プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2015年 > 3月12日発表

「おそうじロボット」のユーザー調査と2020年までの市場予測

2015/03/12

◆ 「おそうじロボット」所有者の、
  ✓ 所有しているブランドトップ3は、 ルンバ(アイロボット)、 ココロボ(シャープ)、
    ツカモトエイム
  ✓ 購入理由は、 便利そうだったから、 掃除が楽になると思った、ロボットに興味があった
  ✓ 購入後の満足度は73%が満足、吸引力に関しても約63%が満足
◆ 「おそうじロボット」非保有者の懸念は、
  ちゃんと掃除するか心配、 価格が高い、 吸引力が弱そう
◆ 「おそうじロボット」が徐々に普及し、2020年には100万台を超えると予想

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、「おそうじロボット」の導入・未導入ユーザー調査をおこなうとともに2020年までの市場予測を行い、このほど、その結果をまとめました。

2004年にアメリカiRobot社の「ルンバ」が販売されたのが、日本の「おそうじロボット」のスタートです。また同じころイギリス・ダイソンのサイクロン掃除機「DC12」も販売され、国内にタイプが異なる高額掃除機市場が出現しました。

発売当初は通信販売やテレビショッピングでの販売主体でしたが、徐々に量販店に「おそうじロボット」のデモコーナーが設置されるようになり、知名度も上がるにつれて、「おそうじロボット」の販売数も増えてきており、日本では累計100万台以上売れています。また2014年夏以降、東芝やパナソニック、ダイソンが参入発表して、この分野が注目されています。

本調査は「おそうじロボット」調査の第3弾になります。購入/未購入ユーザー調査とメーカーヒアリング調査により、現状の「おそうじロボット」のユーザーニーズ分析と製品動向・市場動向を調査しました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2015 「おそうじロボット」の導入/未導入ユーザー調査と市場動向 〜家庭用掃除機「おそうじロボット」の普及の可能性〜 」 として販売しております。

本書の詳細とご購入はこちらをご覧ください⇒ http://store.seedplanning.co.jp/item/8528.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

◆ 「おそうじロボット」所有者の、
  ✓ 所有しているブランドトップ3は、 ルンバ(アイロボット)、 ココロボ(シャープ)、
    ツカモトエイム
  ✓ 購入理由は、 便利そうだったから、 掃除が楽になると思った、 ロボットに興味があった
  ✓ 購入後の満足度は73%が満足、吸引力に関しても約63%が満足
◆ 「おそうじロボット」非保有者の懸念は、
  ちゃんと掃除するか心配、 価格が高い、 吸引力が弱そう
◆ 「おそうじロボット」が徐々に普及し、2020年には100万台を超えると予想

本調査は、2014年12月に「おそうじロボット」保有者400名、非所有者300名に対し、インターネットで行った。

所有しているブランド

「おそうじロボット」を所有している400ユーザーのうち実に76%がアイロボット社のルンバであった。
複数台所有しているユーザーもいるのでMAとした(400ユーザーが460台所有している)。

400ユーザーが所有しているブランド

購入理由

掃除が楽になることを期待しての購入理由が上位を占めている。

400ユーザーの購入理由

購入後の満足度

購入後の満足度について、以下の10項目について評価を尋ねた。

400ユーザーの項目別満足度

上記の項目別評価とは別に総合満足度を尋ねたところ73%のユーザーが「非常に満足」+「満足」と答え、「おそうじロボット」はユーザーの支持を得ていることがうかがえる。

総合満足度

非保有者の「おそうじロボット」に抱くイメージ

非保有者に「おそうじロボット」に対するイメージを聞いたところ、マイナスイメージとして「ちゃんと掃除してくれるか心配」、「価格が高い」、「電気掃除機に比べて吸引力が弱そう」などが上がった。 一方、プラスイメージとして「掃除に時間をかけたくないので便利そう」「掃除をすると疲れるので便利そう」などが上がった。

非保有者が「おそうじロボット」に抱くイメージ

「おそうじロボット」の市場規模予測

今後111〜114%の伸びを示して2020年には100万台を超えると予想する。
電気掃除機は毎年700万台前後売れており、電気掃除機に占める「おそうじロボット」の割合は、2020年で約16%になると予想する。

「おそうじロボット」の市場規模予測

調査概要

調査対象
  • おそうじロボットユーザー400名
  • おそうじロボット非ユーザー300名
  • お掃除ロボットメーカー、関連企業 他
調査方法
  • ネットアンケート調査、主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理
調査期間
  • 2014年11月〜2015年2月 
調査内容
  • 「おそうじロボット」の製品動向
    「おそうじロボット」業界動向/最近の動向/国内販売されている主な「おそうじロボット」/海外販売されている「おそうじロボット」/過去に販売された「おそうじロボット」/関連情報
  • 「おそうじロボット」のユーザー動向
    購入ユーザー(400名)/未購入ユーザー(300名)/過去3回の調査との比較分析/自由回答(テキストマイニング)分析/クロス集計(コレエスポンデンス分析:年齢、性別、性年代別等)
  • 「おそうじロボット」の企業動向
    セールス・オン デマンド、ダイソン、東芝ライフスタイル、ツカモトエイム、シー・シー・ピー、シャープ、パナソニック ほか
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得