プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 5月30日発表

市場調査結果

2018/05/30

 5Gモバイルサービスの市場予測
世界の5Gモバイルサービス加入数は、
2025年に21億8,700万加入と予測、2020年比29倍に増加
 → 2025年には5Gがモバイルサービス加入数の1/5を占める
 → 5G増加要因は、
  ・ 5G標準化により2019年より本格サービスが実現
  ・ 北米・韓国・日本・中国が牽引
  ・ 2021年には中南米で開始

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、世界の5Gモバイルサービス市場に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

5G モバイルサービスは、LTE サービスの上に構築され、LTE/4G よりも100 倍~1,000倍の大容量通信、超低遅延、超多量デバイスの接続等が実現します。

5Gモバイルサービスは、2018年韓国平昌五輪で独自方式で「ICT五輪」、「5G五輪」として実施しました。2020 年東京五輪・パラリンピックでは標準化も進み更なる発展した5Gサービスが提供される予定です。

世界的には、韓国、米国、日本、中国がLTE と同様に先行するものと思われます。欧州においても、同じタイミングでのサービスに向けた、取組みが進められています。2021年には中南米でサービス開始される予定です。

本調査結果の詳細は、現在販売中の調査研究レポート「5Gモバイルサービスの市場展望 ―2018年平昌、2020年東京、2022年北京五輪における5Gサービスの進化-」に掲載しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9916.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

世界の5Gモバイルサービス加入数は、
2025年に21億8,700万加入と予測、2020年比29倍に増加
 → 2025年には5Gがモバイルサービス加入数の1/5を占める
 → 5G増加要因は、
  ・ 5G標準化により2019年より本格サービスが実現
  ・ 北米・韓国・日本・中国が牽引
  ・ 2021年には中南米で開始
世界の5Gモバイルサービス加入数は、
  2025年に21億8,700万加入と予測、2020年比29倍に増加。
世界の5Gモバイルサービス加入数予測

5Gサービスの世界加入数は、2020年で7,500万加入と予測した。2021年には前年比約4倍の3億加入を超え、2022年には前年比約2.3倍の7億加入を突破し、2025年には22億加入に迫ると予測する。

2025年には5Gがモバイルサービス加入数の1/5を占める

世界のモバイルサービス加入数は2025年に102億700万加入(弊社予測)。よって、モバイルサービス加入者の1/5が5Gになる。

世界のモバイルサービスに占める5Gの普及予測

5G増加要因は

  • 5G標準化で2019年より本格サービスが実現し、各国でサービスを開始する
  • 2021年には中南米で開始する
  • 北米とアジア・太平洋地域(特に韓国・日本・中国)が牽引する
    北米は2025年にモバイルサービス加入の50%が5Gに、アジア・太平洋地域は2025年に同30%が5Gになると予測する。
    → 北米・・・2018年、主要都市におけるトライアルから商用化に向かう。
    → 韓国・・・2018年の平昌冬季五輪のトライアル結果を踏まえ各キャリアは商用化
    → 日本・・・2018年の大規模トライアルを踏まえ2020年の東京五輪で商用化
    → 中国・・・2017~18年に主要都市で大規模トライアル。2022年北京五輪で本格普及。
世界のモバイルサービス5G化率推移予測

調査概要

調査内容
(1) 5G モバイルサービス
   − 国内・グローバルの5G サービス加入数、端末販売
   − 5G 商用サービス開始、標準化動向
(2) 2018 年韓国平昌五輪5G サービス
   − 平昌5G オリンピックの取組み、韓国における5G×IoT サービス
(3) 2020 年東京五輪5G サービス
   − 5G サービスの開始、5G ネットワーク、5G サービスの取り組み
(4) 米国の取組み
(5) 中国の取組み
(6) 欧州の取組み
(7) 5G ベンダーの動向
   − ベンダーの5G ネットワーク提供
     Huawei、Ericsson、Nokia、ZTE、Samsung 電子、Qualcomm、Intel、NEC、富士通
   − 端末メーカー
     Samsung 電子、アップル、Huawei、OPPO、Xiaomi、LG エレクトロニクス、ZTE
調査方法
メーカー、キャリア等ヒアリング、及び各種情報収取分析により作成
調査期間
2018 年1 月〜2018 年4 月

調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名
5Gモバイルサービスの市場展望
― 2018年平昌、2020年東京、2022年北京五輪における5Gサービスの進化 ―
発刊日/体裁
2018/4/20  A4/243ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  183,600円(税込)
書籍+PDF セット版  205,200円(税込)
目    次
※詳細は、 http://store.seedplanning.co.jp/item/9916.html をご覧ください。

はじめに
調査概要
機チ躋臺圈瞥很鵝Ε汽泪蝓次
  5G サービスの早期提供/5G サービス契約数予測/国内5G サービス契約数
供5G ベンダーの動向
  • ベンダーの5G ネットワーク提供
  • 端末メーカー
掘2018 年韓国平昌五輪5G サービス
  • 韓国・平昌五輪の5G サービス
  • 韓国における5G サービス
検2020 年東京五輪5G サービス
  • 5G サービスの開始
  • 5G サービスの取り組み
  • 5G により変化するビジネス
后ダこΔ5G サービス
  • 2019 年から5G 商用サービス開始
  • 5Gサービスを必要とする環境
  • 米国の取組み
  • 中国の取組み
  • 欧州の取組み
  • 5G サービスの市場予測
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得