プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2007年 > 04月23日発表

保険の販売チャネルに関するニーズ探索調査を実施

2007/04/23

人的販売チャネルの割合が相対的に低下、インターネットなどが伸びる
保険への不満も調査:説明のわかりにくさ、保険料、不信感が上位

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東 梅田佳夫社長)は、生活者へのインターネットアンケートで、保険の認知や契約ルート等の調査を実施し、調査研究レポート「保険の販売チャネルに関するニーズ探索調査」(2007年3月発刊)にまとめた。

株式会社シード・プランニングでは、インターネットで保険の商品情報を収集した保険契約者を対象に、保険の認知から契約までの一連の生活者行動についてアンケートを実施し、保険の販売チャネルに関しての調査・分析を行なった。

本調査の結果のポイントは以下の通りである。

最も決め手となった情報の入手ルート(保険加入時期別推移)

以下のグラフは、「保険加入にあたって、最も決め手となった情報はどこから入手したものか」という設問から得た回答を、保険の加入時期別でまとめたものである。

生命保険会社のセールスレディーに代表される人的販売ルートが、他のカテゴリーと比較して高い割合を示している。但し、「2001年より前」では半数近くを占めていたが、「2005年〜2007年」には3分の1程度まで低下している。その一方で割合を高めてきているのが、インターネットである。インターネットは「2001年より前」には5.8%だったが、「2005年〜2007年」には13.5%とその比重の増加が目立っている。

【図1】 最も決め手となった情報の入手ルート

保険会社のホームページの閲覧の有無(保険加入時期別推移)

以下のグラフは、保険会社のホームページの閲覧の有無を、保険加入時期別にまとめたものである。「2001年より前」は41.4ポイントだった両カテゴリーの差が、「2005年〜2007年」には59.6ポイントまで広がっており、保険会社のホームページを見たことがある生活者が増えているのが分かる。

【図2】 保険会社のホームページ閲覧の有無

ホームページを見たことのある保険会社と実際に契約した保険会社

保険販売においてインターネットの比重が高まるなか、保険会社のホームページを見る生活者が増えている。アンケート回答者がホームページを見たことのある保険会社で最も回答数が多かったのは、外資系生保のアメリカンファミリー生命であった。次も外資系生保のアリコジャパンであった。国内生保では、日本生命、第一生命が続いた。また、損保においても首位は外資系のアメリカンホームとなっており、国内損保では、ソニー損保、三井ダイレクト損保が続いている。

一方アンケート回答者が実際に契約した保険会社を回答数の多かった順に見ると最も回答数が多かったのはアメリカンファミリー生命であった。国内生保では、日本生命、第一生命、国内損保では、三井ダイレクト損保、ソニー損保が続いた。「ホームページを見たことのある保険会社」と比べて、相対的に、全労済は数字を伸ばしているが、アリコジャパンとアメリカンホームが数字を落としている。

保険金不払いに対する不安感や保険会社への不信感について

本調査では、保険に関しての意見や感想についての設問を設けた。今回の調査では、「分かりにくい、説明してほしい、比較しにくい」が19.5%、「保険金不払いに対する不安感や保険会社への不信感」が9.7%となっており、保険金不払い問題に関する意見・感想が特徴的だった。「実際に保険金が支払われた人からの評価の開示」や「保険金の請求事由を定期的に連絡するサービス」などの顧客の不安を取り払うような取り組みをすることにより信頼感が増すだろう、といった内容の回答があった。

【図3】 保険に関しての意見や感想

<調査概要>

調査方法
インターネットによるアンケート調査
調査対象
インターネットで保険の商品情報を収集した保険契約者(359名)
調査項目
加入保険の種類(生命保険、損害保険、第三分野)、保険の加入時期、保険加入のきっかけ・勧誘者の存在、加入保険の認知ルート・契約手続きルート、保険加入にあたっての生活者の比較検討行動、コンサルテーションニーズと期待する内容、加入保険の見直し行動、保険料自由化時の生活者の行動予測、保険契約にあたっての生活者のインターネット利用意向、保険会社のホームページの利用度合い
調査期間
2007年1月〜3月
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 山本、吉田

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得