プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2014年 > 12月24日発表

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査 調査結果

2014/12/24

■ コミュニケーションツールの認知度と導入率は、
  ✓ 認知度は、.好イプ(Skype)、▲亜璽哀襦棔淵廛薀后縫魯鵐哀▲Ε函
    FaceTime(アップル)。
  ✓ 導入率NO1はLync(マイクロソフト)。
■ ビデオ会議/Web会議/音声会議導入企業は、
  ✓ 業種は、「製造」 「情報通信」 「卸・小売」 「金融・保険」が多い。
  ✓ 従業員数は、300人以上が70%強を占める。
  ✓ 拠点数は、国内3拠点以上が80%。
  ✓ 用途は、「営業会議」 「担当者間の会議・ミーティング」など。
  ✓ 8割が会議以外でも使用、「遠隔拠点の作業指示」が多い。
■ 非導入企業は、
  ✓ 6割が1拠点の企業で、4割が「関心ない」。
  ✓ 導入には「世の中の普及」が一番影響。
  ✓ 導入時の条件は「導入価格」 「運用コスト」。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。
ビデオ会議/Web 会議/音声会議のビジネス利用実態調査は、2004 年10 月からほぼ毎年行っています。過去8 回の調査(2004 年10 月、2005 年9 月、2007 年2 月、2008 年8 月、2009 年11 月、2010 年10 月、2011 年11 月、2012 年12 月)では、毎回、導入時期、利用頻度、満足度と、会議システムのタイプなどの集計分析を行ってきました。
今回の調査では、ビデオ会議/Web会議/音声会議のいずれかを業務で利用しているビジネスユーザー500名と非導入ユーザー100名を対象として、インターネットで調査を行いました。クライアントから要望が多かった業種別、会社規模別の導入状況、利用状況に加え、初めて非導入ユーザー調査を実施し、導入に至らない理由、導入条件等を明確にしました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「 2015ビデオ会議/Web会議/音声会議の導入・非導入企業のビジネス利用実態調査 」 [販売価格:書籍版またはPDF版194,400円(税込)、書籍+PDF セット版:216,000円(税込) ] として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

■ コミュニケーションツールの認知度と導入率は、
  ✓ 認知度は、.好イプ(Skype)、▲亜璽哀襦棔淵廛薀后縫魯鵐哀▲Ε函
    FaceTime(アップル)。
  ✓ 導入率NO1はLync(マイクロソフト)。

ビデオ会議/Web会議/音声会議を導入している企業のビジネスマン500名と非導入企業のビジネスマン100名、計600名に「コミュニケーションツール」の認知度と導入状況を尋ねた。
認知度第1位はスカイプ(Skype)であった。
導入されているコミュニケーションツールで最も多かったのはLync(マイクロソフト)であった。

コミュニケーションツール認知度/導入率 トップ5
■ ビデオ会議/Web会議/音声会議導入企業は、
  ✓ 業種は、「製造」 「情報通信」 「卸・小売」 「金融・保険」が多い。
  ✓ 従業員数は、300人以上が70%強を占める。
  ✓ 拠点数は、国内3拠点以上が80%。
  ✓ 用途は、「営業会議」 「担当者間の会議・ミーティング」など。
  ✓ 8割が会議以外でも使用、「遠隔拠点の作業指示」が多い。

導入企業の業種別割合で一番多いのは、「製造業」、次いで「情報通信業」「卸・小売業」「金融・保険業」。この4業種で約7割を占める。

ビデオ会議/Web会議/音声会議 導入企業の業種

従業員数が300名を超える企業が7割以上を占める。また、国内拠点数が3拠点以上の企業が8割を占める

導入企業の従業員数/国内拠点数

ビデオ会議/Web会議導入企業の用途
ビデオ会議/Web会議導入企業は「営業会議」「担当者間の会議・ミーティングなど」で多く使っている。会議以外の利用は「遠隔拠点の作業指示」「遠隔でのセミナー・教育」などで多く使われている。 導入業種上位4業種の利用内容上位は以下の通り。

業種別ビデオ会議/Web会議の利用内容トップ3

音声会議導入企業の用途
音声会議導入企業では 「現場の状況把握」 のための利用が多い。
導入業種上位4業種の利用内容上位は以下の通り。

業種別音声会議の利用内容トップ3
■ 非導入企業は、
  ✓ 6割が1拠点の企業で、4割が「関心ない」。
  ✓ 導入には「世の中の普及」が一番影響。
  ✓ 導入時の条件は「導入価格」 「運用コスト」。

非導入企業では国内1拠点の企業が6割を占める。
また、導入意向は4割が「導入に関心がない」としており、コミュニケーションツールの評価も、過半の人が、ビデオ会議/Web会議/音声会議ではなく「スマホ、タブレットで十分」としている。
一方、導入に関心があるとしているのは15%。導入する場合の条件は「導入価格」と「運用コスト」を重視するとしている。

非導入企業の国内拠点数

調査概要

調査対象
<対象品目>
1. ビデオ会議システム
2. Web会議(SI タイプ/ASP タイプ)
3. 音声会議システム

<調査対象者>
• ビデオ会議/Web会議/音声会議を業務で利用しているビジネスマン
     有効回答・・・・・・・500 名
• ビデオ会議/Web会議/音声会議が非導入の企業のビジネスマン
     有効回答・・・・・・・100 名
     合計有効回答・・・・・600 名
調査方法
インターネットアンケート調査、弊社データベース活用
調査期間
2014年8月〜2014年12月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)・山本(やまもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得