プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 4月12日発表

近刊市場調査レポート

2018/04/12

ヘルスケア分野のAI研究・事業化の動向がわかる
「ヘルスケア分野における政府・大学の人工知能研究開発
及び米国における事業化最前線」 を発刊

 【本書のポイント】
• ヘルスケア分野における、国・大学等研究機関のAI事業及び予算動向を収載
• 50の研究者・研究機関のAI開発動向を紹介
• 医療情報を活用した予測・予防や医師への技術的支援を行うAI新規事業とは?
 米国のAI事業化最新情報を紹介

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、「ヘルスケア分野における政府・大学の人工知能研究開発及び米国における事業化最前線」 を発刊いたしましたのでお知らせします。

日本では、大学等の学術研究機関、医療機関や民間ICT企業などが健康・医療分野におけるAIの活用について、さまざまな研究開発を行っています。また、国も所管する国立研究開発法人が実施するAIにかかわる研究開発を支援するとともに、研究開発委託費等の予算を計上し、大学や企業などの研究開発を支援しています。

当該分野において、医師による診断を支援し、病気の広がりを予測し、治療をカスタマイズしたり、患者を遠隔からフォローまたは診断したりすることを支援するAIの展開が広まり、国民がその恩恵を享受するためには、継続的な研究開発が必要であるとともに、医師法や診療報酬などの制度面での検討も必要になってきます。

本報告書は、保健医療分野(以降、ヘルスケア分野と略)における政府の施策を、予算を中心にとりまとめるとともに、大学等の学術研究機関等における最新の研究開発の状況を取りまとめたものです。

また、日本よりもAIの事業化が進んでいると言われている米国における事業化の最新の状況をも取りまとめています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9956.html

本書のポイントと掲載例、本書の概要は以下の通りです。

本書のポイント

• ヘルスケア分野における、国・大学等研究機関のAI事業及び予算動向を収載
• 50の研究者・研究機関のAI開発動向を紹介
• 医療情報を活用した予測・予防や医師への技術的支援を行うAI新規事業とは?
 米国のAI事業化最新情報を紹介

本書の構成

本書は以下の4部で構成。ヘルスケア分野のAIに対する政府の施策、大学・研究機関の研究開発動向、米国の事業化の動向がわかります。

本書の構成

50の研究者・研究機関のAI開発動向を紹介

以下の50の研究者・研究機関のAI研究開発動向を掲載しています。

<大学等>
分野 掲載した研究者数、研究組織名
診断・治療支援 • 研究者…13名
• 研究機関…1組織
  慶応義塾大学先導研究センターメディカルAI センター
画像診断・病理診断支援 • 研究者…11名
• 研究機関…2組織
  静岡県立静岡がんセンター
  佐賀大学医学部メディカル・イノベーション研究所
医薬品開発 • 研究者…7名
ビッグデータ、プラット
フォーム、基盤技術
• 研究者…7名
• 研究機関…2組織
  日本病理学会・日本消化器内視鏡学会・日本医学放射線学会(*)
  日本眼科学会
                (*)は3学会まとめて掲載

<国立研究開発法人等>
掲載した研究開発法人名
理化学研究所革新知能統合研究センター (センター長:杉山 将)
産業技術総合研究所人工知能研究センター(研究センター長:辻井 潤一)
情報通信研究機構オープンイノベーション推進本部
医薬基盤・健康・栄養研究所創薬デザイン研究センター
情報・システム研究機構国立情報学研究所
国立がん研究センター
公益財団法人がん研究会

米国のAI事業化最新情報を紹介

以下の16社の動向を簡潔に紹介しています。

<国立研究開発法人等>
分野 掲載したAIヘルスケア企業
診断・治療支援 Google / IBM/Microsoft / CareSkore / Oncora Medical / Sentrian
画像診断、病理診断支援 GE / Enlitic / Arterys / Butterfly Network / Bay Labs /
Koios Medical (旧ClearView Diagnostics)
医薬品開発 Atomwise / Recursion Pharmaceuticals / Berg Health / BenevolentAI

掲載例

「供ダ府の施策」に掲載の各省庁の予算の推移:経済産業省と厚生労働省の例

「供ダ府の施策」に掲載の各省庁の予算の推移:経済産業省と厚生労働省の例

「掘ヂ膤愿の研究開発の最新状況」に掲載の研究採択件数の掲載例

「掘ヂ膤愿の研究開発の最新状況」に掲載の研究採択件数の掲載例

本書の概要

レポート名
ヘルスケア分野における
政府・大学の人工知能研究開発及び米国における事業化最前線
発 刊 日
2018年3月15日
体   裁
A4 /168ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  54,000円(税込)
書籍+PDF セット版  64,800円(税込)
発   行
株式会社シード・プランニング
掲載内容
機イ泙箸
 1.政府の施策と平成29年度予算・事業及び平成30年度予算
 2.大学、国立研究開発法人等における研究開発
 3.米国における事業化の最前線
 4.考察
供ダ府の施策
 1.政府の施策
 2.平成29年度予算・事業及び平成30年度予算
   A.総務省      B.文部科学省   C.経済産業省
   D.厚生労働省    E.国立研究開発法人日本医療研究開発機構
   F.国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構
   G.国立研究開発法人科学技術振興機構
   H.独立行政法人学術振興会
掘ヂ膤愿の研究開発の最新状況
 1.大学等
   A.診断・治療支援  B.画像診断、病理診断支援
   C.医薬品開発    D.ビッグデータ、プラットフォーム、基盤技術
 2.国立研究開発法人等
   A.理化学研究所革新知能統合研究センター
   B.産業技術総合研究所
   C.情報通信研究機構
   D.医薬基盤・健康・栄養研究所創薬デザイン研究センター
   E.情報・システム研究機構国立情報学研究所
   F.国立がん研究センター
   G.がん研究会
検ナ胴颪砲ける事業化の最前線
   A.診断・治療支援  B.画像診断、病理診断支援
   C.医薬品開発
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得