プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2012年 > 7月26日発表

世界のスマートフォン普及予測

2012/07/26

• 2011年の世界のスマートフォン普及台数は、8億7,200万加入。
  人口普及率12%。
• 2016年末では、37億4,600万加入、人口普及率49%と予測。
  地域別人口普及率は、北米96%、欧州64%、中南米50%、アジア・太平洋46%、中近東・アフリカ38%。
• 携帯電話に占めるスマートフォン比率は、2011年の15%から2016年には約半数になると予測。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、世界のスマートフォンに関する市場規模調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

スマートフォンのグローバル市場は急速に伸びており、2016年には単年度の販売台数が12億台に達すると予想されます。
好調な販売で、普及では、2016年末37億4,600万加入、人口普及率で50%近くに達する見込みです。なかでも、先進国では、アメリカが人口普及率100%に達し、英国では92%、ドイツ、フランスが78%、日本でも70%を超えると予想されます。

本調査では、海外メーカー9社、国内メーカー6社のスマートフォン事業動向、メーカーシェア等の分析をもとに、主要国・地域別の普及動向をまとめました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2012−2013年版スマートフォン/タブレットのグローバル市場展望」(価格:160,000円+消費税、2012年7月9日発刊)として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

• 2011年の世界のスマートフォン普及台数は、8億7,200万加入。人口普及率12%。
• 2016年末では、37億4,600万加入、人口普及率49%と予測。
  地域別人口普及率は、北米96%、欧州64%、中南米50%、アジア・太平洋46%、中近東・アフリカ38%。

世界のスマートフォン普及台数予測/世界のスマートフォン地域別人口普及率

(参考) 主要国のスマートフォン人口普及率は以下の通り。

主要国のスマートフォン人口普及率

• 携帯電話に占めるスマートフォン比率は2011年の15%から2016年には約半数になると予測。

世界の携帯電話普及予測

世界の携帯電話加入数は、2011年の60億1,100万加入から2016年には78億6,300加入となり、その48%がスマートフォン加入者になると予測される。

調査概要

調査内容
(1) スマートフォン市場展望
(2) スマートフォン/タブレット端末動向
(3) グローバル展開のための関連動向
(4) 端末メーカー動向
   <グローバルメーカー>
    Nokai、Apple、Samsung 電子、LG エレクトロニクス、ZTE/中興、Huawei/華為、
    HTC、リサーチ・イン・モーション/RIM、Motorola Mobility
   <国内メーカー>
    Sony Mobile Communications、シャープ、富士通、京セラ、
    パナソニックモバイルコミュニケーションズ、NEC カシオモバイルコミュニケーションズ
(5) コンシューマユーザー利用実態分析
(6) 法人ユーザー利用実態分析
調査方法
ヒアリングインタビュー、各種アンケート調査、情報収集及び蓄積情報を総合して分析、レポーティング
調査期間
2012 年4 月〜7 月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 杉本(すぎもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得