までをコンパクトに整理して掲載しました。

掲載内容は以下の通りです。

  • バイオ医薬品受託製造の役割
    バイオ医薬品受託製造の役割/バイオ医薬品受託製造のメリット
  • タンパク質医薬品受託製造業務の特徴
    製造工程/生産系(哺乳動物細胞、微生物、その他の生産系)
  • タンパク質医薬品受託製造市場
    医薬品・タンパク質医薬品の市場/バイオ医薬品・タンパク質医薬品の受託製造市場
  • GMP対応培養槽の総容量
    哺乳動物細胞/微生物/地域分布(哺乳動物細胞、微生物)
  • 受託製造市場の牽引要因
    新規参入企業の動向(新規設立・新規開始、M&A、撤退)/バイオシミラー市場の拡大/シングルユース技術の普及
  • バイオ医薬品受託製造企業の戦略
    事業戦略の潮流/バイオ医薬品受託製造事業の形態(受託専業、受託兼業)/バイオ医薬品受託製造企業の受託規模

掲載例:BCMO 企業の2009 年以降の新規参入・M&A・撤退
BCMO 企業の2009 年以降の新規参入・M&A・撤退

34社の個票には、保有施設・設備と拡張の動き、受注実績・提携状況、製造技術の特徴、などを整理して掲載しました。

掲載例:個票の一部
個票の一部

本書の概要

レポート名
2015年版 世界のバイオ医薬品受託製造企業の現状と将来展望
〜タンパク質医薬品編〜
発 刊 日
2015年9月9日
体裁
A4 /226ページ
販売価格
書籍版またはPDF版 162,000円(税込)
書籍+PDF セット版194,400円(税込)
発行
株式会社シード・プランニング
調査対象
世界のたんぱく質医薬品受託製造企業 34社
調査方法
訪問ヒアリング、公開情報収集(各社のウエブサイト、プレスリリース、IR情報など)
調査期間
2015年1月〜9月
掲載内容
機チ躋臺
  1.定義
    バイオ医薬品の概要/バイオ医薬品における、タンパク質医薬品の定義/
    バイオ医薬品受託製造企業とは
  2.バイオ医薬品受託製造の役割
    バイオ医薬品受託製造の役割/バイオ医薬品受託製造のメリット
  3.タンパク質医薬品受託製造業務の特徴
    製造工程/生産系
  4.タンパク質医薬品受託製造市場
    医薬品・タンパク質医薬品の市場/バイオ医薬品・タンパク質医薬品の受託製造市場
  5.GMP対応培養槽の総容量
    哺乳動物細胞/微生物/地域分布
  6.受託製造市場の牽引要因
    新規参入企業の動向/バイオシミラー市場の拡大/シングルユース技術の普及
  7.バイオ医薬品受託製造企業の戦略
    事業戦略の潮流/バイオ医薬品受託製造事業の形態/バイオ医薬品受託製造企業の受託規模

供ツ敢嵯覯粍賤
  会社概要/バイオ医薬品受託業務/高発現プラットフォーム/その他受託業務/URL

掘ゴ覿噺追縞圈34社分)
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 野田(のだ)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得