プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2008年 > 8月29日発表

株式会社シード・プランニングが2008年9月18日『排出権取引 最新ビジネス事例研究』セミナーを開催

2008/08/29

株式会社シード・プランニングが2008年9月18日14時より『排出権取引 最新ビジネス事例研究』セミナーを開催
「Co2排出権に関する世界的な動向」や「企業ブランディングのためのカーボンオフセット導入最新事例」などをテーマに、3人の専門家による講演を行う予定

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東、梅田佳夫社長)は、2008年9月18日(木)14時より『排出権取引 最新ビジネス事例研究』をテーマにしたセミナーシード・プランニング本社(東京都文京区湯島3-19-11 台和上野ビル)にて開催します

京都議定書の第一約束期間がスタートし、ポスト京都議定書の動向が検討され始めている本年、企業においても、Co2削減に関するさまざまな取り組みが本格化しており、「カーボンオフセット」「排出権取引」などへの関心が高まっています。

株式会社シード・プランニングは2003年に『ESCO事業参入企業の最新ビジネス動向』の調査レポートを発刊し、環境対策に取り組むビジネスの発展を支援してまいりましたが、このたび新たに『日本の排出権取引にむけての企業動向と先進マーケティング事例調査』(仮)レポートを発刊することとなりました。

これに先駆け、環境経済、環境コンサルティングの専門家をお招きし、『排出権取引 最新ビジネス事例研究』セミナーを開催致します。 排出権取引は、先進的な省エネ技術を持つ日本企業にとって大きなビジネスチャンスであると同時に、自社の削減対策に乗り遅れると将来の思わぬリスクにつながりかねないという可能性を秘めています。

『排出権取引 最新ビジネス事例研究』セミナーは、企業の経営企画・マーケティングのご担当者様、排出権ビジネスに携わる方々に自社の戦略の参考となる情報をお届け致します。

<内容>

【開催日時】
2008年9月18日(木) 14:00〜19:00(懇親会17:10〜)
【開催場所】
株式会社シード・プランニング 本社
東京都文京区湯島3-19-11 台和上野ビル 4F セミナールーム
【内容】
講演1/世界の排出量取引の動向

アメリカにおける排出量取引の動向。大統領選挙後の動き、カリフォルニア州における取り組みなど
EU域内排出量取引制度の仕組みと現状、ニュージーランド、オーストラリア、カナダの排出量取引に関する動き

講師:国立環境研究所 社会環境システム研究領域 環境経済政策研究室長 日引聡氏
講演2/国内規制の行方と排出量取引を活用した企業戦略

日本では今後、排出権取引制度がどのようになっていくのか?
企業経営における排出量取引の活用とは?
京都クレジットによって排出量ゼロを実現したコープネット新店舗事例など

講師:株式会社NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティング本部 シニアマネージャー 大塚俊和氏
講演3/企業ブランディングのためのカーボンオフセット活用

Yahoo!、ナチュラルローソン、アウディ・ジャパン、近畿日本ツーリストなどの事例紹介
カーボンオフセットを活用することによるマーケティング効果、パブリシティ効果とは?
カーボンオフセットを効果的に導入するための留意点とカーボンオフセットの導入方法

講師:株式会社リサイクルワン 取締役 辻本大輔氏
懇親会
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 山下(やました)

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得