プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2012年 > 3月28日発表

調査レポート発刊のお知らせ

2012/03/28

世界のバイオ医薬品開発ベンチャー企業総合調査
開発パイプライン/大手企業とのアライアンス分析
  [本書のポイント]
  • 世界の主要バイオ医薬品開発ベンチャーのパイプラインの分析。
  • 抗体医薬品分野では次世代抗体の開発が進んでいる。
  • 大手製薬企業との総額数億ドルの大型契約も相次ぐ。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、「世界のバイオ医薬品開発ベンチャー企業総合調査 開発パイプライン/大手企業とのアライアンス分析」を発刊いたしましたのでお知らせします。

現在、医薬品の開発成功率の低下、生活習慣病における医薬品の充実などにより製薬企業はがんや精神神経疾患など治療満足度が低い疾患領域へ開発をシフトさせています。

治療満足度の低い疾患に対する創薬は非常に難しく、当該領域を専門としているベンチャー企業とのアライアンス/共同研究が一般的になっています。アカデミアも含めたベンチャーなどとの共同研究/開発はオープンイノベーションとも呼ばれ、研究開発において広く活用され始めています。また、大手製薬企業によるベンチャー企業の買収も多く行われています。ベンチャーにとって、従来にない医薬品を創出することで、成功した場合には導出や大手による巨額買収という大きなリターンを売る可能性があります。

本書では、世界のバイオ医薬品開発ベンチャー企業について、保有技術や開発パイプライン、提携関係についてまとめました。

本書のポイントと概要は以下の通りです。

本書のポイント

• 世界の主要バイオ医薬品開発ベンチャーのパイプラインの分析。

調査は、以下の98社を対象として行い、それぞれの個票を掲載している。
会社名は下記調査対象企業一覧の項参照。

✓ 主に抗体/タンパク医薬品を開発している世界のベンチャー企業 46社
✓ 主にペプチド医薬品を開発している世界のベンチャー企業 52社

• 抗体医薬品分野では次世代抗体の開発が進んでいる。

ベンチャー企業は独自の技術によるバイオ医薬品の開発を進めており、これらの技術は革新的なものが多い。本レポートでは、以下注目すべき技術を取り上げた。

低分子化抗体の開発
抗体の低分子化技術の開発は抗体医薬品市場において大きなブレークスルーになる可能性がある。それは、低分子化によって副作用の原因となる免疫原生の低下や、大腸菌など微生物による低コストでの生産が可能になるメリットが期待できるからである。
本レポートには、開発が進められている主な低分子抗体の「技術名」「開発企業」「概要」を掲載している。

バイスペシフィック抗体の技術開発
抗体に2つの(場合によっては2つ以上の)標的を認識させるよう遺伝子改変を加えたバイスペシフィック抗体の開発も積極的に進められている。バイスペシフィック抗体は主にがん領域で開発が進められている。バイスペシフィック抗体を用いることで関連するシグナルパスウェイト上の複数のターゲットを同時に狙うことができることや、T細胞やNK細胞など、生体内の免疫機能を利用することによって、がんをより効率的に治療できる可能性がある。
本レポートには、開発が進められているバイスペシフィック抗体技術の「技術名」「開発企業」「概要」、および、各社のバイスペシフィック抗体の作製技術を記載した。

コンジュゲート医薬品の開発
バイオ医薬品のコンジュゲートとしては、これまで、PEGやアルブミンなど血中半減期を向上させる目的のものが多かった。しかし、近年ではRoche/GenentechのT-DM1(ハーセプチンに抗がん剤DM1が結合)が臨床試験でよい成績を出し、低分子化合物と抗体やタンパク質、ペプチドなど異なった性質の物質を結合させ、薬効の増強を目的としたコンジュゲート医薬品が注目を集めている。
本レポートには、臨床開発段階のコンジュゲート医薬品の状況を掲載している。

バイオ医薬品にコンジュゲートされている物質の種類

大手製薬企業との総額数億ドルの大型契約も相次ぐ。

通常、製品の販売は行わないバイオ医薬品開発ベンチャーにとって、基礎研究・非臨床研究・臨床研究におけるビジネス展開は各社の戦略によって大きく異なってくる。特にどの開発段階で開発候補品をライセンスアウトするかということは一時金・マイルストンの最大化と企業経営のリスクのバランスを考えながら決定することが必要であり、企業の存続を左右する重要な決定事項となる。

導出契約では POC 取得後(フェーズIIa)のライセンスアウトが一般的であるが、近年では革新的な創薬技術を持ったベンチャー企業と基礎/非臨床段階で大型契約を締結する場合も増加している。

大手製薬企業各社はリスクの高い研究開発において自社内の研究リソースを減らしてアライアンスで対応するケースが増加しており、ベンチャー企業にとってビジネスチャンスは今後も多くなってくるものと推測される。

本レポートでは、各ベンチャー企業の導出導入契約や大手製薬企業との共同研究、経営状況等について記載した。

本書の概要

レポート名
世界のバイオ医薬品開発ベンチャー企業総合調査
発刊日
2012年3月1日
体裁
A4 / 353ページ
販売価格
200,000円+消費税
発行
株式会社シード・プランニング
調査対象
世界のバイオ医薬品開発ベンチャー企業 98社 (下記調査対象企業一覧の項参照)
(主として従業員300名以下の企業を対象)
対象バイオ医薬品の剤形
抗体医薬品、タンパク医薬品、ペプチド医薬品、その他コンジュゲート医薬品(抗体-低分子)など
調査項目
・ 企業概要、設立経緯
・ 従業員数、売上(上場企業)
・ 保有技術、開発パイプライン
・ アライアンス/共同開発契約などの状況
本書の構成
第1章 ベンチャーによるバイオ医薬品の開発動向
  1 バイオ医薬品開発の概要
  2 バイオ医薬品の性状別開発状況
  3 バイオ医薬品の疾患領域別開発状況
  4 バイオ医薬品開発のトレンド
第2章 ベンチャーによるバイオ医薬品開発のビジネス展開
  1 開発品の導出・導入契約
  2 大手製薬企業とベンチャーとの共同研究/開発
  3 ベンチャー企業の上場・経営
第3章 抗体/タンパク医薬品を開発している世界のベンチャー企業
第4章 ペプチド医薬品を開発している世界のベンチャー企業

調査対象企業一覧

[主に抗体/タンパク医薬品を開発している世界のベンチャー企業 46社]
1) Ablynx nv(ベルギー) 2) Actinium Pharmaceuticals, Inc.(米国)
3) Active Biotech AB(スウェーデン) 4) AdAlta Pty Ltd.(オーストラリア)
5) Affibody AB(スウェーデン) 6) Affimed Therapeutics AG(ドイツ)
7) Affitech A/S(デンマーク) 8) Altor BioScience(米国)
9) Ambrx, Inc.(米国) 10) Amunix, Inc.(米国)
11) Anaphore, Inc.(米国) 12) AnaptysBio, Inc.(米国)
13) APEIRON Biologics AG(オーストリア) 14) arGEN-X BV(オランダ)
15) ArmaGen Technologies, Inc.(米国) 16) Avipep Pty Ltd(オーストラリア)
17) BioInvent International AB(スウェーデン) 18) Compugen Ltd.(イスラエル)
19) Elusys Therapeutics, Inc.(米国) 20) FivePrime Therapeutics(米国)
21) Genmab A/S(デンマーク) 22) GLYCOTOPE GmbH(ドイツ)
23) ImmunoGen, Inc.(米国) 24) Immunomedics, Inc.(米国)
25) Intellect Neurosciences, Inc.(米国) 26) KaloBios Pharmaceuticals, Inc.(米国)
27) Kenta Biotech Ltd.(スイス) 28) MacroGenics, Inc.(米国)
29) Merrimack Pharmaceuticals Inc.(米国) 30) Merus Biopharmaceuticals B.V.(オランダ)
31) Micromet,Inc.(米国) 32) Maxygen, Inc.(米国)
33) NovImmune SA(スイス) 34) Pepscan Therapeutics B.V.(オランダ)
35) Peregrine Pharmaceuticals Inc.,(米国) 36) Philogen S.p.A.(イタリア)
37) Progenics Pharmaceuticals, Inc.(米国) 38) Seattle Genetics, Inc.(米国)
39) Synageva BioPharma(米国) 40) Syntaxin Ltd(英国)
41) Theraclone Sciences, Inc.(米国) 42) TRACON Pharmaceuticals, Inc.(米国)
43) TRION Pharma GmbH(ドイツ) 44) Viventia Biotechnologies Inc.(カナダ)
45) Xencor, Inc.,(米国) 46) XOMA(米国)
[主にペプチド医薬品を開発している世界のベンチャー企業 52社]
1) 7TM Pharma A/S(デンマーク) 2) Action Pharma A/S(デンマーク)
3) AEterna Zentaris Inc.(カナダ) 4) Alizé Pharma(フランス)
5) Allon Therapeutics Inc.(カナダ) 6) Anchor Therapeutics, Inc.(米国)
7) Angiochem(カナダ) 8) Angstrom Pharmaceuticals, Inc.(米国)
9) Anthera Pharmaceuticals,Inc.(米国) 10) Apitope International NV(ベルギー)
11) Auris Medical AG(スイス) 12) BioDiem Ltd(オーストラリア)
13) CanBas Co,.Ltd 14) Capstone Therapeutics Corp.(米国)
15) Clinuvel Pharmaceuticals Limited,(オーストラリア) 16) Derma Sciences, Inc.(米国)
17) ENKAM Pharmaceuticals A/S(デンマーク) 18) EntoPharm Co., Ltd.(韓国)
19) Esperance Pharmaceuticals, Inc.(米国) 20) Exponential Biotherapies, Inc.(米国)
21) Exsulin Corp(米国) 22) FusoGen Pharmaceuticals, Inc.,(中国)
23) Inimex Pharmaceuticals Inc.(カナダ) 24) Ironwood Pharmaceuticals, Inc.(米国)
25) KAI Pharmaceuticals, Inc.(米国) 26) LipimetiX(米国)
27) Merrion Pharmaceuticals, Ltd.(アイルランド) 28) Molecular Insight Pharmaceuticals(米国)
29) Neuren Pharmaceuticals Limited(ニュージーランド) 30) Neurocrine Biosciences, Inc.(米国)
31) Nile Therapeutics, Inc.(米国) 32) NovaBiotics Ltd(英国)
33) NPS Pharmaceuticals(米国) 34) OctoPlus N.V.(オランダ)
35) Pacgen Biopharmaceuticals(カナダ) 36) Palatin Technologies, Inc(米国)
37) Pergamum AB(スウェーデン) 38) Pharis Biotec GmbH(ドイツ)
39) Pharma MAR,S.A.(スペイン 40) Phylogica Limited(オーストラリア)
41) Polyphor Ltd(スイス) 42) Potentia Pharmaceuticals, Inc.(米国)
43) RegeneRx Biopharmaceuticals, Inc.(米国) 44) Rose Pharma A/S(デンマーク)
45) SciClone Pharmaceuticals, Inc.(米国) 46) Spectrum Pharmaceuticals, Inc.(米国)
47) Synergy Pharmaceuticals, Inc.(米国) 48) Theratechnologies Inc.(カナダ)
49) Upstream Infinity, Inc(日本) 50) Xenome Ltd(オーストラリア)
51) Zealand Pharma A/S(デンマーク) 52) Zelos Therapeutics, Inc.(米国)
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 番場(ばんば)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得