プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2013年 > 12月10日発表

3Dプリンターの市場動向調査結果

2013/12/10

◆ 3D活用分野11分野、3D関連ビジネス9分野、計20分野について分析。
  注目分野は、医療と金型。
◆ 3Dプリンターの国内市場は、2020年に4万台、194億円の市場となる。
  なかでも、パーソナルタイプが、台数では97%(39,000台)を占め、
  金額では50%(97億円)を超える。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、3Dプリンター普及によるビジネスの変化と市場動向に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

3Dプリンターは20 数年前から発売されいますが、しばらくは数千万円以上と高額で、特定での分野での利用に限られていましたが、2000 年に入り、デジタル技術の普及に加え新しい素材、接着材の進化などにより、3Dプリンターの価格が数千万円から、数百万円〜数十万円と安価な製品も開発されてきました。 
2010 年以降、3Dプリンターの方式の特許が切れたことで、安価な3Dプリンターが発売され、また、今までは有料の3DCADソフトしかありませんでしたが、2012 年頃から無料の3DCADソフトが公開されたことも3Dプリンターの普及に大きく影響しています。
2013 年に入り、メディアで3Dプリンターを取り上げられることが増えたことや、米国・オバマ大統領の「すべてのモノづくりのあり方に革命を起こす」と評価された演説など、3Dプリンターに追い風が吹いているといえます。

本調査は、本年1月の調査に続き2回目の調査となります。今回は3Dプリンターメーカー、販売代理店以外に、3Dプリントサービス、3DCAD ソフトなどの関連する企業も新しく調査しました。それにより3Dプリンターがモノづくり工程の中でどこに位置づけられ、さまざまな業界にどのように影響を与え、新しいビジネスを創出するかのポイントで分析しました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「3Dプリンター普及による各種業界のビジネス変化と市場動向 −世界の3Dプリンター導入事例と関連事業分析−」(価格:180,000円:消費税別、2013年11月29日発刊)として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント


3D活用分野11分野、3D関連ビジネス9分野、計20分野について分析。
注目分野は、医療と金型。


• 今回調査対象としたのは、以下の20分野。

対象分野

• 「活用分野」で注目したいのは「医療分野」と「金型分野」。

✓ 医療分野における3D プリンターの活用方法は、大きく「臓器模型の製造」と「移植用の臓器の製造」の2 種類に分かれる。医療分野での3D プリンターを活用した市場の市場規模は、2020 年までに100 億円規模に達するとみられる。 臓器模型での適用例としては、患者や家族への説明用、教育、手術の練習、胎児の模型、内臓脂肪の模型などがある。
移植用の臓器としては、人工関節、人口骨、鼻軟骨、耳、指、角膜、弁、血管、などがある。

✓ 金型製造において金属光造形装置(3Dプリンター)を導入している企業は現在、大手企業がメインである。中小企業が大部分の金型製造業業界において、3D プリンターを導入している企業は少ない。


3Dプリンターの国内市場は、2020年に4万台、194億円の市場となる。
なかでも、パーソナルタイプが、台数では97%(39,000台)を占め、
金額では50%(97億円)を超える。


本調査では、3Dプリンターを下記の3分類で分類し、台数・金額を算出している。

分類

✓ 台数は100 万円以下のパーソナルタイプが増加し、2020 年には台数は2013 年に比べて約12 倍、金額は約1.6 倍が見込まれる。

✓ ハイレベルタイプは2013 年以降、微増で推移すると予測した。ミドルレベルタイプは前年伸び率130%から年々減少し、2016 年は109%になる。パーソナルタイプは2014 年〜2015 年の伸び率がピークで、170%前後になる。

国内の3Dプリンター市場規模予測
国内の3Dプリンター市場規模予測

調査概要

調査対象
<取材企業> DMM.com、SOLIZE Products、オープンキューブ、キーエンス、ジェイ・エム・シー、シーフォース、シーメット、ファソテック、フォーラムエイト、ヤマダ電機、松浦機械製作所
以上11 社 その他、関連企業・団体

※海外企業はアイルランド、アメリカ、スウェーデン、中国、ドイツなど39 社を調査
調査方法
直接訪問取材及び電話取材/オープンデータ調査
調査期間
2013 年8 月10 日〜2013 年11 月20 日
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得