プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2018年 > 5月11日発表

調査結果

2018/05/11

  住宅用・低圧用 太陽光発電と蓄電システムの販売動向 調査結果

住宅用・低圧用 太陽光発電、蓄電システム関連の34の主要企業・団体を調査
• 住宅用
 → 太陽光発電:2017 年度は既築で減少。2018 年度はビルダー、工務店による
   新築住宅搭載が増加すると予測。
 → 蓄電システム:2017・18 年度ともに既築向け中心に成長。2018 年度は
   2019 年以降のFIT買取期間が終了するユーザーへの自家消費提案が本格化
   すると予測。
• 低圧用
 → 太陽光発電:買い取り価格低下に伴い市場は減少傾向。
 → 蓄電システム:FIT買取価格16円/kW程度から自家消費トレンド本格化
   すると予測。

市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、住宅用・低圧用の太陽光発電システムと蓄電システムに関する流通と販売チャネルに関する調査を行い、このほどその調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。

近年、太陽光発電の買取価格低下、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及に向けた動き、VPP実証事業の進展、2020年以降の需給調整市場の創設など、太陽光発電、蓄電システム市場を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。

2019年以降は住宅用(10kW未満)の固定価格買取期間である10年を満了するユーザーが出て来ることから、蓄電システムを利用した太陽光発電の自家消費が急速に進むことが予想されます。

産業用においても、投資目的の太陽光発電所建設が進む中、少しずつ自家消費のニーズが高まりを見せています。

本調査は、住宅用太陽光発電、蓄電システムと、低圧領域(産業用)の太陽光発電を調査対象とし、外部環境が変革する中での太陽光発電、蓄電システムの市場動向、主要企業の動向、流通、販売チャネルの現状とトレンドを明らかにしました。

本調査結果の詳細は、市場調査レポート「2018 年版 住宅、低圧用エネルギーソリューションの流通と販売チャネル動向調査」として販売しています。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/10006.html

調査結果のポイントと調査概要は以下の通りです。

調査結果のポイント

調査対象の34社・団体

本調査では、住宅用・低圧用 太陽光発電、蓄電システム関連の34の主要企業・団体を調査しました。詳細は「調査概要」の項をご参照ください

住宅用の販売動向

<太陽光発電>
2017 年度は既築で減少。2018 年度はビルダー、工務店による新築住宅搭載が増加すると予測。

住宅用太陽光発電 販売動向

2017年度は21万2千件。買取価格低下、みなし認定の遅延が影響し、特に既築で減少。
2018年度は21万5千件に回復。ビルダー、工務店による新築住宅搭載が増加する。既築は微減傾向。
新築既築比率は新築が増加傾向。2017年度に新築割合が5割超となった。

<蓄電システム>
2017・18 年度ともに既築向け中心に成長。2018 年度は2019 年以降のFIT買取期間が終了するユーザーへの自家消費提案が本格化すると予測。

2017年度は既築住宅向け中心に販売が進み約4万5千台。2018 年度も引続き既築向け中心に販売が進み、7万7千台に成長。2019 年以降のFIT(固定価格買取制度)買取期間が終了するユーザーへの、蓄電システムを利用した自家消費提案が本格化する。
その他用途(業務用、集合住宅など)でも参入メーカーが増加しており2018年度は1万台程度販売されると予測した。

住宅用蓄電システム 販売動向

低圧用の販売動向

太陽光発電は、買い取り価格低下に伴い市場は減少傾向。
蓄電システムは、FIT買取価格16円/kW程度から自家消費トレンド本格化すると予測。

低圧用太陽光発電 販売動向

買取価格低下に伴い市場は減少傾向。2017 年度1,420MW、2018 年度は1,200MW と予測。価格優位性の高い海外メーカー製モジュールの採用が中心。
2016 年度から2017 年度にかけてモジュールの価格は3〜5 割程度下落した。FIT 買取価格が下がっているものの、設備費も下がっているため、太陽光発電所運営の利回りは10〜12%程度を維持。そのため、低圧発電所への投資は、規模は減少するものの引続き続くと予測した。

調査概要

調査対象
以下の34社。「_」の22社にはヒアリングを実施。
<メーカー>
  アンフィニ伊藤忠商事ウエストビギンエクソルエリーパワーオムロン
  カナディアン・ソーラー・ジャパン京セラシャープジンコソーラージャパン
  新電元工業/ソーラーフロンティア/東芝/長州産業/ニチコン/
  ネクストエナジー・アンド・リソースパナソニック/ハンファQセルズジャパン/
  三菱電機/Looop
<卸・販売店>
  ゴウダ/ジューテック/鈴与マタイ/すてきナイスグループ/ソーラーパートナーズ
  高島/長府工産/DMM.com日本エコシステムFresh Up丸紅/山善
<ハウスメーカー、新築住宅関連>
  積水化学工業ZEH推進協議会
調査方法
● 計22 の主要プレイヤー・団体へのヒアリング
● 業界有識者へのヒアリング
● 公開情報、弊社所有情報、その他入手可能な情報の収集整理
調査項目
<市場動向>
  • 市場規模(2016年度実績、2017年度見込、2018年度予測)
  • メーカーシェア(2016年度実績、2017年度見込)
  • 価格動向
<流通、販売チャネル>
  • 流通概略図
  • 新築住宅建設会社ごとの取扱動向
    (ハウスメーカー/パワービルダー/ビルダー・工務店)
  • ZEH普及に向けたビルダー・工務店向け販売促進の取組
  • 2019年問題に向けた蓄電システム販売促進の取組
  • 低圧向けパッケージ商品、土地付き太陽光発電の動向
  • 新しい動き
    - 新しい販売スキーム(第三者保有モデル、VPPなど)
    - スマートな蓄電システムの開発
    - 撤退販売店の顧客へのアフターフォロー
    - 低圧用自家消費に向けた動向
    - 低圧O&Mサービスの動向
調査期間
2017 年4 月〜2018 年3 月

調査結果を掲載したレポートの概要

レポート名
2018 年版 住宅、低圧用エネルギーソリューションの流通と販売チャネル動向調査
発 刊 日
2018 年4 月17 日
体 裁
A4 /202 ページ
販売価格
書籍版        194,400 円(税込)
書籍+PDF セット版 226,800 円(税込)
発 行
シード・プランニング
掲載内容
※詳細はHP: http://store.seedplanning.co.jp/item/10006.html をご参照ください。
はじめに
調査概要
本書での業種定義
本書での蓄電システム機能分類
本書での市場定義
機チ躋
  1.住宅用エネルギーソリューション
  2.低圧用エネルギーソリューション(太陽光発電)
供ソ斬靈僖┘優襯ーソリューション
  1.太陽光発電市場動向
  2.蓄電システム市場動向
  3.メーカー、卸、販売店の流通、販売チャネル
  4.新築住宅向け流通、販売チャネル
  5.既築住宅向け流通、販売チャネル
  6.新しい動き
掘ツ祕詰僖┘優襯ーソリューション
  1.太陽光発電市場動向
  2.メーカー、卸、販売店、施工会社などの取組動向
  3.低圧向け太陽光発電 流通、販売チャネル
  4.新しい動き
検ジ追
  1.メーカー(20 社掲載)
  2.卸、販売店、施工会社など(12 社掲載)
  3.住宅メーカー、関連団体(1 社1団体掲載)
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得