プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2017年 > 12月21日発表

新刊調査レポートのお知らせ

2017/12/21

3Dプリンターの医療活用 現状と展望
[本書の特長]
• 手術シミュレーション、整形インプラントなど 3Dプリンターの
 医療活用の現状がわかります
• 日米3Dプリンター医療機器ガイドラインを解説しています
 (2017年12月発表FDAガイダンスも解説)
• 今後の発展が期待されるバイオプリンターについて、国内外の
 注目研究・企業情報を掲載しました

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、市場調査レポート「3Dプリンターの医療活用 現状と展望」を発刊しましたのでお知らせいたします。

2016 年の診療報酬改訂でK939 画像等手術支援加算の適用対象が拡大され、整形外科・頭頚部外科の25 の術式で、3D プリンター製臓器モデルの手術シミュレーション使用が保険算定できるようになりました。また、技術や機器性能の向上により医療機器の最終製品も3D プリンターで製造可能になってきており、体内に埋め込むインプラント製品のカスタムモデル対応に3D プリンターが活用され始めています。

さらに生体細胞を出力できるバイオ3D プリンターを用い、肝臓などの臓器を「印刷」して再生医療に活用する研究が世界中で行われているほか、同プリンターを用いて立体的に構築した生体細胞を薬剤の安全性評価や基礎研究など創薬支援に活用する動きが広まっています。

本書では、医療における3D プリンターの活用を、臓器モデル、インプラント部品(主に人工関節)、バイオプリンティングの3 領域に分類し、製品・サービス例や関連ガイドラインを整理しました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9877.html

本書の特長、掲載例、本書の概要は以下の通りです。

本書の特長

  • 手術シミュレーション、整形インプラントなど 3Dプリンターの
    医療活用の現状がわかります
  • 日米3Dプリンター医療機器ガイドラインを解説しています
    (2017年12月発表FDAガイダンスも解説)
  • 今後の発展が期待されるバイオプリンターについて、国内外の
    注目研究・企業情報を掲載しました
本書で取り扱う3Dプリンター

下図の青枠内を対象としています。

本書で取り扱う3Dプリンター
本書の構成と掲載内容
本書の構成と掲載内容
本書の構成と掲載内容
掲載例
3D プリンター 現在の医療活用と今後の展望
バイオプリンター 現状と今後の展望

個票掲載例

個票掲載例

本書の概要

レポート名
3Dプリンターの医療活用 現状と展望
発刊日/体裁
2017/12/18  A4/142ページ
販売価格
書籍版またはPDF版  129,600円(税込)
書籍+PDF セット版  162,000円(税込)
目    次
第1章:まとめ
第2章:3Dプリンティング― モデル・シミュレーション、インプラント部品への活用
第3章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)―適用対象領域・疾患
第4章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)―材料、メーカー、参入企業個票
第5章:3Dプリンティング(モデル・シミュレーション、インプラント)―関連ガイドライン・規制
第6章:バイオプリンティング― バイオ研究、薬物試験、再生医療への活用
第7章:バイオプリンティング― 活用が期待される領域、参入企業個票
第8章:バイオプリンティング― 今後の展開と課題
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得