プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 4月27日発表

市場調査結果

2018/04/27

携帯電話の2025年までの世界市場予測
世界の携帯電話/モバイル加入数は、2025年に102億700万加入と予測。
 → スマートフォンが加入数の71%を占める。2016年の50%から大幅増。
 → LTEサービスと5Gサービスを合わせた加入数シェアは74%。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、携帯電話の世界市場に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

携帯電話の世界市場は、2017 年末には約 81 億 6.900 万加入、世界全体の人口普及率は約 100%に達しています。

2017−2018 年の世界携帯電話市場は、4 つの大きな変化が進行しています。

スマートフォン販売が増加し、スマートフォンが市場の中心を占めるようになっています。スマートフォンは、年間端末販売の約 8 割以上を占るようになっており、スマートフォン上位メーカーシェアの変動が起こっています。

LTE ネットワークの拡大とLTE サービスの本格普及が進んでいます。 北米、日本、韓国、中国、オーストラリアなどが高普及で、2018 年には 31 億 1.200 万加入と予測します。

インド、中国、インドネシア等新興国が市場を牽引しています。

5G サービスの標準化が進展し、2019 年から立ち上がり、2025 年には21 億 8.700 万加入と予測されます。

本調査は、24年連続の調査となります。本調査結果の詳細は、現在販売中の調査研究レポート「2018年版 携帯電話の世界市場」に掲載しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9913.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

世界の携帯電話/モバイル加入数は、2025年に102億700万加入と予測。
 → スマートフォンが加入数の71%を占める。
   スマートフォンが加入数の71%を占める。
 → LTEサービスと5Gサービスを合わせた加入数シェアは74%。
世界の携帯電話/モバイル加入数は2025年に102億700万加入と予測
世界の携帯電話/モバイル回線加入数予測

世界の携帯電話/モバイル加入数は、2016年に79億4800万加入であった。
2025年には22億6000万加入増加し102億700万契約になると予測する。
アジア・太平洋地域が9億4000万加入増、中近東・アフリカ地域が9億5000万加入増で、この2地域が市場をけん引する。


→ スマートフォンが加入数の71%を占める。
  2016年の50%から大幅増。

世界の携帯電話/モバイル加入数に占めるスマートフォンの割合は2016年に50%に達し、2025年には70%を超えると予測する。

世界の携帯電話/モバイル加入数に占めるスマートフォンの割合推移予測

(参考)
世界の携帯電話/モバイルの販売台数(単年)に占めるスマートフォンの割合は年々増加し、2016年で74%、2017年78%、2022年には88%になると予測する。


→ LTEサービスと5Gサービスを合わせた加入数シェアは74%。
方式別・世界の携帯電話/モバイル回線加入数予測

LTE の世界加入数は、2016年17億加入から、2022 年には53億4300万加入へと増加する。携帯電話に占めるLTE の割合は、52%超になる。

5G サービスの世界加入数は、2020 年7,500 万、2021 年3 億1,300 万、2022 年7 億1,200 万、2025 年21 億8700 万加入と予測する。携帯電話に占める5Gの割合は、21%超になる。
LTEサービスと5Gサービスを合わせた加入数シェアは74%となる。

5Gは、韓国、中国、米国、日本が先行し、2019 年~2020 年までに商用サービスを開始し、世界で先行する。

5Gサービスの地域別加入数予測

調査概要

調査対象および調査方法/調査内容
(1) 2017−2018 年の市場動向および2022 年までの市場予測
  • 世界、アジア・太平洋、西欧、東欧、北米、中南米、中近東・アフリカ各地域、主要国、方式別(GSM など2G、3G・W-CDMA、cdma2000、LTE、5G)、及び加入数、端末市場、スマートフォン普及予測等
(2) 主要メーカー、主要キャリアの動向
  • 主要15 キャリア/AT&T、Verizon、Vodafone、Orange、T-Mobile、Telefonica(O2含)、China Mobile、China Unicom、China Telecom、ソフトバンク、NTT ドコモ、KDDI、SingTel、AmericaMovil、Telia Sonera 等
  • 主要メーカー/Samsung、Apple、Huawei、OPPO、Xiaomi、LG、ZTE 等
  • インフラメーカー/Ericsson、Huawei、NSN、ZTE、Samsung、NEC、富士通 等
調査期間
2017 年12 月〜2018 年3 月

調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名
2018年版 携帯電話の世界市場 −世界的なLTE、5G・IoTサービス動向、市場−
発刊日/体裁
2018/3/30  A4/358ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  194,400円(税込)
書籍+PDF セット版  216,000円(税込)
目    次
はじめに
調査概要
機ダこΔ侶搬單渡短埔豼躋臺
 1.2017年〜2018年の市場動向
 2.携帯電話の世界市場予測
供5Gモバイルサービス
 1.5Gサービスの開始
 2.5Gサービスの開始
 3.5Gサービスの市場予測
掘M2M・IoTサービス動向
 1.M2M・IoTサービス市場
 2.M2M・IoTのネットワークサービス
 3.M2M・IoTサービス市場予測
検ゼ舁廛ャリアの動向
  (15社掲載、掲載社名はHP:http://store.seedplanning.co.jp/item/9913.html
后セ夏プレイヤー動向
 1.ネットワークインフラベンダー
  (7社掲載、掲載社名はHP:http://store.seedplanning.co.jp/item/9913.html
 2.端末メーカー
  (7社掲載、掲載社名はHP:http://store.seedplanning.co.jp/item/9913.html
此ゥ▲献◆β席人涼楼茲瞭宛
 1.アジア・太平洋地域の市場動向
 2.各国の 3G及び LTEサービス動向
察ゲそC楼茲瞭宛
 1.欧州地域の市場動向
 2.各国の 3G及び LTEサービス動向
次ニ綿特楼茲瞭宛
 1.北米地域の市場動向
 2.各国の 3G及び LTEサービス動向
宗ッ翔酳特楼茲瞭宛
 1.中南米地域の市場動向
 2.各国の 3G及び LTEサービス動向
勝ッ羔疆譟Ε▲侫螢地域の動向
 1.中近東・アフリカ地域の市場動向
 2.各国の 3G及び LTEサービス動向
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得