プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2009年 > 7月17日発表

デジタルシネマと3Dシネマの市場予測がまとまりました

2009/07/17

国内の3Dシネマは、2018年に600スクリーン、全スクリーンの20%になると予測。デジタルシネマ率は83%に
世界の3Dシネマは、2018年に16,700スクリーン、全スクリーンの22%に

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、デジタルシネマと3Dシネマについて調査を行い、このほど、その結果をまとめました。

2005年、米国ハリウッドの大手映画製作・配給会社7社は、ハリウッド映画のデジタル配給、上映に関する仕様を公開しました。デジタルシネマの規格化は、映画のデジタルデータの国際間の流通を容易にするだけでなく、コンテンツ制作など広範囲にわたって円滑な流れを実現します。また、映画産業の新たな振興のためハリウッドは3Dシネマの製作配給に注力し、2008年には100本以上が公開及び公開予定になりました。

本調査では、デジタルシネマと3Dシネマに取り組むシネマコンプレックス事業者、デジタルプロジェクターなどの3Dシステムメーカー、スタジオ、ポストプロダクション、通信事業者を中心に調査を行い、デジタルシネマと3Dシネマビジネスの動向把握と、2018年までの市場規模予測を行いました。

 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2009年版 デジタルシネマと3Dシネマビジネスの最新動向と将来展望」(2009年7月7日発刊)として販売しております。

 

調査結果のポイントは以下の通りです。

国内の3Dシネマは、2018年に600スクリーン、全スクリーンの20%になると予測。デジタルシネマ率は83%に

国内のスクリーン数はシネマコンプレックスの増加とともに拡大し、2006年には3,000スクリーンを超えた。2008年末では3,359スクリーンになり、約8割がシネマコンプレックスで占められる。しかし、今後、スクリーンの減少が進み、2016年には3,000スクリーンになり、2006年の同等レベルで落ち着くと思われる。
国内のデジタルシネマ数は2010年にスクリーンの10%を超え、2012年には20%、2014年には40%弱、2018年は80%を超えると予測した。
2008年に入り、ハリウッド映画で3D対応の作品数が多く制作され、これが国内の劇場でデジタル化が促進される背景になった。3Dシネマがデジタルスクリーン導入の牽引役となっている。ただし、全ての映画作品が3D化することはないため全てのスクリーンを3D化する必要はない。
2008年から2010年まで3Dデジタルシステムの割合が急増するが、その後はデジタルシネマ全体が順調に増加し、3Dデジタルシステムの割合が減少する。2018年にはデジタルスクリーン全体に占める3Dデジタルシステムの割合は24%(全スクリーンに占める3Dシネマ比率は20%)になる。

国内のデジタルシネマと3Dシネマの普及予測

世界の3Dシネマは、2018年に16,700スクリーン、全スクリーンの22%に

スクリーン数は、北米、欧州では飽和状態だが、アジアとその他地区は増加傾向にある。全世界では減少に向かい、2008年83,000スクリーンが2018年には75,000スクリーンとなる。
普及予測は、2009年末公開の3D映画「Avatar(アバター)」(ジェームズ・キャメロン監督)がヒットし、映画館に3Dシネマのビジネスメリットが認識されることを前提に行った。
2008〜2010年は、3Dシネマが牽引する第一次デジタルシネマ普及期となり、2010年にはデジタルシネマの約半数に3Dシネマが導入される。
2014〜2016年は、デジタルシネマスクリーンが増えたことによるコスト削減が現実のものとなる。フィルムでの配給をしない映画タイトルも現れる。第二次デジタルシネマ普及期となる。
2018年には全スクリーンの約8割がデジタルスクリーンになる。デジタルシネマの28%(全スクリーンに対しては22%)が3Dシネマになる。

世界のデジタルシネマ・3Dシネマ普及予測

<調査概要>

調査対象
  1. シネマコンプレックス事業者
  2. メーカ(プロジェクター、カメラ、3Dシステム)
  3. スタジオ、ポストプロダクション
  4. 通信事業者
       合計17社
調査方法
直接訪問取材及び電話取材、オープンデータ調査
調査期間
2009 年3月〜6月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)・山本(やまもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得