プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2019年 > 9月25日発表

新刊市場調査レポートのお知らせ

2019/09/25

RE100参加企業の取組事例と今後の方向性
− ポストFIT時代における脱炭素社会実現に向けたエネルギー戦略 −
[本書のポイント]
RE100の概要と日本の参加企業19社の取り組み事例を俯瞰できる最新レポート。
この1冊でRE100のポイントがわかります。
• RE100の概要と世界の動きがわかります
• 日本の参加企業19社の取組事例を掲載、参加に向けての社内推進体制構築の
 ヒントが得られます
• 官公庁・自治体の取り組みがわかります
• 再エネ電力の調達方法がわかります

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、市場調査レポート「RE100参加企業の取り組み事例と今後の方向性 ~ポストFIT時代における脱炭素社会実現に向けたエネルギー戦略~ 」を発刊いたしましたのでお知らせいたします。

RE100とは、事業運営に必要な電力の100%を再生可能エネルギーから調達することを目標に掲げる企業が参加する国際的なイニシアチブで、2014年9月に発足しました。2019年6月末現在、全世界で176社がRE100に加盟しています。日本企業にも加盟が広がっており、2017年4月に最初の加盟企業となったリコーに続いて、積水ハウス、アスクル、大和ハウス工業など、2019年6月末時点で19社がRE100に加盟しています。

RE100に参加することでESG投資を呼び込むことができるほか、RE100加盟企業のApple社が、自社との取引条件にRE100に加盟していることを要求する状況が生まれており、こうした市場背景によって、国際的に事業を展開するすべての企業が、RE100加盟を検討しなくてはいけない時期に来ています。

日本においては現在、RE100加盟の対象とならない企業や、自治体、教育機関、医療機関などのあらゆる需要家が、事業運営に必要な電力の100%を再エネ由来にすることを表明できる「再エネ100宣言 RE Action」と呼ばれる構想が、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)を中心に進められており、RE100加盟企業のサプライヤーにとっても、RE100への賛同を意思表示できるようになることが期待されています。

本書は、こうした背景を踏まえ、RE100の動向と参加19社の取組事例、再生可能エネルギー由来電力の調達方法など、RE100のポイントをコンパクトにまとめました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/itm/10484.html

本書の構成と調査概要、掲載例は以下の通りです。

掲載内容と掲載例

本書の構成

本書は5章で構成。第2章では日本のRE100参加企業19社の事例を紹介しています。
この一冊で、RE100の動向と参加に向けて検討すべきポイントがわかります。

本書の構成1
本書の構成2

調査概要

調査対象と
 調査方法
ヒアリング調査(9 件):○印はRE100加盟企業
 ○積水ハウス株式会社   ○城南信用金庫
 ○株式会社丸井グループ  ○富士通株式会社
 ○株式会社エンビプロ・ホールディングス ○生活協同組合コープさっぽろ
 ○戸田建設株式会社    ○大東建託株式会社
 株式会社NTTファシリティーズ
公開情報整理(13社):○印はRE100加盟企業
 ○株式会社リコー     ○アスクル株式会社
 ○大和ハウス工業株式会社 ○ワタミ株式会社
 ○イオン株式会社     ○ソニー株式会社
 ○芙蓉総合リース株式会社 ○コニカミノルタ株式会社
 ○株式会社野村総合研究所 ○東急不動産株式会社
 ○富士フイルムホールディングス株式会社
 株式会社エネット     みんな電力株式会社
調査項目 (1)会社概要        (2)RE100 計画概要
(3)RE100 加盟の理由   (4)RE100 加盟の主導部署
(5)RE100 加盟の道のり  (6)RE100 加盟に要したコスト
(7)RE100 加盟後の取組  (8)再エネ調達において想定している課題
(9)RE100 加盟によって得られたベネフィット
(10)RE100 加盟企業としての社会的責任
調査時期 2019年3月〜2019年8月

掲載例

「第2章 日本のRE100加盟企業  1.総括」に掲載の電力調達手段の分類一覧表

「第2章 日本のRE100加盟企業  1.総括」に掲載の電力調達手段の分類一覧表

掲載例

「第2章 日本のRE100加盟企業  2.日本のRE100 加盟企業」に掲載の個票の例

「第2章 日本のRE100加盟企業  2.日本のRE100 加盟企業」に掲載の個票の例

本書の概要

レポート名
RE100参加企業の取組事例と今後の方向性
〜ポストFIT時代における脱炭素社会実現に向けたエネルギー戦略〜
発刊日
2019年8月30日
体裁
A4 / 157ページ
発行
株式会社 シード・プランニング
価格
書籍版またはPDF版   120,000円+消費税
書籍+PDF セット版  150,000円+消費税
目次(概要)
はじめに
調査概要
RE100関係図
RE100年表
前説
  1.世界で進む再生可能エネルギーの拡大とパリ協定
  2.遅ればせながら決めた日本政府の『再生可能エネルギー主力電源化』
  3.世界的企業の『RE100』加盟と続く日本企業のRE100参加
  4.企業活動の生命線となる再生可能エネルギーとRE100
  5.再生可能エネルギー供給で決定的に差がつく地域の活性化
第1章 RE100の概要と世界情勢
  1.世界の中での『RE100』  2.RE100の概要
  3.RE100イニシアチブ参加企業の状況
第2章 日本のRE100加盟企業
  1.総括           2.日本のRE100加盟企業の事例
第3章 日本企業にとっての『RE100』の重要性
  1.『RE100』企業、Apple 社がサプライヤーに要求したこと
  2.再エネ100宣言 RE Action 協議会による中小企業版RE100の推進
  3.環境省による中小企業版RE100の推進
第4章 官公庁・自治体の取り組み
  1.官公庁の取り組み、環境省 2.自治体の取り組み、横浜市
  3.自治体の取り組み、長野県
第5章 『RE100』を実現する⽅法
  1.再エネ電源はどこにあるのか
  2.再エネ電力をつくる
  3.再エネ電力を買う
  4.証書を活用する
  5.『RE100化』支援ビジネスの利用
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得