プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2010年 > 2月4日発表

西欧のマーケットは、小型車・普及車搭載OEMカーナビ市場は成長傾向、PNDカーナビは縮小傾向

2010/02/04

西欧のカーナビ、PND、オーディオ・ヘッドユニット最新動向を調査

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、西欧のカーナビ、PND、オーディオ・ヘッドユニット市場動向調査を行い、調査結果を市場調査レポートとして取りまとめ発刊いたしました。

本調査では、西欧15ヶ国のカーナビとカーAV市場の最新動向をOEM/市販の両面から把握するとともに、2009年秋のIAAフランクフルトモーターショーに出展された世界の自動車メーカーのOEMカーナビ、コクピット・インフォテイメントシステム戦略を調査いたしました。

本調査結果のポイントは以下の通りです。

【調査結果要旨】

小型車・普及車搭載OEMカーナビ市場は成長傾向、PNDカーナビは縮小傾向。

西欧のOEMカーナビは、かねてより高級車において高い搭載率を誇ってきているが、最近の注目すべき動きは、VWやルノー&ニッサンなどの普及価格帯の車や小型車への廉価なOEMカーナビの提供である。PND大手のトムトムなどは自動車メーカーと共同でOEMカーナビ市場に参入してきており、普及車や小型車でのOEMカーナビ市場は大きな変化を見せ始めている。

一方、PND市場は、2008年に続き縮小傾向にある。2004年頃より大ブームとなったPNDは2007年暮れを頂点として20社以上のメーカーが参入したが、日本メーカーをはじめとして多くのメーカーがすでに撤退した。4半期ごとに10%近い価格見直しの中での市場の生き残りは決着がつきつつある。

オーディオ・ヘッドユニット市場は大きなポテンシャルを持っている。

ドイツなどでは政府の新車購入支援制度による乗用車販売好調の波を受け、ブルートゥース、USB、SDカード、iPodなどの機能搭載のカーオーディオレシーバーが販売台数を伸ばした。カーオーディオは車載エンタテイメントの必須アイテムであり、大きな市場とポテンシャルを持っていると言える。

【調査項目】

機 OEMカーナビ市場動向
  (1) OEMカーナビのコンセプトと特徴
  (2) カーモデル別カーナビ塔載率とサプライヤー
  (3) カーナビ・サプライヤー動向
  (4) OEMリアシートエンタテイメントの提供状況
  (5) ハイエンドオーディオの提供状況
  (6) テレマティクスへの対応動向
  (7) IAA出展モデルのコンソールデザイン戦略
  (8) 環境対応車両動向

II. 市販カーナビ、PND、カーオーディオ動向
  (1) 固定カーナビの販売状況
  (2) PNDの販売状況
  (3) カーオディオ、RESの販売状況
  (4) 店舗別取扱い機種
  (5) 専門店、大型カー用品チェーン、家電チェーン等、チャネル別販売傾向比較
  (6) 主要メーカー別販売動向

【調査対象】

<自動車ブランド>
アルファロメオ、アウディ、オペル、キア、シアット、シトロエン、シュコダ、ジャガー、スバル、ホンダ、マセラッティ、GM、トヨタ、ニッサン、ヒュンダイ、フィアット、BMW、フォード、プジョー、ポルシェ、ボルボ、VW、マツダ、メルセデスベンツ、ランドローバー、ルノー、レクサス他

<カーAV販売店>
エーシーアール(ACR)、エーアールエル(ARL) 、エーティーユー(ATU)、コンラッド(Conrad)、メディアマルクト(Mediamarkt)、サターン(Saturn) 他

【レポートの体裁・価格】

レポート名
2010年版 西欧のカーナビ、PND、オーディオ・ヘッドユニット最新動向調査
発刊日
2010年2月4日
体裁
A4 /216ページ
販売価格
198,000円(本体価格199,500円、消費税9,500円)
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 松田(まつだ)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得