プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2012年 > 2月8日発表

調査レポート発刊のお知らせ

2012/02/08

2012年版 Apple iPhoneの戦略
―スティーブ・ジョブズ後のアップル社戦略の考察 ―
 [本書のポイント]
 ◆ スティーブ・ジョブズとiPhoneにより、大きく転換した携帯電話業界について、
   ✓ Appleの成功要因を分析
   ✓ iPhone、iPad事業動向を分析
 ◆ 競合関係、OS競合状況、特許をめぐる動向、2010年代の競合動向を分析
 ◆ スティーブ・ジョブズ後の戦略動向を考察

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、「2012年版 Apple iPhoneの戦略 ―スティーブ・ジョブズ後のアップル社戦略の考察― 」を発刊いたしましたのでお知らせします。

携帯電話業界は、Apple社iPhoneとスティーブ・ジョブズによって変革されました。
iPhoneは、端末とOS、ソフトウェア、アプリケーション、サービスが一体で提供されるビジネスモデルとなっており、従来の携帯電話業界を変革し、新たな流れを作り出しています。

本調査レポートは、携帯電話業界に大きな変革をもたらした、Apple社のiPhone戦略と、スティーブ・ジョブズ後の戦略に焦点を当てて考察を行いました。

本書のポイントと概要は以下の通りです。

本書のポイント

◆ スティーブ・ジョブズとiPhoneにより、大きく転換した携帯電話業界について、
  ✓ Appleの成功要因を分析
  ✓ iPhone、iPad事業動向を分析

第2章で、Apple社iPhoneの成功要因を分析しています。ビジネスモデル、未来ロードマップ、経営資源の集中、デザイン中心の展開等を考察しています。
以下は、成功要因の一部抜粋(要旨)です。

 商品開発に見る優位点(要旨)
  ✓ 未来マップを持ち入力技術を変革。
    キーボードのない、フルタッチディスプレイによる革新的なユーザーインターフェースの
    iPhone/iPadにより市場を変革。未来マップを持ち入力技術を変革。
  ✓ デザイン先行。
    デザインを先に決め、コンセプト、エンジニアリング技術を開発。
  ✓ iOS自社開発、ハード自社開発による一体提供。生産はアウトソーシング。
  ✓ App Store提供により、ソフトウェア、コンテンツ収入の30%をAppleの収入とする。
    iOSとiPhone/iPadとサービスのAppStore、iTuneクラウドサービスの一体提供の
    ビジネスモデル(Appleだけによる提供)。アプリケーションはオープン化。
    AppStoreのソフトウエア・コンテンツ数は42万超で業界トップ。すべてAppleの管理下にある。
  ✓ 約1年毎の商品サイクル。1年サイクルにすることでコスト面で有利。
    約200ドル前後の原価によるiPhoneシリーズの開発を維持する。

 マーケティング戦略の優位点(要旨)
  ✓ iPhone販売当初は1ヶ国1キャリアによる重点販売。その後、マルチキャリアで販売リーチ拡大。
  ✓ 自社販売チャネル(App Store)保有で、ユーザークレーム、要望などを吸収。
  ✓ 1年毎の商品サイクルゆえ販売チャネルが充分に先を見て対応可能。

◆ 競合関係、OS競合状況、特許をめぐる動向、2010年代の競合動向を分析
◆ スティーブ・ジョブズ後の戦略動向を考察

第4章では、競合関係の分析、OS状況、特許動向、強み弱みの分析を行っています。
第5章では、スティーブ・ジョブス後の戦略考察として、企業統治、iPone、iPad、テレビ、エンターテインメントビジネスを取り上げています。

本書の概要

レポート名
2012年版 Apple iPhoneの戦略 
―スティーブ・ジョブズ後のアップル社戦略の考察―
発刊日
2012年1月24日
体裁
A4 / 185ページ
販売価格
160,000円+消費税
発行
株式会社シード・プランニング
目次構成
調査概要
機チ躋臺
  1.要約・サマリー
  2.Apple iPhone、iPadの歴史
  3.Appleの企業概要、業績指標
供Apple iPhoneの成功要因
  1.ビジネスモデル  
  2.Apple社の戦略
掘Apple iPhone、iPad商品展開
  1.デザイン
  2.ハードウェア
  3.ソフトウェア
  4.生産・サプライチェーン
  5.マーケティング
  6.保守・サポート
検ザス膣愀
  1.OS競合状況
  2.特許をめぐる動向
  3.強み・弱みの分析
后ゥ好謄ーブ・ジョブズ後の戦略考察
  1.スティーブ・ジョブズ後の転換期
  2.戦略の考察
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 杉本(すぎもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得