プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2016年 > 9月14日発表

”スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー” 市場動向調査結果

2016/09/14

• スマートフォン需要一巡で、周辺機器・アクセサリー市場は3〜8%成長へ
  → 対前年伸び率は2017年〜2020年は3〜8%程度、2020年の市場は3,680億円と予測
• 流通チャネルは、家電量販店からWeb通販、その他店舗へ
• 競争激化でメーカー別シェア分散傾向、撤退・事業縮小の事業者も
• スマホ画面の大型化、長時間使用などに対応する商品が売れ筋に

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、スマートフォン/タブレットユーザーの周辺機器・アクセサリー市場動向調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

2008年iPhoneが発売され、2009年Androidスマートフォンが加わり、スマートフォン市場は急速に普及しました。それと共に専用のカバー/ケースやスマートフォンの液晶画面を保護するフィルムなどアクセサリー市場が立ち上がり、端末の普及台数に沿ってアクセサリー市場も急拡大してきました。

成長する市場であることで、様々な業界から市場参入が行われ、市場には非常に多くの事業者が存在し、競争が激化しています。流通チャネルも多様化しています。初期の市場では、端末の購入先となる家電量販店やキャリアショップが主な販売チャネルとなっていましたが、最近は多くのWEB通販サイトが登場し、安い価格と豊富な品揃えを武器にシェアを拡大しています。

しかし、近年国内スマートフォン市場は需要の一巡から成長が頭打ちとなり、アクセサリー市場もそれにともない成長率が鈍化しています。市場は既に成熟期に入り製品のコモディティ化が進んでいます。これ以上の急激なスマートフォン新規ユーザー拡大は期待できない中で、今後は普及ユーザーの中で安定してアクセサリー市場は推移すると予想されます。

本調査では、スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー市場の参入事業者の事業動向、流通チャネルの販売動向、また消費者の購入動向をとりまとめ、市場の現状と今後を展望しました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート 「2016年版 スマートフォン/タブレット周辺機器・アクセサリーの市場動向調査」 として販売中です。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/9291.html

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

弊社では2013年にも同様の調査を行っており、今回の調査結果の一部を2013年の調査結果と比較しています。

スマートフォン需要一巡で、周辺機器・アクセサリー市場は3〜8%成長へ
→ 対前年伸び率は2017年〜2020年は3〜8%程度、2020年の市場は
  3,680億円と予測
スマートフォン/タブレットの周辺機器・アクセサリー市場規模予測

2015年のスマートフォン/タブレット周辺機器・アクセサリー市場規模は、前年比113%の2,800億円と推定。端末市場の需要一巡を受けて、今後の市場は加入者ベースで緩やかに推移し、2020年は3,680億円規模に成長すると予測する。


流通チャネルは、家電量販店からWeb通販、その他店舗へ
→ Amazonに代表されるWeb通販とその他店舗(アクセサリー専門店、雑貨店、
  コンビニ、100円ショップなど)が伸長

2015年の流通チャネル別シェアは家電量販店が42.3%でトップを維持しているが、2013年に比べるとシェアは減少している。一方で、特にWeb通販のシェアが18.1%から23.3%に大きく伸びている。

流通チャネル別シェア推移
  (注)
  • 「家電量販店」には、リアル店舗と家電量販店のWeb通販サイトも含む(例:ヨドバシカメラのWeb通販サイトなど)。「キャリアショップ」には、リアル店舗とキャリアのオンラインショップも含む(例:ドコモオンラインショップなど)。
  • 「Web通販」は、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、その他メーカー直営Web通販サイトなど。
  • 「その他店舗」は、AppBank Store、UNiCASEなどアクセサリー専門店や雑貨店、ホームセンター、コンビニ、100円ショップなど。

競争激化でシェア分散傾向、撤退・事業縮小の事業者も
→ 2013年にはエレコムと他3社で5割のシェア、2015年にはエレコムのシェアが
  わずかに上昇したが他は分散傾向

市場成長期の2013年は主要事業者4社が市場の5割ほどを占めていたと推定される。しかし、以降、様々な業界からの新規参入が行われ、メーカー同士の競争が非常に激しくなり、一部事業者は大幅に事業を縮小または撤退。一部を除いてメーカー別シェアは分散していると見られる。

シェア
スマホ画面の大型化、長時間使用などに対応する商品が売れ筋に

画面保護フィルムとモバイルバッテリーの製品トレンドについてポイントを以下にまとめた。詳細については市場調査レポート 「2016年版 スマートフォン/タブレット周辺機器・アクセサリーの市場動向調査」をご覧いただきたい。

製品トレンドの変化

調査概要

調査対象
周辺機器・アクセサリーメーカー、輸入販売事業者、ディストリビューター(流通業者)、
通信事業者、携帯電話販売事業者、キャリアショップ、スマートフォンアクセサリー専門店など
調査方法
各種公開情報等の収集、訪問・電話によるヒアリング調査
調査内容
✓ 参入事業者動向
  メーカー:エレコム/レイ・アウト/テレホンリース/PGA/トリニティ
  ディストリビューター(流通業者): ソフトバンク コマース&サービス/Hamee/
     MSソリューションズ/加賀ソルネット株式会社ハイテックカンパニー/
     シネックスインフォテック/中越自動車用品

✓ 携帯電話販売事業者:ティーガイア/MXモバイリング/ベルパーク/コスモネット

✓ 通信事業者:NTTドコモ/KDDI/au/ソフトバンク

✓ 流通チャネル動向:家電量販店/キャリアショップ/WEB通販サイト/
     スマートフォンアクセサリー専門店/その他

✓ 消費者購入動向 ・・・ 2013、2014、2015、2016年シード・プランニングが毎年
     実施したユーザーアンケート調査を基に分析。

✓ 市場規模予測(国内) :2020年までの周辺機器・アクセサリーの市場規模予測/
     製品別市場シェア/流通チャネル別市場シェア/メーカー別市場シェア
調査期間
2016年3月〜8月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 金(きむ)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得