プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2012年 > 6月14日発表

リスティング広告自動入札ツールの導入件数推計結果

2012/06/14

◆ 国内リスティング広告自動入札ツール導入件数は、
  ・2012年5月時点で1,200件と推計。
  ・2012年末時点で、1,600件、2015年末時点で3,000件に達する見込み。
◆ 国産ツールが市場の拡大に大きく貢献。
  ・2012年5月末時点の自動入札ツール導入件数第一位は、ロックオン
   AD EBiS AutoBid。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、リスティング広告自動入札ツールの普及状況を調査しました。

リスティング広告自動入札ツールとは、広告主や、それに代わる広告会社が、インターネット広告として代表的な、Google AdWords広告や、Yahoo!リスティング広告などの、入札制度を導入し、主にユーザーの検索キーワードに連動して表示される広告を出稿するにあたり、その効果を最適化し、かつ出稿業務を効率化することを目的とした既成のソフトウェア製品※です。

※広告会社による自社社内向け開発ツール及び、OEMとして広告会社に提供されている自動入札システムを除く。

リスティング広告自動入札ツールは、元々リスティング広告の普及が日本よりも早く進んだ米国・英国などにおいて、2000年代中頃に開発されました。
日本においては、2000年代後半から海外製品が国内に本格的に持ち込まれ、広告主や、その広告出稿業務を請け負う広告会社向けに普及がはじまりましたが、その広がりは、月額数千万円規模などの大規模な広告予算を使い、数万キーワードの広告出稿を運用管理する一部の利用者層に留まっていました。しかしながら、2011年以降、より広い利用者層を対象に、普及が進みつつあります。

なお、本調査の詳細は、2012年7月に発刊予定の調査研究レポート「2012年版インターネット広告の市場動向調査」及び、8月発刊予定の「インターネット広告流通自動化とアドテクノロジー業界の動向調査」に掲載いたします。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

◆ 国内リスティング広告自動入札ツール導入件数は、
  ・2012年5月時点で1,200件と推計。
  ・2012年末時点で、1,600件、2015年末時点で3,000件に達する見込み。

リスティング広告自動入札ツールは、2000年代後半期は、大手広告主のリスティング広告運用を効率的かつ効果的に運用するために適した海外製のものを中心に普及が進んだ。
2011年後半以降、インターネット広告を取り扱う広告会社による広告取扱業務効率化と他社とのサービス差別化体制の再構築に向けた需要拡大を背景に、自動入札ツールの普及が再拡大した。
また、大手広告主、広告会社に限らず、中堅・中小規模の広告主、広告会社など利用者層の広がりがみられており、導入件数が急増している。
尚、2012年5月時点の国内リスティング広告自動入札ツール導入件数は、およそ1,200件と推定される。今後も導入件数は拡大が続き、2012年末時点で1,600件に達することが見込まれる。

国内リスティング広告自動入札ツール導入件数の予測 2010年−2015年

国内インターネット広告市場では、現在リスティング広告やディスプレイ広告の取引工程の効率化・自動化が急速に進んでおり、広告会社各社はこれにあわせて、広告取扱い業務工程の見直しを進めている。
リスティング広告自動入札ツールは、Ignition Oneや、Efficient Frontier、KENSHOOなどの海外製ツールなどを皮切りに、ディスプレイ広告を自動取引するDSP※やソーシャルメディアマーケティング管理ツールなどと一体化し、オンラインキャンペーン全般を統合的に管理するマーケティングプラットフォームへと移行する方向に向かいつつあり、広告主や広告会社の新しい需要を生み出している。

※Demand Side Platform

このような市場環境を背景に、リスティング広告自動入札ツール及びこれと一体化したマーケティングプラットフォームは、今後インターネット広告を利用する幅広い層の広告主、広告会社に普及し、2015年末時点での導入件数は、3,500件に達することが予想される。

◆ 国産ツールが市場の拡大に大きく貢献。
  ・2012年5月末時点の自動入札ツール導入件数第一位は、ロックオン
   AD EBiS AutoBid。

2012年は、日本の広告主や広告会社のリスティング広告運用事情に配慮して開発された国産の自動入札ツールが、中堅・中小規模の広告主や広告会社の需要を獲得し、導入件数を伸ばしている。
同年5月末時点の自動入札ツール導入件数第一位は、AD EBiS AutoBidである。
なお、大手広告主向けに多く導入されている海外製の自動入札ツールでは、Ignition Oneの導入件数が最も多いと推定される。

リスティング広告自動入札ツール導入件数(2012年5月末時点)

調査概要

調査方法
各種公開情報等の収集、訪問・電話によるヒアリング調査
調査対象
リスティング広告自動入札ツールベンダー、広告代理店各社
調査期間
2012年4月〜2012年5月
調査項目
・自動入札ツールの普及状況
・自動入札ツール事業者シェア
・自動入札ツールベンダー動向
・自動入札ツールユーザー(広告主、代理店)動向
・自動入札ツールの今後
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 野下(のした)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得