プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2014年 > 3月18日発表

調査レポート発刊のお知らせ

2014/03/18

ビッグデータ時代の
分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向
[本書のポイント]
◆ データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ビジネスの事業動向を調査
◆ 2017年までのビッグデータ分析ビジネスの国内市場を展望
  → 2017年には9,600億円超市場に
◆ 分野別アプリケーションのサービス事例を整理して掲載

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、「ビッグデータ時代の分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向」を発刊いたしましたのでお知らせします。

近年、分散処理基盤の登場で非構造化データを含む大量データの分析が可能となり、ビッグデータ分析を活用した企業向けソリューションや、産業創出のためのサービス展開がIT業界を中心に始まっています。具体的には、ソーシャルメディア分析によるマーケティング活動支援、ユーザーの行動情報分析による広告配信最適化やO2Oサービス、M2Mを活用したスマートシティの取組みや農業IT支援などです。

ビッグデータ分析ソリューションの基盤となるクラウドの認知向上も後押しして、ビッグデータ分析ソリューション市場は拡大傾向にあります。特にM2M向けソリューションは、インフラ監視やエネルギー管理など社会・産業インフラと密接に関わるため、投資額、適用範囲の広さから急速に拡大することが予想されます。

本書では、データ分析企業、SIerを調査対象として、ビッグデータ分析サービスの事業動向を調査するとともに、ビッグデータ分析ビジネスの国内市場推計を行いました。

本書のポイント、掲載例、調査概要は以下の通りです。

本書のポイント

◆ データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ビジネスの事業動向を調査
◆ 2017年までのビッグデータ分析ビジネスの国内市場を展望
  → 2017年には9,600億円超の市場に
◆ 分野別アプリケーションのサービス事例を整理して掲載


データ分析企業、SIerのビッグデータ分析ビジネスの事業動向を調査

国内のデータ分析企業16社(うち、訪問調査13社)、SIer7社(うち、訪問調査3社)について、ビッグデータ分析ビジネスの現状と事業動向を調査した。
対象企業と調査内容は以下の通り。※印の企業は訪問調査を実施した企業で、取材個票を掲載している。

■ データ分析企業

対象企業

   ALBERT (※)
  ◆NTTデータ数理システム(※)
   エスイープランニング(※)
  ぁ.┘好圈璽▲ぁ腹─
   エスミ(※)
  Α.レン(※)
  А々渋し弉荼Φ羹蝓腹─
  ─.粥璽(※)
   タクミインフォメーションテクノロジー(※)
   チームラボ(※)
   データセクション(※)
   データフォーシーズ
   プリファードインフラストラクチャー
   ブレインパッド
   ホットリンク (※)
   ルグラン(※)

調査内容

  • コア事業、主な顧客層・業界
  • 特徴・強み
  • アナリティクスの専門人材数
  • 特定SIerとの提携関係
  • アプリケーションの注力分野(ソーシャルリスニング、広告・マーケティング、CRM、O2O、M2M、
    金融関連、製薬医療)
  • 主な対応プラットフォーム(CRM、DWH、レコメンドエンジン、検索エンジン、Hadoop、その他)
  • 主な対応ツール・ソフトウェア(SAS、SPSS、BI/BA、ソーシャルリスニング、データマイニング、テキストマイニング、その他)
  • その他サービス

■ SIer

対象企業

   NEC 
  ◆NTTデータ 
   伊藤忠テクノソリューションズ(※)
  ぁゝセラ丸善システムインテグレーション(※)
  ァ‘本ユニシス(※)
  Α‘立製作所
  А”抻猟

調査内容

  • ビッグデータビジネスの事業展開状況
  • アナリティクスの専門人材数
  • データ分析の提携企業
  • ビッグデータの注力分野(ソーシャルリスニング、CRM、O2O、効果測定・最適化、遠隔監視・モニタリング、テレマティクス・車・交通、SCM、環境・エネルギー、セキュリティ・見守り、農業IT、医薬・ヘルスケア、金融関連、その他)
  • 主なビッグデータ解析向けプラットフォーム(レコメンドエンジン、検索エンジン、データベース、サーバ/ストレージ、ネットワーク、DWH、クラウドサービス 、Hadoop等の分散処理基盤、その他)
  • 主な対応ツール・ソフトウエア(SAS、SPSS、BI/BA、ソーシャルリスニング、データマイニング、テキストマイニング)

2017年までのビッグデータ分析ビジネスの国内市場を展望
  → 2017年には9,600億円超の市場に

データ分析ソリューション国内市場は、2012 年1,792 億円、2017 年には9,635 億円になると推計した。2012 年から2017 年までの5 年間に年平均成長率約40%で拡大する。
データ分析企業の市場算出にあたっては、データの種類や大きさを問わないで推計した。SIer市場については各社が展開しているビッグデータ向けソリューションの市場をもとに推計した。
対象サービスはDWH やBI などデータ収集・分析に関わるシステム構築・実装、クラウドサービス、データマイニングなどの分析サービス、コンサルティングサービス、システムの保守・運用、ツール・ソフトウェアの販売に関わる売上を含んでいる。サーバやストレージ、ネットワークなどハードウェア、解析用ソフトウェアの提供のみを行うベンダーの売上は含んでいない。

データ分析企業,SIerにおける分析ソリューションの国内市場予測 

※ 国内主要企業の公表資料、売上などをもとに独自に推計。
※ 2013 年〜2017 年は年平均成長率35.6%で拡大。
※ 金額には、BI/DWH などデータ収集・分析に関わるシステム構築・実装、クラウドサービス、
  データ分析作業やコンサルティングサービス、システムの保守・運用、ツール・ソフトウェアの
  販売等に関わる費用を含む。


分野別アプリケーションのサービス事例を整理して掲載

ビッグデータ利活用のアプリケーションを、広告・マーケティング、M2M、医療・ヘルスケアの3分野11 項目に分類し、それぞれについてデータ分析企業の取組み、SIer が提供するソリューションの現状についてまとめた。

1.広告・マーケティング

  • ソーシャルリスニング
  • CRM/O2O
  • 効果測定・最適化
  • その他(顔認識技術を活用したマーケティングサービス、交通系IC カードを活用したマーケティングサービス)

2.M2M

  • ビッグデータ活用ビジネスにおけるM2M
  • 分野別M2M ソリューションの現状(遠隔監視・モニタリング、テレマティクス・車・交通、SCM、環境・エネルギー、セキュリティ・見守り、農業IT)

3.医療・ヘルスケア

調査概要

• 調査方法
文献、Web 情報検索/訪問ヒアリング(データ分析企業、SIer)
• 調査対象
国内データ分析企業 : 16 社 (うちヒアリング調査13 社)
国内SIer :7 社 (うちヒアリング調査3 社)
• 調査期間
2013 年9 月〜2014 年1 月

本書の概要

• レポート名
ビッグデータ時代の分析ソリューションビジネスの事例研究と市場動向
〜データ分析企業とSIerにおける展開と今後の方向性〜
• 発刊日
2014年2月21日
• 体 裁
A4 /189ページ
• 販売価格
95,000円+消費税
• 発 行
株式会社シード・プランニング
• 掲載内容
調査概要
第1章 ビッグデータを取り巻く現状
  1-1 ビッグデータとは
  1-2 ビッグデータの種類
  1-3 ビッグデータ活用の主な波及分野
  1-4 ビッグデータ利活用の課題
  1-5 国が主導するビッグデータの戦略的活用
第2章 参入プレーヤーの動向
  2-1 分析ソリューションビジネスの参入プレーヤー
  2-2 業界動向
  2-3 アライアンスの動向
第3章 分析ソリューション国内市場
  3-1 分析ソリューションの国内市場
  3-2 データ分析企業の国内市場
  3-3 SIerの国内市場
  3-4 SWOT分析
第4章 分野別の分析ソリューションサービスの動向
  4-1 広告・マーケティング
    ソーシャルリスニング/CRM・O2O/効果測定・最適化/その他
  4-2 M2M
    ビッグデータ活用ビジネスにおけるM2M/分野別M2Mソリューションの現状
  4-3 医療・ヘルスケア
第5章 企業別事業動向
  5-1 データ分析企業の事業動向
    1)ALBERT
    2)NTTデータ数理システム
    3)エスイープランニング
    4)エスピーアイ
    5)エスミ
    6)カレン
    7)構造計画研究所
    8)ゴーガ
    9)タクミインフォメーションテクノロジー
    10)チームラボ
    11)データセクション
    12)データフォーシーズ
    13)プリファードインフラストラクチャー
    14)ブレインパッド
    15)ホットリンク
    16)ルグラン
  5-2 SIerの事業動向
    1)NEC
    2)NTTデータ
    3)伊藤忠テクノソリューションズ  
    4)京セラ丸善システムインテグレーション
    5)日本ユニシス
    6)日立製作所
    7)富士通
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 藤本(ふじもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得