プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2008年 > 10月28日発表

シード・プランニング、2013年の携帯電話法人市場を展望

2008/10/28

法人ソリューション市場は、2013年度で最大約8倍の1兆2,761億円に成長
法人携帯電話端末の年間販売台数は、2008年度490万台見込み、2013年度は最大1,168万台(純増+3年買替サイクル)へ

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、注目を集める携帯電話の法人市場について調査を行い、その調査結果を踏まえて、2013年までの法人市場の予測を行いました。

携帯電話・PHSの加入数は、1億加入を超え人口普及率も80%台となり、新規加入は、法人市場、子供や年配者など未所有者、及び2台目需要というところが焦点になってきています。
法人市場については、2007年度、161万加入増加、2008年度上半期(9月まで)に88万加入増加で、2008年9月末現在、約1,338万加入となっており、今5年間で法人加入数の約2倍化が想定されるなど、成長市場となってきています。

なお、シード・プランニングでは、通信、携帯電話、インターネット、映像、ECサービスなどの市場動向について継続的に調査を行っており、今回の調査結果の詳細は、2009年版 携帯電話の法人市場展望として販売しております。

調査結果のポイントは以下の通りです。

中堅・中小法人市場の増加動向は、30〜300人規模法人では、約1,262万加入(台)増加の可能性が存在する。また中小・零細法人もターゲット化が進んでいる。

法人市場の伸長は、音声定額やデータ定額によるコスト低下、法人端末の豊富化、法人ソリューションの利用、及び法人営業体制が強化される等により実現している。

端末台数は、2007年度末約1,250万加入から、2013年度で最大2,846万加入へ。

法人向け料金、セキュリティ、メールソリューション、内線、位置、および独自ソリューション(業界別に152に分類)について分析した結果、法人向け法人ソリューション市場は、2007年度の1,640億円から、2013年度には1兆2,761億円へと約8倍の増加が見込まれている。

2013年度にはデータ端末は約3倍の315万台、モジュール端末は166万台(共に単年度)へ。

法人市場向け年間販売台数を「純増数+取替え数(取替えサイクル約3年と仮定)」すると、2008年度は約490万台、2013年は最大で1,168万台となる。

【図1】法人ソリューション市場(2007〜2013年度)

<調査概要>

調査方法
  • 関連企業への取材、及び情報収集
  • 中堅・中小法人300人アンケート調査
  • 弊社蓄積情報等による分析(シリーズ5回目)
調査期間
2008年8月1日 〜 10月20日
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 杉本(すぎもと)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得