プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2010年 > 8月5日発表

トクホ(*)、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場動向がまとまりました。

2010/08/05

トクホ、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場は緩やかに成長
2015 年の市場規模は、1 兆9,164 億円に。

(*)トクホ:特定保健用食品

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、特定保健用食品、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場の現状と将来展望について調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

2009 年9 月、内閣府に消費者庁が設置され、特定保健用食品(以下、トクホと略)については、所轄が厚生労働省から移管されました。トクホ、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場は、少子高齢化、健康志向の高まり、医療制度改革などにより、有望市場として参入企業も増加しています。

本調査では、トクホ、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子について、その市場の動向、各社の取り組み状況などを把握し、2015 年までの市場規模の予測を行いました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2010 年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査 −少子高齢化、健康・美容指向の現代社会の、特定保健用食品、栄養機能食品、サプリメントの開発/製造/販売の最新動向−」(価格:99,750 円:税込、2010 年7 月23 日発刊)として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

トクホ、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場は緩やかに成長
2015 年の市場規模は、1 兆9,164 億円に。

  • トクホ          6,501億円
  • 栄養機能食品    2,017億円
  • サプリメント      7,339億円
  • 機能性飲料・菓子  3,307億円
トクホ、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の市場規模推移と予測

2005 年から2009 年までの市場の実績と2010 年より2015 年までの市場を予測すると上図の通りとなる。2010 年以降は、今回の調査のヒアリング結果および各種統計を基にシード・プランニングが独自に推計・予測を行った。

  • 2007 年頃は特定健康診査・特定保健指導が開始される前の年であり、メタボリックシンドローム・生活習慣病予防が注目され消費を後押しした。
  • 2008 年〜2009 年は食品偽装やトクホの安全性に関する報道などもあり市場規模は若干の落ち込みを見せた。
  • 2009 年、トクホの認可業務が厚生労働省から消費者庁に移管されるのに伴い一時的に認可業務が停止。景気の低迷による消費者の購買意欲の低下も見られたが、比較的好調な健康分野へ活路を見出そうとするメーカーが増加したことや、国民の健康意識の高さから、各社の健康分野の売上はおおむね前年並みをキープした。また、トクホ、機能性飲料、サプリメントの売上を伸ばしたメーカーも少なくない。最近の傾向として、飲料や菓子について、少々高めでも「健康」的な付加価値商品を購入する消費者の傾向が見られる。これは背景に「おいしさと健康の両立」を目指し、可能にしたメーカーの努力がある。
  • 2010 年以降は、機能性食品と一般食品との垣根が低くなる。健康をアピールした商品でも味も良くなり、少々高くても健康志向のものを摂りたいという消費傾向が進み、健康志向の食品や飲料がこれまでより、日常に浸透した商品へと変化していく可能性がある。
  • 今後、高齢者の増加にともない、健康志向商品を選ぶ傾向が強くなっていくことが予測されることや、人口構成を考慮した国の社会保障制度の今後の変革可能性などを考慮すると、市場は今後も緩やかな拡大傾向で推移していくことが見込まれ、2014 年前後には2007 年の水準に回復すると考えられる。

<調査概要>

調査対象品目
・ 特定保健用食品
・ 栄養機能食品
・ サプリメント (タブレット、顆粒、カプセル、エキス等、通常食品とは異なる形状のもので、機能性成分を添加したもの)
・ 機能性飲料 (機能性成分を添加した茶類、乳飲料、清涼飲料、ドリンク剤、粉末飲料)
・ 機能性菓子 (機能性成分を添加したキャンディ、ガム、グミ、バータイプ菓子)
調査項目
・ 参入企業の売上規模と伸び率の予測
・ 2009 年〜2010 年の売れ筋商品と新発売商品
・ 販売チャネル、関心のある機能・素材など
調査対象
・ 対象品目を製造、販売する企業、関連団体
調査方法
・ 郵送、FAX、E メールによるアンケート調査
・ 訪問、電話によるヒアリング調査
・ 各種公開資料のまとめ
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 奥山(おくやま)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得