プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2010年 > 9月9日発表

スマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望がまとまりました。

2010/09/09

  ◆ スマートフォン、本格普及の時代へ。2015年国内販売台数は2,200万台に。
  ◆ 携帯電話契約数(国内)に占める、スマートフォン/iPad(タブレット型)の割合は、
    2015年度には約4割になると予測。
  ◆ 搭載OS(国内)は2015年にGoogleとAppleの2強で約82%を占めると予測。
  ◆ 法人市場のスマートフォン/iPad(タブレット型)は、2015年度では1,200万契約
    (49%)を占めると予測。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、スマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

2009 年から2010 年にかけて、オープンOS/スマートフォン及びアプリケーション・ストアの普及拡大が本格化しています。世界市場においては、iPhone があらゆる意味で革新的なチャレンジで参入後、急成長を続けており、対抗する構図が形成され、その最有力がAndroidになっています。
この両方を軸にして、BlackBerry、Windows Mobile 等が地歩を築いていますが、日本市場においては、iPhone の独り勝ち状態が2009 年を通して続いています。2010 年には、Android も伸長する見通しになっています。

本調査は、このように成長を続けるスマートフォン/iPad(タブレット型)市場に焦点を当て、その販売動向、回線契約動向、搭載されるOSの動向などを展望いたしました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2010-2011スマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望」(価格:148,000円:税込、2010年8月31日発刊)として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

スマートフォン、本格普及の時代へ。2015年国内販売台数は2,200万台に。

国内のスマートフォン市場は、

  • 2009 年度約240 万台販売で前年対比214%に伸長している。このうち、iPhoneが170万台で国内市場シェア71%に達する。
  • 2010 年度は、約440 万台への増加が予想され、携帯電話販売も11%〜13%へと増加すると見られている。
  • 2015年度には2,200万台へと販売台数増加が予想される。
スマートフォンの国内販売台数(単位:万台)

(参考)
世界のスマートフォン市場は、2009 年1 億8,000 万台販売(携帯電話販売比率15%)から、2010 年1Q では5,430 万台(携帯電話販売比率17%)へと伸長しており、四半期毎に前年を上回る販売が続いている。

携帯電話契約数(国内)に占める、スマートフォン/iPad(タブレット型)の割合は、2015年度には約4割になると予測。

国内の携帯電話契約数に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の割合予測

携帯電話契約数(国内)に占めるスマートフォン/iPad(タブレット型)の割合は、2009年度末の376契約(3.4%)から、2015年度には、39%を占め、5,200契約へと増加すると予測する。

搭載OS(国内)は2015年にGoogleとAppleの2強で約82%を占めると予測。

2009年現在、AppleのiPhoneが63.8%、グーグルのAndroidが4%だが、2015年度で、Androidが47.3%、iPhoneが36.9%、Windows Mobileが13.5%、その他が2.3%。
Androidは、オープン性が最大の武器で、現在21のメーカーが60種類の端末を49カ国で販売していることなどから今後の伸張が期待される。

スマートフォン/iPad(タブレット型)の搭載されるOSの予測(単位:%)

法人市場のスマートフォン/iPad(タブレット型)は、2015年度では1,200万契約(49%)を占めると予測。

法人市場は、2015年度では2,440万台(契約)となる想定のため、スマートフォン/iPad(タブレット型)が1,200万台(契約)49%を占める。

<調査概要>

調査内容
(1) スマートフォン市場展望
  ・ スマートフォン/iPad(タブレット)の市場展望(2015 年度までの市場予測/コンシューマ、法人別/端末形態別/OS 別)
  ・ グローバル市場展望/アプリケーション・ソフト市場展望

(2) 端末メーカー動向分析(15 社)
  ・ Apple、RIM、HTC、Nokia、Samsung、LG、Sony Ericsson、Motorola、Huawei、ZTE、シャープ、
    パナソニックモバイルコミュニケーションズ、NEC カシオモバイルコミュニケーションズ、富士通/東芝、京セラ
  ・ 携帯電話・スマートフォン戦略/開発戦略/端末動向/マーケティング戦略等

(3) コンシューマユーザ利用実態分析
  ・ 携帯電話販売代理店調査からの分析(8 代理店+6 大型量販店+27 キャリアショップ)
  ・ コンシューマユーザ調査からの分析
  ・ スマートフォン端末(OS・機能)/アプリケーション

(4) 法人ユーザ利用実態分析
  ・ 上記代理店、法人ユーザ調査(インタビューなど)からの分析
  ・ 導入実態、スマートフォン機能(OS、管理機能、セキュリティなど)、アプリケーション、ソリューション等

(5) 業界及び周辺環境の動向
  ・ 国際展開と国際競争力/携帯キャリアのスマートフォン市場の取り組みと今後/SIM ロック解除/インフラ動向
調査方法
ヒアリング・インタビュー、各種アンケート調査、公開情報収集及び蓄積情報の分析
調査期間
2010 年5 月〜8 月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 杉本(すぎもと)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得