プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2009年 > 10月20日発表

「脳卒中の医療機能別医療機関名全国一覧」を作成

2009/10/20

急性期・回復期・維持期、どの医療機能を持つか医療機関ごとにわかります。
二次医療圏が分かります。
EXCELファイルなので、オートフィルタでソートしたり、並べ替えしたり、自由自在にできます。
「急性期」「回復期」の医療機関の位置をマッピングした全国地図がついています。

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、全国の脳卒中の医療機能別医療機関の調査を行い、このほど、その結果を調査レポートとして作成いたしました。

【作成の背景】
2007年7月、厚生労働省より各都道府県に対して、「4疾病5事業については 1. 疾病又は事業ごとに必要となる医療機能を明確化した上で、 2. 地域の医療機関がどのような役割を担うかを明らかにし、さらに 3. 医療連携体制を推進していくことが求められる」という通達が出され、保健医療計画には各医療機能を担う医療機関等の名称を記載することが求められました。
早急な医療連携体制整備が求められる脳卒中では、ほぼすべての都道府県が医療機能ごとの医療施設一覧を作成していますが、それぞれが個別で作成されているため、記載事項は都道府県毎に異なります。

【本レポートの特徴】
シード・プランニングではこれらを平準化し、一覧として分かりやすいリストを作成しました。各都道府県の一覧にはほとんど記載されていない住所・電話番号を、全ての施設に対して記載いたしました。脳卒中の急性期・回復期・維持期の医療施設について、全国ほとんどの施設名とその所在地が分かります。

急性期・回復期・維持期、どの医療機能を持つか医療機関ごとにわかります。

例えば、「急性期」機能だけを持っている病院、「急性期」「維持期」の機能を持つ病院、 などが分かります。

二次医療圏が分かります。

地域医療連携は二次医療圏を1単位としていることが多く、地域医療連携についてリサーチする際に便利です。

EXCELファイルなので、オートフィルタでソートしたり、並べ替えしたり、自由自在にできます。

脳卒中関連の製薬・医療機器等のメーカーの営業リストとして使用する際に非常に便利です。

「急性期」「回復期」の医療機関の位置をマッピングした全国地図がついています。

地図のサンプル

本調査レポートは「脳卒中の医療連携体制を担う医療機能別医療機関名全国一覧【Excel版】」(CD-ROMに収録)として販売しております。

本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 久保(くぼ)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得