プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2010年 > 9月13日発表

ミニプロジェクターと応用製品の参入状況、市場動向等をまとめた 「ミニプロジェクターの最新動向」を発刊

2010/09/13

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ミニプロジェクター(ピコプロジェクター)デバイスとミニプロジェクター応用製品の参入状況、市場動向等をまとめ、このほど、調査レポートとして発刊いたしました。

ミニプロジェクター製品が注目されています。小型・軽量のミニプロジェクターデバイスにより、携帯電話内蔵やデジタルカメラ内蔵製品からポータブル製品まで販売されています。また、iPhoneやiPad対応のミニプロジェクター製品がサードパーティから相次いで発売されています。

本調査レポートは、ミニプロジェクターに関してモジュール、完成品メーカーの取材を行い、ミニプロジェクターの製品動向、参入企業動向、技術動向、市場動向及び今後の動向を明確にしました。

本調査レポートの特徴は以下の通りです。

<本レポートの特徴>

ミニプロジェクターの「デバイス」「モジュール」「完成品」「応用製品」の動向がわかります。

  • ミニプロジェクター参入企業動向がわかります。
    ・・・業種、参入時期、製品数、製品タイプ別、光源別、投影方式別に整理しました。
  • ミニプロジェクター製品動向がわかります。
    ・・・タイプ別(プレゼン、AV視聴、マルチ)、累計製品数、価格帯別などに整理しました。
  • ミニプロジェクター応用製品動向、各社の事例がわかります。
    ・・・以下の15社を取り上げました。
      アドテック、アビリティークリエイト、オーエス、海連、キャストレード、恵安、ケンコー、
      サンディック、サンワサプライ、住友スリーエム、ソフィアシステムズ、ソリッドマイクロ、
      タカラトミー、パルスインターナショナル、プリンストンテクノロジー
  • 分野別製品戦略がわかります。
    ・・・AV機器、電子機器、PC周辺機器、カメラなどの分野別戦略を整理しました。
  • 製品特徴、ユーザー動向、今後の応用製品動向がわかります。

<調査概要>

調査対象企業
アドテック、アビリティークリエイト、オーエス、海連、キャストレード、恵安、ケンコー、
サンディック、サンワサプライ、住友スリーエム、ソフィアシステムズ、ソリッドマイクロ、
タカラトミー、パルスインターナショナル、プリンストンテクノロジー
                                         計15 社
調査方法
直接訪問取材及び電話取材/オープンデータ調査
調査期間
2010年6月10日〜2010年9月6日

<レポートの概要>

レポート名
ミニプロジェクターの最新動向
発刊日
2010年9月6日
体裁
A4 / 140ページ
価格
126,000円(税込)
備考
※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版」単独での価格です。
  書籍版・PDF版同時購入の場合 価格:157,500円。
レポートの内容
Ⅰ. 総括
  1. ミニプロジェクターの定義・分類
  2. ミニプロジェクターのデバイス
  3. ミニプロジェクター参入動向
  4. ミニプロジェクター製品動向
  5. ミニプロジェクターの市場動向
  6. ミニプロジェクター市場拡大の背景
  7. ミニプロジェクター応用製品動向

Ⅱ. 参入企業動向
  1. 事業分野別動向
  2. 製品戦略
  3. 企業動向まとめ

Ⅲ. 製品動向
  1. 全体動向
  2. タイプ別製品動向

Ⅳ. 企業動向(15社)
  アドテック/アビリティークリエイト/オーエス、海連/キャストレード/恵安/ケンコー/
  サンディック/サンワサプライ/住友スリーエム/ソフィアシステムズ/ソリッドマイクロ/
  タカラトミー/パルスインターナショナル/プリンストンテクノロジー
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原(はら)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得