プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2011年 > 9月14日発表

調査レポート発刊のお知らせ

2011/09/14

タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例
 [本書のポイント]
  • iPadなどのタブレット端末の業務活用115事例、業務活用を支援する85事例、
    計200事例を分析
  • タブレット端末市場動向(2016年までの予測)

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、タブレット端末のビジネス事例と業務活用を支援する事例を分析した「タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例」を発刊いたしました。

2010年5月にAppleが日本でも多機能情報端末iPadの発売を開始しました。その後各社のタブレット端末の製品が発売され、2010年12月で12社25製品に達しました。民生用以外にも法人向けの用途で活用され、医療、教育、サービス業で幅広い導入が見られました。

弊社では2010 年7 月、iPad のビジネス活用事例の調査を行ないました。その時点では36 事例でしたが、今回の調査ではタブレット端末を自社の業務に導入している事例が115、業務活用を支援している事例が85、合計200 事例が明らかになりました。
本レポートは、その200 事例を分析し、タブレット端末の導入でどのような課題を解決しようとしているのかを明らかにした。また、タブレット端末の2011 年の市場規模と2016 年までの市場規模予測を行ないました。

本書のポイントと概要は以下の通りです。

本書のポイント

  • iPadなどのタブレット端末の業務活用115事例、業務活用を支援する85事例、計200事例を分析
以下の事例を掲載しています。
[業務活用事例]
  • 教育分野・・・25事例(総務省、汐留管理、佐賀県教育委員会、サイバー大学、大谷大学、ABC Cooking Studio ほか)
  • 公共・文化施設・・・7事例(青森県六戸町、相田みつお美術館ほか)
  • 医療・薬品・・・9事例(むつ総合病院、エーザイ、第一三共ほか)
  • 金融・保険・・・8事例(京都銀行、JCB、AIU 保険、第一生命保険ほか)
  • 飲食・流通・・・37事例(つばめカフェ、活美登利、ノバレーゼ、メガネの三城、ユニクロ、BMW、アウディジャパン、コクヨ、フィリップ・モリス、メナード、HOYA、セブン-イレブンほか)
  • ホテル・商業施設・・・11事例(セントレジスホテル大阪、ロイヤルパークホテル、ハイアットリージェンシー東京、森ビルほか)
  • 住宅・不動産・・・9事例(LIXIL、フランスベッド、住友不動産、山万ほか)
  • 製造・運輸・・・4事例(水ing、三菱重工業、川崎重工業、名神急送)
  • その他法人・・・5事例(日本相撲協会、TKC ほか)
[業務活用支援事例]
導入支援
  • 総合支援・・・7事例(IIJ、凸版印刷、加賀ハイテック、ティーガイアほか)
  • 端末管理・・・8事例(アイキューブドシステムズ、ソフトバンクテレコムほか)
  • データ共有・・・12事例(NEC ネッツアイ、ソリトンシステムズ、テクノツリー、キングソフト、NEC ビッグローブほか)
  • 会議支援・・・6事例(インフォテリア、NRI ネットコム、コクヨS&T ほか)
業務支援
  • 接客支援・・・23事例(五反田電子商事、モーションポートレート、ねこじゃらし、コネクトテクノロジーズ、まいど日本、テックファーム、生活産業研究所、JTB、DNP デジタルコムほか)
  • 営業支援・・・9事例(トランスコスモス、インフォコム、博報堂DY ほか)
  • 学習支援・・・7事例(朝日ネット、テクノツリー、NCJ ネットほか)
  • 診察支援・・・5事例(DNA チップ研究所、AZE、ホスピタルネットほか)
  • 注文・レジ・・・4事例(ファインフーズ、ユビレジ、UNS ほか)
  • 施工管理・・・4事例(メガソフト、オートデスク、ハイパーギアほか)
  • タブレット端末市場動向(2016年までの予測)
世界市場
  • 2011 年の世界市場は6,000 万台、そのうちの78%となる4,700 万台がiPad
  • タブレット端末市場は今後も急拡大し、2016 年には2 億6,000 万台の市場となる
  • iOS の優位が今後も続く。Android がそのあとを追う。ビジネス用途ではWindows も躍進
日本市場
  • 2011 年の市場は300 万台、そのうちの80%となる240 万台がiPad
  • タブレット端末市場は今後も急拡大し、2016 年には1,100 万台の市場となる
  • iOS の優位が今後も続く。Android がそのあとを追うが、ビジネス用途でWindows もシェア拡大
2011年のタブレット端末販売台数シェア予測/タブレット端末の販売台数予測

本書の概要

レポート名
2011 タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例
発刊日
2011年8月30日
体  裁
A4 / 185ページ
価  格
140,000円+消費税
※ 「書籍版」または「PDF版」単独での価格です。書籍版・PDF版同時購入の場合、160,000円+消費税となります。
目次構成
  1. 総括
    タブレット端末のビジネス活用/タブレット端末導入事例/タブレット端末活用支援事例/ビジネス活用の有望市場/タブレット端末の製品動向/タブレット端末の市場動向
  2. タブレット端末の導入事例
    教育分野/医療・薬品/金融・保険/飲食・流通/ホテル・商業施設/製造・運輸/その他法人
  3. タブレット端末の業務活用支援
    導入支援/業務支援
  4. 導入企業の動向
    タブレット端末企業動向まとめ/掲載企業一覧/企業動向

<取材企業個票>
株式会社朝日ネット/インフォテリア株式会社/水ing株式会社/生活産業研究所株式会社/株式会社 DNA チップ研究所/株式会社ノバレーゼ/BizMobile 株式会社/フランスベッド株式会社/株式会社まいど日本/モーションポートレート株式会社/株式会社ロイヤルパーク汐留タワー

本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 原 健二(はら けんじ)・松田 陽子(まつだ ようこ)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得