プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2014年 > 7月11日発表

調査レポート発刊のお知らせ

2014/07/11

2014年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第3巻
[本書のポイント]
✓ 急拡大するジェネリック薬市場39社を調査。
✓ 会社概要、直近4年の経営指標の推移から、取り扱う医療用
  医薬品の品目数、成分数、会社組織図、研究開発戦略、
  販売方法と流通など、全貌がわかります。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、「2014年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第3巻 −ジェネリック薬39社の全貌−」を発刊いたしましたのでお知らせします。

本書のポイント、掲載例、本書概要は以下の通りです。

本書のポイント

本書は、30年以上にわたり継続発刊している「医薬品開発戦略シリーズ」(第3巻 ジェネリック薬企業編)の新版です。 前回2011年版以来3年ぶりの改定となります。

前回(2011年版)調査から3年という短い期間でジェネリック薬(以下、GE薬と略)業界は売り上げが急速に拡大するとともに、M&Aや事業見直しが進みました。

  • GE薬売上高(39社合計)は6,478億円、5年で2倍に。
  • M&Aとグループ再編が急激に進展。
    日医工はグループ企業を再編、サノフィと提携。ファイザーはマイラン製薬と提携。インドLupinはアイロム製薬を買収。イスラエルTEVAは興和と提携解消し大洋薬品工業を買収してテバ製薬に。第一三共は第一三共エスファを設立しましたが、インドRanbaxyは売却。インドZydusは日本市場から撤退など。

今回の調査(2014年版)は、このような環境変化を踏まえ、日医工、沢井製薬などGE薬企業25社とMeijiSeikaファルマ、日本化薬など新薬系企業14社の39社を独自の切り口で調査しました。

急拡大するジェネリック薬市場39社を調査。

調査対象は以下の39社。

 →ジェネリック薬企業(25社)

アイロム製薬      岩城製薬      大原薬品工業
共和薬品工業      ケミックス      小林化工
沢井製薬      昭和薬品化工      高田製薬
辰巳化学      長生堂製薬      鶴原製薬
帝國製薬      テバ製薬      東洋製薬化成
東和薬品      日医工      日新製薬
ニプロファーマ      日本ジェネリック      マイラン製薬
富士製薬工業      富士フイルムファーマ      陽進堂
わかもと製薬                    

 →新薬系企業(14社)

あすか製薬      アルフレッサファーマ      エルメッドエーザイ
科研製薬      キョーリンリメディオ      サンド
第一三共エスファ      田辺製薬販売      東菱薬品工業
日本化薬      日本ケミファ      ファイザー
ポーラファルマ      MeijiSeikaファルマ          

掲載例

会社概要、直近4年の経営指標の推移から、取り扱う医療用
医薬品の品目数、成分数、会社組織図、研究開発戦略、
販売方法と流通など、全貌がわかります。

各社について、以下の項目を調査し個票としてとりまとめ。

  1. 会社概要
    所在地、PHONE、FAX、URL、代表者<略歴>、設立年月、資本金、営業拠点、生産拠点、
    従業員数、MR数、販売提携、主要株主
    売上構成 ^緻品・その他 医療用医薬品・OTC M⊇
  2. 経営指標の推移(2011年〜2014年または2010年〜2013年)
    売上高、医薬品売上高、営業利益、経常利益、資本金、研究開発費
  3. 医薬品部門(販売高構成比)
     (1) 薬効別販売高構成(医療用医薬品)
     (2) 医薬品別販売高
     (3) 医療用医薬品の構成(品目数、成分数)
      .献Д優螢奪薬 …全品目数、ジェネリック品目数、ジェネリックの売上割合
      ∪宿福⊂ι福販売委託品
       製品:製品数・成分数・会社数(自社販売、委託販売・並行販売)
       商品:製品数・成分数・会社数 先発品
  4. 会社組織図 <関連会社(医薬関連)>
  5. 設立の経緯及び主要動向
  6. 事業動向
  7. 研究開発戦略
     (1) 研究開発戦略のコンセプト
     (2) 研究開発組織
     (3) 研究開発フロー
     (4) 医薬品部門研究所
     (5)研究開発提携
  8. 海外戦略
     (1) 海外戦略の現状と今後
     (2) 海外拠点
  9. 売方法と流通
     (1) 販売・物流ルート (卸経由、販社経由、販売委託、直販の割合 / 受託販売の割合)
     (2) 主な仕入先 (仝粁 ⊆託販売と商品)
     (3) 主な販売先(\宿 原料 H稜箘兮先と製品)
     (4) 主要卸、販社、販売エリア
     (5) 販売組織
  10. 治験薬一覧
  11. 医療用医薬品承認一覧(2011年〜2014年 2月) ※
GE薬売上高推移
GE薬売上高順位(一部のみ、本書では全社掲載)
GE薬関連企業グループと変遷

本書の概要

• レポート名
2014年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第3巻
   − ジェネリック薬39社の全貌 −
• 発刊日
2014年6月16日
• 体 裁
A4 /503ページ
• 販売価格
書籍版/PDF(CD-ROM)版  118,800円(税込)
書籍+PDF セット版     151,200円(税込)
• 発 行
株式会社シード・プランニング
• 掲載内容
機ツ敢砂厳彿析編
 <調査概要・調査項目>
 1.掲載企業名・所在地・URL・TEL・FAX一覧
 2.設立年、代表者(就任年)、資本金、主要株主
 3.従業員数、MR数、OTC担当数、営業拠点、生産拠点
 4.業績
 5.売上構成
 6.総売上高・経常利益推移
 7.医薬品売上高推移
 8.ジェネリック薬売上高推移
 9.薬効別販売高構成比上位3薬効
 10.売上上位品目一覧
 11.医療用医薬品の構成
  (1)品目数とジェネリック薬の売上割合
  (2)製品・商品
 12.販売方法と流通
 13.取引先
 14.調査のまとめ <グラフ・表>
  (1)ジェネリック薬売上高推移
  (2)新薬系企業のジェネリック薬売上高推移
  (3)ジェネリック薬売上高200億円以上企業のGE薬売上高推移
  (4)ジェネリック薬売上高順位
  (5)ジェネリック薬品目数順位
  (6)総売上高推移
  (7)売上高規模別推移
  (8)売上高上位10社の総売上高推移
 15.ジェネリック薬企業グループと変遷

供ゴ覿畔霧追縞圈文渊讐蚕隋
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 宮崎(みやざき)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得