プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 6月1日発表

新刊調査レポートのお知らせ

2018/06/01

衛星測位システム受信機総覧 2018
- 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 -

[本書のポイント]
衛星測位サービスに欠かせない受信機の概要を、QBIC規格に準じて整理したレポート
• 現在市場に出ている受信機(チップ・モジュール製品など)の対応信号や用途、
 価格状況等がこの1冊でわかる
• 衛星測位の受信機システム市場は、2020年に100億円、2025年に115億円と予測

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、市場調査レポート「衛星測位システム受信機総覧 2018  - 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 -」を発刊しましたのでお知らせいたします。

衛星測位システムは、カーナビゲーションシステムをはじめとして、測量、時刻管理、交通管制など様々な分野において活用されており、 米国GPS(Global Positioning System)や、ロシアGLONASS(Global Navigation Satellite System)がよく知られています。

現在、中国はBeiDou、欧州はGalileo、インドはNAVICと独自に測位衛星システムの構築を進めていますが、わが国でも、日本をはじめアジア・オセアニア地域での利用を想定した準天頂衛星システムQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)の運用が2018年11月から4機体制で開始されます。独自の自立測位を可能とする7機体制の構築は2023年での実現に向け研究されています。

QZSSは、日本上空において少なくとも1機はほぼ天頂に位置するような地球周回軌道を構築しているため高層ビル等の間でも受信できるだけでなく、他の衛星システムと異なり測位信号に加え高精度測位を実現する補強情報を合わせて送信するためユーザに利用しやすい環境を実現します。

このレポートは、衛星測位チップ/モジュール/受信機メーカ33社の協力を頂き、各企業の衛星測位システムへの取組み、今後の準天頂衛星に係る取り組み、代表的製品について纏めた資料です。

編集には、一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)にご協力をいただきました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/10063.html

本書の掲載内容と本書の概要は以下の通りです。

掲載内容と掲載例

本書の構成

本書は以下の2章で構成。現在、市場に出ている受信機(チップ・モジュール製品など)の対応信号や用途、価格状況等がこの1冊でわかります。

章建て 章建て 掲載内容
第1 章
測位衛星端末の全般・概要
1. 測位端末の分類について
2.測位衛星・受信機製品一覧
3. 受信機動向について
4. 準天頂衛星QZS信号利用について
5. 新たな市場創造〜海外トピック事項〜
6. 準天頂衛星システム・受信機市場規模
第2 章
個別企業・製品概要(33社の個票を掲載)
衛星測位チップ/モジュール/受信機メーカー33の以下の項目を掲載。
• 企業概要
• 衛星ビジネスへの取り組み・経緯
• 今後の準天頂衛星に係る製品開発等
• 準天頂衛星関連製品概要

<掲載企業>
1 (株)アカサテック
2 (株)アムテックス
3 (株)コア
4 (株)コヴィア
5 (株)小泉測機製作所
6 (株)光電製作所
7 ジオサーフ(株)
8 スペースリンク(株)
9 セイコーエプソン(株)
10 (株)センサコム
11 (株)ZMP
12 ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)
13 測位衛星技術(株)
14 (株)トプコン
15 東京航空計器(株)
16 TI アサヒ(株)
17 長田電機(株)
18 (株)ニコン・トリンブル
19 日本無線(株)
20 日立造船(株)
21 古野電気(株)
22 (株)ヘミスフィア
23 パナソニック(株)
24 三菱電機(株)
25 マゼランシステムズジャパン(株)
26 ライカジオシステムズ(株)
27 セプテントリオ
28 ジャバドGNSS
29 NavCom Technology, Inc
30 Broadcom Limited
31 MediaTek Inc
32 Qualcomm, Inc
33 u-blox Ltd

準天頂衛星受信機(チップ・モジュール等)主要参入企業製品の一覧を掲載

主要参入企業の製品の価格、用途、対応信号などを一覧化。

第1章 2. 測位衛星・受信機製品一覧    (2018年4月現在)掲載例

受信機システムの市場規模予測

受信機システムの市場規模は、現在、利用実証を行っている分野に限定して推計すると、2020年でおよそ100億円、2025年には115億円と予測。

第1章 6. 準天頂衛星システム・受信機の市場規模 掲載例

参入企業33社の個票を掲載

参入企業33社の個票を掲載
受信機システムに参入している主要33社の個票を掲載。
<掲載内容>
 • 企業概要
 • 衛星ビジネスへの取り組み・経緯
 • 今後の準天頂衛星に係る製品開発等
 • 準天頂衛星関連製品概要

第2章 個別企業・製品概要(33社の個票)掲載例

本書の概要

レポート名
衛星測位システム受信機総覧2018
- 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 -
発 刊 日
2018年5月25日
体  裁
A4 /180ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  21,600円(税込)
書籍+PDFセット版  37,800円(税込)
編集協力
一般財団法人 衛星測位利用推進センター (SPAC)
発  行
(株)シード・プランニング
掲載内容
はじめに
第1 章測位衛星端末の全般・概要
  1. 測位端末の分類について
  2. 測位衛星・受信機製品一覧
  3. 受信機動向について
  4. 準天頂衛星QZS 信号利用について
  5. 新たな市場創造 〜海外トピック事項〜
  6. 準天頂衛星システム・受信機市場規模
第2 章 個別企業・製品概要(33社の個票を掲載)
  1 (株)アカサテック   2 (株)アムテックス   3 (株)コア
  4 (株)コヴィア     5 (株)小泉測機製作所  6 (株)光電製作所
  7 ジオサーフ(株)    8 スペースリンク(株)  9 セイコーエプソン(株)
  10 (株)センサコム   11 (株)ZMP      12 ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)
  13 測位衛星技術(株)  14 (株)トプコン    15 東京航空計器(株)
  16 TIアサヒ(株)    17 長田電機(株)    18 (株)ニコン・トリンブル
  19 日本無線(株)    20 日立造船(株)    21 古野電気(株)
  22 (株)ヘミスフィア  23 パナソニック(株)  24 三菱電機(株)
  25 マゼランシステムズジャパン(株)         26 ライカジオシステムズ(株)
  27 セプテントリオ    28 ジャバドGNSS     29 NavCom Technology, Inc
  30 Broadcom Limited  31 MediaTek Inc     32 Qualcomm, Inc
  33 u-blox Ltd
<参考>
  準天頂衛星を用いた測位端末の分類コード 利用ガイダンス(ドラフト版)
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得