プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2014年 > 10月24日発表

ウェアラブル端末、スマホ/タブレットユーザー1,000人調査結果

2014/10/24

ウェアラブル端末認知状況は、
→ 「知っている」…37%、「言葉は聞いたことがある」…22%、
  「全く知らない」…41%。
ウェアラブル端末の購入率と購入意向は、
→ 「購入した」…3.6%
  「購入して使ってみたい」トップは腕時計型
ウェアラブル端末で利用したい機能は、
  ̄親偉未梁定
 GPS、道案内機能

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、ウェアラブル端末について、スマートフォン/タブレットユーザー男女各500人計1,000人を対象に調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。

近年、スマートフォンの本格普及は、ウェアラブル端末の実用化・普及の大きい土台となり、新しい概念のウェアラブル端末市場が立ち上りました。
2013年以降、スマートフォン市場の成長が鈍化し始め、次に期待される成長分野としてウェアラブル端末市場が高い注目を集めています。 現状、国内市場に販売されている製品の種類は少なく、ウェアラブル製品に対する消費者の認知度、期待度はまだ高いものではないと見られます。

本調査では、ウェアラブル端末に対する消費者のニーズ、購入実態を徹底分析し、今後注目すべき市場分野を展望しました。

なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2014年版 ウェアラブル市場の普及と展望 【第1巻】 スマートフォンユーザー1000名 ウェアラブルアンケート調査編」 [価格:書籍版またはPDF版75,600円(税込)、書籍+PDFセット版86,400円(税込)、2014年10月20日発刊 ] として販売しております。
また、ウェアラブル端末の2020年までの市場規模予測、 参入事業者動向、製品トレンド分析、消費者動向分析、市場の課題と今後の注目ウェアラブルなどは11月発刊予定の 「【第2巻】ウェアラブル市場動向編 〜2020年までの市場規模予測〜」 [書籍版:86,400円(税込)、書籍+PDFセット版:108,000円(税込)] に掲載する予定です。

調査結果のポイントは以下の通りです。

調査結果のポイント

ウェアラブル端末認知状況は、
→ 「知っている」…37%、「言葉は聞いたことがある」…22%、
  「全く知らない」…41%。
ウェアラブル端末の購入率と購入意向は、
→ 「購入した」…3.6%、「購入して使ってみたい」 トップは腕時計型
ウェアラブル端末で利用したい機能は、
  ̄親偉未梁定、 GPS、道案内機能

本調査は、現在、スマートフォンまたはタブレット端末を保有し、使用しているユーザー1,000名(全国の15歳以上の男女各500名。男女別に10代・20代・30代・40代・50代以上各100名)を対象にインターネットを用いて行った。
なお、ウェアラブル端末の2020年までの市場規模予測、 参入事業者動向、製品トレンド分析、消費者動向分析、市場の課題と今後の注目ウェアラブルなどは11月発刊予定の「【第2巻】ウェアラブル市場動向編 〜2020年までの市場規模予測〜」に掲載する予定。

■ ウェアラブル端末認知状況は、「知っている」…37%、「言葉は聞いたことがある」…22%、「全く知らない」…41%。

ウエラブル端末の認知度
  • スマートフォン/タブレットユーザーでもウェアラブル端末の認知度(「主な機能といくつかの製品名を知っている」…12.1%)と 「どのようなものかを知っている」…25%を合算)は37%程度で、41%が全く知らないと回答。
  • 男性の方がウェアラブル端末の認知度が高い。
  • 性年齢別の集計結果は、調査研究レポート「2014年版 ウェアラブル市場の普及と展望 【第1巻】 スマートフォンユーザー1000名 ウェアラブルアンケート調査編」に掲載。

■ ウェアラブル端末の購入率は3.6%、「購入して使ってみたい」 トップは腕時計型

ウェアラブル端末所有率と購入意向
  • スマートフォン/タブレットユーザー1,000名のうち、ウェアラブル端末を購入者は36人。
  • 購入者の製品形状は「腕時計型」が2.0%、「ブレスレット型」が1.7%、「メガネ型」が0.4%、「その他の形状」が1.1%であった。
  • 購入意向については、「腕時計型」が25.3%で最も高く、次いで「ブレスレット型」、「メガネ型」、「その他の形状」の順となった。

■ ウェアラブル端末で利用したい機能は、 ̄親偉未梁定、GPS、道案内機能

ウェアラブルで利用したい機能トップ5
本調査の調査項目

本調査の調査項目は以下の通り。
調査結果の詳細は、調査研究レポート「 2014年版 ウェアラブル市場の普及と展望 【第1巻】 スマートフォンユーザー1000名 ウェアラブルアンケート調査編 」に掲載している。

1.スマートフォン/タブレットの利用状況
  (1)所持する端末の種類
  (2)スマートフォン/タブレットのOS
  (3)スマートフォンの通信キャリア
  (4)スマートフォン/タブレット端末の不満点
  (5)スマートフォン/タブレットの周辺機器やデジタル機器を購入する場所
2.ウェアラブル端末について
  (1)ウェアラブル端末の認知度
  (2)ウェアラブル端末の認知経路
  (3)ウェアラブル製品を見て思った印象
  (4)ウェアラブル端末の購入意向
  (5)ウェアラブル端末で利用したい機能
  (6)ウェアラブル製品を購入する条件
  (7)ウェアラブル製品の希望価格
3.ウェアラブル端末の購入者の利用実態
  (1)購入製品名
  (2)購入場所
  (3)その場所でウェアラブル製品を購入した理由
  (4)製品別の購入場所
  (5)ウェアラブル製品を購入した理由/使用目的
  (6)ウェアラブル製品の満足度
  (7)ウェアラブル製品の不満点
  (8)ウェアラブル製品の使用頻度
  (9)ウェアラブル製品の専用アクセサリー(着せ替えバンドなど)の購入
  (10)ウェアラブル端末購入者の属性
4.「Apple Watch」アップルウォッチについて
  (1)「Apple Watch」の認知度
  (2)「Apple Watch」への期待度
  (3)「Apple Watch」についての印象、意見(自由回答)
5.ユーザーの生活習慣とウェアラブル端末との関連性
  (1)腕時計型(ウォッチ型)製品の購入意向とユーザーの生活習慣
  (2)ブレスレット型製品の購入意向とユーザーの生活習慣
  (3)メガネ型製品の購入意向とユーザーの生活習慣

調査概要

調査対象
スマートフォン/タブレット端末を保有し、使用しているユーザー。全国男女各500名
計1,000名。
  年令 男性 女性
10代(15歳〜19歳) 100 100
20代(20歳〜29歳) 100 100
30代(30歳〜39歳) 100 100
40代(40歳〜49歳) 100 100
50代以上(50歳以上) 100 100
調査方法
インターネット調査
調査期間
2014 年9月
調査内容
※詳細は本調査の調査項目の項参照
1.スマートフォン/タブレットの利用状況
2.ウェアラブル端末について
3.ウェアラブル端末の購入者の利用実態
4.「Apple Watch」アップルウォッチについて
5.ユーザーの生活習慣とウェアラブル端末との関連性
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 金(きむ)

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得